伊達秀和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伊達 秀和(だて ひでかず、1928年 - 2010年3月19日)はダイワ精機株式会社前代表取締役会長である。また多くの競走馬を所有した人物としても知られる。

来歴・人物[編集]

1951年、23歳で大阪に淀川精機株式会社を設立。その頃に馬主としてもデビュー。中央競馬での勝負服は紫、赤山形二本輪、袖赤縦縞[1]

秀和が馬主になった当時は内国産の良血馬は大馬主が独占しており、若き新人馬主には縁遠い存在だった。そこで競馬に精通していた父からのアドバイスもあって独学で血統を学び、「日本では将来、スピード血脈の馬が主流になる」という結論を得た。そこで海外から「ソーダストリーム」という牝馬を繁殖用に購入した。この馬がアローエクスプレスの母であり、ファンタストの祖母でもある。また種牡馬のスパニッシュイクスプレス(アローエクスプレスの父)やイエローゴッドの輸入にも大きく関わっている。

また、毎年多数の競走馬を所有しながら他の多くの馬主と違い「冠名」を付けずに一頭一頭の競走馬に様々な国の言葉や地名・人名を用いた個性ある馬名を付け続けている[2]。このため下記の所有馬の名称に冠名は無いが別々の馬主の所有馬ではなく、すべて秀和の所有していた馬である。

1978年北海道日高町サンシャイン牧場を設立してからはオーナーブリーダーとしても活躍。また競走馬育成施設「ファンタストクラブ」の創設にも関わった。

2010年3月19日に病気の為に逝去[3][4]。81歳没。秀和の死去の報にアローエクスプレスやファンタストに騎乗した柴田政人調教師は「私の競馬人生で大きな影響を受けた方で、大恩人でした」と哀悼のコメントを寄せている[3]

おもな所有馬[編集]

中央競馬GI(級)馬[編集]

その他の主な重賞勝ち馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 長らく紫、赤山形二本輪、赤袖の勝負服を用いていたが息子であり後継者の伊達敏明と勝負服の柄を交換した。
  2. ^ アローエクスプレスの産駒には「アロー」の名が付いた馬がしばしば見られた。
  3. ^ a b 東京スポーツ 2010年3月31日発行 20面参照
  4. ^ プリモディーネ馬主の伊達秀和さん死去 サンケイスポーツ 2010年4月1日閲覧

外部リンク[編集]