柴田政人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴田政人
Masato-Shibata20110604.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県上北郡上北町
(現・東北町
生年月日 (1948-08-19) 1948年8月19日(69歳)
身長 155cm
体重 51kg
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会(JRA)
所属厩舎 高松三太(1965年-1979年)
境勝太郎(1979年)
高松邦男(1979年-引退)
初免許年 1967年3月1日
免許区分 平地
騎手引退日 1995年2月28日
1994年4月24日最終騎乗)
重賞勝利 89勝
G1級勝利 15勝
通算勝利 11728戦1767勝
調教師情報
初免許年 1995年(1996年開業)
経歴
所属 美浦トレーニングセンター
テンプレートを表示

柴田 政人(しばた まさと、1948年8月19日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の元騎手、現在は同会の調教師。騎手時代は1970年代から1990年代にかけて関東所属騎手の第一線の位置にあり、数々の大レースを制した。騎手通算成績は11728戦1767勝、重賞89勝。1988年度JRA賞最多勝利騎手。1993-1995年の間、日本騎手クラブ会長。

栗東所属の元調教師・柴田政見は実兄、元騎手の柴田利秋は実弟。叔父に元調教師の柴田不二男、甥に騎手の柴田善臣(一般人である長兄の実子)[注 1]プロ野球埼玉西武ライオンズに所属した柴田博之も甥(利秋の実子)に当たる。

経歴[編集]

少年期[編集]

1948年8月19日、青森県上北郡上北町に米作兼馬産農家の三男として生まれる。家業の関係から幼少期より馬に親しみ、また実家が近所であった関係から佐々木竹見[注 2]と交友があったという[1]

騎手として桜花賞などを制していた叔父・不二男や、不二男の元で騎手となった次兄・政見に続く形で、自身も自然と騎手を志したが、騎手養成課程の受験を前に、落馬事故を恐れた両親からの激しい反対を受ける。これに対して政人は「政見は許したのに、なぜ自分はだめなのか」と抵抗、最終的に両親が折れ、半ば放逐される形で東京都馬事公苑の騎手養成長期課程に入った[2][注 3]

当年騎手課程に入った第15期生には、後に9年連続のリーディングジョッキーとなり「天才」と称される福永洋一、中央競馬通算最多勝記録を樹立する岡部幸雄東京優駿(日本ダービー)天皇賞(秋)を制する伊藤正徳らがおり、後に柴田も含め「馬事公苑花の15期生」と称された。当世代の教官を務めた木村義衛によれば、福永、岡部は先天的に騎手向きの「達者型」、柴田は努力で上達する「上手型」であったという[3]

騎手時代[編集]

1960-1970年代[編集]

3年の修習期間を経て、中山競馬場・白井分場に厩舎を構える高松三太の門下生となる。高松も開業2年目という新進調教師だった。卒業年次は騎手免許試験に落第し、1年の浪人を経た1967年に免許を取得。同年3月に騎手デビューを果たし、5月に初勝利を挙げた。

初年度は騎乗数も少なく8勝に終わったが、2年目には23勝を挙げた。4年目に入った1969年1月、厩舎期待馬のアローエクスプレス京成杯に勝利し、重賞初勝利を挙げる。同馬は当年のクラシック戦線における関東の最有力馬と目されていたが、若い柴田の騎乗に不安を抱いた馬主伊達秀和の意向で、クラシック初戦の皐月賞を前に加賀武見へ乗り替わりとなった[4]。これは騎乗馬確保もままならない若手騎手の苦難を示す例として、また柴田の飛躍の原動力となったエピソードとして後年まで語られている(アローエクスプレス#柴田政人とアローエクスプレスも参照)。

1971年には35勝を挙げ、全国ランキングで初のベスト10入りを果たす。しかしこの成績に慢心し[5]、翌年は18勝に終わった。これを受けた翌1973年、高松より「馬を集めてやるから、1ヶ月だけでも関東リーディングを獲ってみろ」と諭され奮起[6]、これに応えて61勝を挙げ、初の関東リーディングジョッキーとなった。当年高松も48勝を挙げ、関東のリーディングトレーナーとなる。この頃より高松厩舎に有力馬を預ける馬主が増加し、これに伴い厩舎の主戦である柴田の成績も上位で安定していった[7]。以後もしばらく八大競走には恵まれなかったが、デビュー12年目の1978年、厩舎所属馬のファンタストで皐月賞に優勝し、八大競走初制覇を果たす。同馬はアローエクスプレスと同じく伊達秀和の所有馬であり、アローの甥に当たった。

しかし同年8月、高松が肝臓癌に冒されていることが判明し、翌1979年1月に死去。これに伴い高松の親友であった境勝太郎厩舎に一時移籍し、3月に三太の実子・高松邦男の厩舎開業と共に再移籍した。三太と柴田の強固な結び付きは競馬界で広く知られており、柴田は「自分の親が死んだとしても、これほどの虚脱感にとらわれるかどうか」と嘆いた[8]。また、同年3月には同期生の親友・福永洋一が競走中に落馬し、騎手生命を絶たれる事態にも遭遇している。

1980年代[編集]

1980年、天皇賞(秋)で牝馬プリテイキャストに騎乗して史上に残る大逃げを打ち、11頭立て8番人気での優勝という波乱を起こした。1983年にはキョウエイプロミスで天皇賞(秋)2勝目を挙げる。同馬とは続く国際招待競走・ジャパンカップでもスタネーラの2着に入線し、同競走での日本馬初連対を果たした。しかしその6日後の12月3日、中山競馬第4競走での騎乗中に内埒に衝突し、右足小指、薬指を切断、小指断裂という重傷を負う。8時間の手術の末に小指は再度縫合されたが、薬指は失われた[9]。3ヶ月の休養後に復帰。騎座に重要な足指の怪我で影響も懸念されたが、前年を上回る76勝を挙げて健在を示した。

1985年にはミホシンザンに騎乗して皐月賞と菊花賞を制覇。当年101勝を挙げ、自身初の年間100勝を達成。翌1986年4月6日には、史上8人目の通算1000勝も達成した。翌年にはミホシンザンで天皇賞(春)にも優勝。同馬の引退に際しては「これからはミホシンザンの柴田と呼んで下さい」と語った。また同年、自身初の国外騎乗(オーストラリア)を行い、勝利を挙げている。

1988年には第8回ジャパンカップシェイディハイツに騎乗し、同レースでは初めて日本国外調教馬に日本の騎手が騎乗する記録を作った。また同年には年間132勝を挙げ、15期生として福永洋一、岡部幸雄に次ぐ全国リーディングジョッキーとなった。以後、関東では柴田と岡部、当時の通算最多勝騎手・増沢末夫が毎年リーディングを争い、1990年代にかけて「ジョッキーを目指してくる人は、目標は岡部君か柴田君というケースが圧倒的[10]」(小島太)という時代が訪れた。

1990年代 - 引退[編集]

イナリワンに騎乗する柴田
(1990年4月29日・天皇賞)

1989年から夏場にイギリスフランスでスポット騎乗を行い、1990年にはアサティスキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに騎乗、3着という成績を残した。その後アメリカでも騎乗し、この頃より若手騎手に対して積極的に欧米に出て厳しいレースを実体験し、その技術を採り入れるよう進言を始めた[11]

翌1991年6月9日と7月7日には、それぞれ通算1万回騎乗(史上4人目)と1500勝(同3人目)を達成。1993年3月には日本騎手クラブ会長を務めていた郷原洋行の引退に伴い、その後任を務める。ラフプレーに伴う落馬事故による騎手の落命・引退に数々接してきた経験から、会長として特にレースにおける安全確保と、騎手のフェアプレー徹底の意識浸透に力を注いだ[12]。また柴田自身の要請により副会長は岡部が務め、後に会長職も引き継がれた。

騎手会長就任から2カ月余りを経た5月30日、柴田はウイニングチケットに騎乗して長年の目標としていた東京優駿を制覇。デビュー24年目・通算19回目の騎乗でダービー優勝を果たした。ウイニングランの最中には約17万人の観客から「政人」コールでの祝福を受け、競走後のインタビューにおいては、「この勝利を誰に伝えたいか」との質問に対し「世界中のホースマンに、第60回日本ダービーを勝った柴田政人ですと伝えたい」との言葉を残した[注 4][13]。当年、1988年以来の三桁勝利となる113勝、さらに年間616回の騎乗で戒告・減点なしという成績を残し、野平祐二以来36年ぶりの特別模範騎手賞と、ユネスコ日本フェアプレー賞実行賞を受賞した。

翌1994年は前年からの好調を維持し、年頭からランキングのトップを占め続けた。しかし4月24日、東京競馬第6競走において騎乗馬コクサイファーストが骨折・転倒し、柴田も頭から馬場に叩き付けられた[14]。この事故で頸髄不全損傷ならびに左腕神経叢損傷という重傷を負い、休養を余儀なくされる。リハビリの後、8月11日には調教に騎乗する程度まで回復を見せたが、レースにおいて以前通りの騎乗ができないとの理由で、同年9月6日に引退を表明[15]。翌1995年2月16日に調教師試験に合格し、同年2月26日を以て騎手を引退。中山競馬場にて引退式が行われた。

調教師時代[編集]

1996年3月3日、調教師として管理馬初出走を迎え、同月9日にオンワードモンローで初勝利を挙げた。過去15勝を三度記録しているが、重賞での勝利はまだ挙げていない。厩舎所属騎手に石橋脩がいる。

騎手としての特徴[編集]

騎乗の特長[編集]

騎手時代「剛腕」と呼ばれた郷原洋行は、若手時代の柴田を見た際に「腰の強い乗り役がいる」と感じたといい[16]、特に強健な下半身を使って馬を追う技術は高く評価された。騎手顕彰者野平祐二は、郷原引退後の「追える騎手」の筆頭として柴田の名を挙げており[17]、また養成所で一期上の小島太は「追わせたらヨーロッパの一流ジョッキーにも負けない物を持っていると思う。馬の支点を置いて、腰を使って追う技術は大したものだ。道中も常にうまいし、勝負所で馬群を縫っていくテクニックには独特のものがある。人間的にも素晴らしいものを持っているし、欠点がないという感じだ」と高い評価を送っている[18]。レース運びの面でも、特に3000m以上の長距離競走におけるペース勘とスパートのタイミングの妙は「天才」と称された福永洋一以上とも評され、「長距離の魔術師」と呼ばれた[19]。重賞89勝のうち14勝を長距離競走で挙げている[注 5]。長距離競走に強い理由について、柴田自身は「駆け引きができるからね。短距離だとヨーイ、ドンで行ったきりだもんね。長短どちらの距離でも冷静さは必要だけれど、特に長距離はペース、展開、相手の騎手や馬との駆け引き、馬をだましだましどう乗るか、など考える要素がある」と語っている[20]

騎乗馬の選択について[編集]

柴田は騎手時代を通じて「厩舎社会の義理」を非常に重視したことで知られ、複数の騎乗馬の選択に際しては、馬の能力よりも過去の恩義や人間関係を優先し、また他騎手の騎乗馬を奪う形での乗り替わりを嫌った。ビジネスライクに徹して騎乗馬を選択していれば通算勝利数は大幅に増えていたとも考えられ、このことは以下の様な人物評にも現れている。

  • 競馬評論家の井崎脩五郎は、柴田の通算1700勝達成の記念パーティーで挨拶に立った際に、「柴田さん、もしあなたが人の悪い騎手だったら、今日は2500勝達成を祝っていたことでしょう」と好意的な洒落を込めて述べている[21]
  • 先輩騎手である野平祐二は、柴田を「過去に世話になった義理とかを守ってばかりいる。そして走らない馬、ダメな馬にばかり跨っている」「妙な男」と評した[22]
  • 所属厩舎の調教師であり、柴田と親友でもあった高松邦男は、「自分が割を食ってもズッコケても、他人を押しのけてまで乗り替わろうとしない。見事すぎるほど、意地っ張りで頑固な男です」と語っている[23]

しかしこの様な一面は関係者からは特に評価され、現役時代はすでにNo.1ジョッキーの呼び声のあった岡部幸雄と関東の双璧として称えられていた。

エピソード[編集]

柴田政人と日本ダービー[編集]

柴田は馬事公苑の研修生時代、同期生と共にシンザンが優勝したダービーを現地観戦して以来、その華やかさに強く惹かれ、ダービーに騎乗することを目標のひとつとした[24]。その後、デビュー3年目の1969年にダンデイボーイでダービーに初騎乗(23着)。しかし以後はアローエクスプレスの乗り替わり、皐月賞を制したミホシンザンの骨折休養などがあり、ほとんどの機会で有力馬に騎乗することができず、1993年まで18回の騎乗で 1988年コクサイトリプル、1991年イイデセゾンの3着が最高という成績であった。同年の頃より柴田は「ダービーを勝ちたい」と公言するようになり[13]、柴田のダービー優勝はファンの関心事ともなっていった。

そして1993年のダービーにおいて、柴田はウイニングチケットに騎乗して初めてダービー1番人気の支持を受ける。ウイニングチケットは前走の皐月賞で繰り上がりの4着(5位入線)という成績に終わっており、1番人気の内容には「柴田に勝って欲しい」というファンからの応援の意味で投じられた馬券が相当含まれていたともされる[13]。レースではこれに応えて優勝。通算19回目の騎乗でダービージョッキーの仲間入りとなった。直線では早めにスパートしたことと、ビワハヤヒデナリタタイシンが後方から迫っていたことで「我慢してくれ、頑張れ」と叫び続けたという[25]。ウイニングチケットはダービー以降総じて不振に終わったことから、「柴田政人にダービーを獲らせるために生まれてきた」とも言われた[26]

ダービーを勝ったら引退[編集]

1988年の日本ダービーの際、柴田は競走前日に渋谷で行われたダービーフェスティバルに出席した。この席上で意気込みを尋ねられた際、「コクサイトリプルでダービーを勝てたら、もう騎手をやめてもいいというくらいの気持ちで臨みます」と応じた[27]。するとこの発言が曲解され、翌日のスポーツ紙には「柴田政人、ダービー制覇したら騎手引退」との見出しが掲げられ[27]、以後ウイニングチケットまで長らく「柴田はダービーを勝ったら引退する」との誤解が広まっていた。実際にはダービー以後も騎手活動を続けたが、翌1994年の落馬事故により、結局ダービー制覇から2年を経ない内に引退を余儀なくされた。

岡部・福永との関係[編集]

岡部幸雄[編集]

岡部幸雄とは毎年のようにリーディングを競い合い、しばしば互いが比較の対象となった。「静の岡部、動の柴田」と評され[28]、騎乗については岡部は「華麗・魔術」、柴田は「剛腕・剛毅」とも対比された[29]。岡部自身も自著の中で「私の場合、ライバルとして一番に挙げられるのは、やはり同期の柴田政人だろう。『宿敵』というよりは、『好敵手』だったといえる関係である」と記している[30]。また、岡部は1984年に厩舎所属からフリーに転身し、騎乗馬確保の折衝のため、いち早くエージェント(代理人)を採用するなど騎乗馬の選択に一切の妥協を挿まなかった。作家の後藤正治は、こうした岡部の考え方を「アメリカ的合理主義」、柴田を「日本的一門主義」と対比している[31]。岡部は一度柴田にもフリーになることを勧めているが、柴田は「岡部の気持ちもやり方も分かる」とした上でこれを退けており、また岡部も柴田が断ることを予期した上で訊いたという[31]

私的には親しい友人の1人であり、自身の引退に際しては「生き方は違っても、同じことを目指していたという意味で、こんな力強い存在はなかった。周囲が言うような、ライバル意識なんか俺たちにはないんだよ。岡部がいつまでもレースに出て勝つことが、俺や、同期たちの生きる喜びに繋がっている」と語っている[32]。また、岡部の引退に際してはセレモニーに出席し、伊藤正徳と共に同期生代表として花束を手渡した。

福永洋一[編集]

「天才」福永洋一とは養成所以来の無二の親友であり、忌憚なく騎乗論を交換する唯一の相手であった[33]。所属は東西に別れていたが、夏の北海道開催で一緒になると毎年同室で過ごし、「朝起きたら、寝るまで一緒」であったという[34]。1979年に洋一が落馬事故で脳挫傷を負った際には、翌日始発の飛行機で関西へ飛び、同僚として唯一集中治療室に入って容態を見舞った[35]。柴田は福永を「同じ騎手として、相手の良いものは良いんだと認め合える関係でした」と述懐している[36]

また、洋一の息子・福永祐一が騎手デビューした際には、陰ながらその騎乗馬確保に努めたとされる。祐一のGI競走初勝利となった桜花賞優勝馬・プリモディーネの馬主は柴田と親しい伊達秀和であり、関西に馬を預けた例は少なく、柴田が祐一を起用するよう依頼したともされる[37]。また、祐一は関西の北橋修二厩舎に所属したが、デビュー以前には「関東に行きたい」と口にしており、幼少期から知っている柴田の厩舎に所属するとの予測もあった[38]

騎手成績[編集]

※数字は中央競馬成績のみ。

年度 1着 2着 3着 着外 騎乗 勝率 連対率 備考
1967年 8 8 12 53 81 .099 .198
1968年 23 26 26 161 236 .097 .208
1969年 25 28 28 184 265 .094 .192
1970年 31 27 29 175 262 .119 .221
1971年 35 35 37 212 319 .110 .219
1972年 18 22 22 125 187 .096 .214
1973年 61 32 38 172 302 .202 .308 関東リーディングジョッキー(全国3位)
1974年 68 42 40 202 352 .193 .313
1975年 51 44 48 270 413 .123 .230
1976年 48 38 27 167 280 .171 .387
1977年 48 31 44 193 316 .152 .250
1978年 48 39 40 208 335 .143 .240
1979年 62 56 48 322 488 .127 .242 通算500勝達成(8月12日)
1980年 58 49 53 311 471 .123 .227
1981年 73 58 56 284 471 .155 .278
1982年 82 76 60 323 541 .152 .292
1983年 70 71 46 302 489 .143 .288
1984年 76 55 57 278 466 .163 .281
1985年 101 76 83 297 557 .181 .318 関東リーディングジョッキー(全国2位)
1986年 86 71 74 344 575 .150 .273 通算1000勝達成(4月5日・史上7人目)
1987年 81 86 81 315 563 .144 .297
1988年 132 100 89 351 672 .196 .345 全国リーディングジョッキー
ワールドスーパージョッキーズシリーズ優勝
1989年 88 78 80 300 536 .164 .310
1990年 85 78 82 300 535 .159 .305 キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス騎乗(3着)
凱旋門賞騎乗(12着)
1991年 76 75 59 352 562 .135 .269 通算1万回騎乗達成(6月9日・史上4人目)
通算1500勝達成(7月7日・史上3人目)
1992年 83 84 94 357 618 .134 .270
1993年 113 85 77 341 616 .183 .321 日本ダービー制覇
特別模範騎手賞
1994年 37 28 22 113 200 .185 .325
1,767 1,498 1,432 7,031 11,728 .151 .278
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1967年3月4日 2回中京3日10R - エストレリータ - - 4着
初勝利 1967年5月20日 3回中山1日4R - ハーバーウェーブ - - 1着
重賞初騎乗 1968年11月10日 3回新潟6日11R 新潟記念 サンレデイ 9頭 8 9着
重賞初勝利 1970年1月10日 1回中山2日11R 京成杯 アローエクスプレス 11頭 1 1着
GI級初騎乗 1969年5月25日 3回東京6日10R 東京優駿 ダンデイボーイ 28頭 22 23着
GI級初勝利 1973年12月9日 5回中山4日11R 朝日杯3歳S ミホランザン 10頭 3 1着

受賞[編集]

  • JRA賞最多勝利騎手(1988年)
  • フェアプレー賞11回(1983-1993年)
  • 特別模範騎手賞(1993年)
  • ユネスコ日本フェアプレー賞(1993年)
  • 日本プロスポーツ大賞功労賞(1990年)
その他

主な騎乗馬[編集]

調教師成績[編集]

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1996年3月3日 1回中山4日4R 4歳未勝利 オンナノネガイ 14頭 9 12着
初勝利 1996年3月9日 1回中山5日3R 4歳新馬 オンワードモンロー 16頭 2 1着
重賞初出走 1996年11月17日 6回東京6日11R 府中3歳S ペイストリーシェフ 13頭 7 3着
GI初出走 1997年4月6日 2回阪神6日10R 桜花賞 タヤスナミムラ 18頭 16 17着

主な厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 斉藤宏(1996年-1999年 調教助手)
  • 石橋脩(2003年-現在 騎手)
  • 大和田成(2007年-2011年 調教助手)

メディアにおける活動[編集]

厩舎経営のかたわら、サンケイスポーツ紙上で「政人の目」という重賞レース回顧記事を連載しており、また不定期にNHK競馬中継に解説者として出演する。また一時『週刊Gallop』にて「寿司政」という対談コーナーを連載した。「寿司政」という名前は、寺山修司が著した一連の競馬エッセイシリーズに登場する「寿司屋の政」に由来しており、騎手引退直後は寿司屋の扮装でJRAのCMにも出演した。

テレビ出演[編集]

スポーツ100万倍(1994年11月4日、NHK

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 甥の善臣の実子に田島俊明厩舎の厩務員である柴田健登がいる。
  2. ^ 騎手として中央・地方を通じての通算最多勝利記録保持者(7151勝)。
  3. ^ この時、父親から「一人前にならなかったら絶対に家の敷居は跨がせない」と釘を刺され、以後柴田は8年近く実家に帰らなかった。(木村〈1994〉p.171)
  4. ^ 海外で騎乗した際に「柴田は日本ダービーで何勝しているんだ?」と聞かれて悔しい思いをしたことから、この言葉が出たと思われる。
  5. ^ ステイヤーズステークス5勝、ダイヤモンドステークス5勝、菊花賞1勝、天皇賞(春)1勝、天皇賞(秋)2勝。

出典[編集]

  1. ^ 大寺(1994)p.23
  2. ^ 木村(1994)pp.170-171
  3. ^ 大寺(1994)p.33
  4. ^ 大寺(1996)p.56
  5. ^ 木村 (1997)p.210
  6. ^ 木村(1997)p.211
  7. ^ 大寺(1996)pp.73-74
  8. ^ 大寺(1996)p.104
  9. ^ 木村 (1997)pp.217-219
  10. ^ 小島 (1993)p.73
  11. ^ 『優駿』1991年10月号
  12. ^ 大寺(1996)p.94
  13. ^ a b c 『優駿』1999年6月号 p.114
  14. ^ 大寺(1996)p.18
  15. ^ 木村 (1998)pp.150-151
  16. ^ 木村(1997)p.211
  17. ^ 『Sports Graphic Number PLUS』p.79
  18. ^ 小島(1993)p.75
  19. ^ 大寺(1996)pp.75-76
  20. ^ 木村(1994)p.167
  21. ^ 木村〈1998〉o.149。
  22. ^ 木村(1998)p.147
  23. ^ 木村 (1998)pp.147-148
  24. ^ 『優駿』2002年6月号 p.28
  25. ^ 木村 (1994)p.245
  26. ^ 『忘れられない名馬100』p.23
  27. ^ a b 大寺(1994)p.188
  28. ^ 大寺 (1996)p.194
  29. ^ 木村 (1994)p.160
  30. ^ 岡部 (2006)p.161
  31. ^ a b 『競馬騎手読本』p.31
  32. ^ 木村(1994)p.249
  33. ^ 『Sports Graphic Number ベスト・セレクション(3)』pp.58-60
  34. ^ 『優駿』1991年10月号 p.83
  35. ^ 『Sports Graphic Number ベスト・セレクション(3)』p.60
  36. ^ 『優駿』1991年10月号 p.84
  37. ^ 『Sports Graphic Number PLUS』p.75
  38. ^ 『優駿』2002年9月号 p.69

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]