太田英昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太田 英昭(おおた ひであき、1946年12月22日 - )は、産経新聞社代表取締役会長。

人物[編集]

北海道千歳市出身。中大法学部卒業後、フジテレビジョン入社(社会教養部)[1]。同期入社に共同テレビジョン取締役相談役の山田良明扶桑社育鵬社代表取締役社長の久保田榮一がいる。元日本テレビアナウンサー吉田填一郎は中央大学の同期。

2015年6月、産経新聞社会長に就任する[1]。この人事をフジメディアHDの日枝久会長は週刊現代の取材に対して、「今回の人事は、フジサンケイグループと、産経新聞社との一体化を図るためです。結束をするため、ルートを作るため彼を会長に抜擢しました」と説明している[2]

来歴[編集]

  • 1969年 中央大学法学部卒業、フジテレビジョン入社(社会教養部)。
  • ニュース部。
  • 夕刊フジ報道部出向。
  • 1997年6月 - ソフト制作本部情報企画局長。
  • 2001年6月 - 執行役員生活情報局長。
  • 2003年6月 - 上席執行役員生活情報局長。
  • 2005年6月 - 取締役(情報制作・スポーツ担当)・情報制作局長。
  • 2006年6月 - 常務取締役(総務・人事・情報システム・番組審議室・CSR推進室担当)。
  • 2007年6月 - 専務取締役(総務・人事・ライツ開発・デジタルコンテンツ・番組審議室・適正業務推進室・CSR推進室担当)。
  • 2008年10月 - 専務取締役(CSR推進室・適正業務推進室・グループ総務担当)。
  • 2009年10月 - 専務取締役(秘書室・CSR推進室・適正業務推進室・総務・人事担当)。
  • 2010年6月 - 専務取締役(総括、秘書室・CSR推進室・適正業務推進室担当)。
  • 2012年6月 - 取締役副社長(総括、秘書室・特区事業準備室担当)。
  • 2013年6月 - フジ・メディア・ホールディングス代表取締役社長。
  • 2015年6月 - 産業経済新聞社代表取締役会長。

番組[編集]

脚注[編集]