コンテンツにスキップ

太田英昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おおた ひであき

太田 英昭
生誕 (1946-12-22) 1946年12月22日(77歳)
北海道千歳市
国籍 日本の旗 日本
出身校 中央大学法学部
職業 テレビプロデューサー実業家
テンプレートを表示

太田 英昭(おおた ひであき、1946年(昭和21年)12月22日 - )は、日本のテレビプロデューサー実業家フジ・メディア・ホールディングス社長、産経新聞社会長を務めた。一般社団法人ジャパンフォワード推進機構代表理事。

人物[編集]

北海道千歳市出身。中央大学法学部卒業後、フジテレビジョン入社。社会教養部に配属される[1]。同期に山田良明共同テレビジョン社長)、久保田榮一扶桑社育鵬社社長)。吉田填一郎日本テレビアナウンサー)は大学の同期。

小川宏ショー』(アシスタントディレクター)、『おはよう!ナイスディ』(チーフディレクター)、『なんてったって好奇心』(チーフプロデューサー)、『ザ・ノンフィクション』(立ち上げ)など情報番組の制作に携わる[2]

2005年(平成17年)6月、取締役に選任され、12年6月副社長、13年6月フジ・メディア・ホールディングス社長、

2015年(平成27年)6月、産経新聞社会長に就任する[1]。この人事をフジメディアHDの日枝久会長は週刊現代の取材に対して、「今回の人事は、フジサンケイグループと、産経新聞社との一体化を図るためです。結束をするため、ルートを作るため彼を会長に抜擢しました」と説明している[3]。17年6月同取締役相談役、19年6月同顧問[4][5]

来歴[編集]

  • 1969年 - 中央大学法学部卒業後、フジテレビジョン入社。
  • ニュース部。
  • 夕刊フジ報道部出向。
  • 1997年6月 - ソフト制作本部情報企画局長。
  • 2001年6月 - 執行役員生活情報局長。
  • 2003年6月 - 上席執行役員生活情報局長。
  • 2005年6月 - 取締役(情報制作・スポーツ担当)・情報制作局長。
  • 2006年6月 - 常務取締役(総務・人事・情報システム・番組審議室・CSR推進室担当)。
  • 2007年6月 - 専務取締役(総務・人事・ライツ開発・デジタルコンテンツ・番組審議室・適正業務推進室・CSR推進室担当)。
  • 2008年10月 - 専務取締役(CSR推進室・適正業務推進室・グループ総務担当)。
  • 2009年10月 - 専務取締役(秘書室・CSR推進室・適正業務推進室・総務・人事担当)。
  • 2010年6月 - 専務取締役(総括、秘書室・CSR推進室・適正業務推進室担当)。
  • 2012年6月 - 取締役副社長(総括、秘書室・特区事業準備室担当)。
  • 2013年6月 - フジ・メディア・ホールディングス代表取締役社長。
  • 2015年6月 - 産経新聞社代表取締役会長。
  • 2017年1月 - 産経新聞の英語版ウェブサイト「JAPAN Forward」を運営する一般社団法人ジャパンフォワード推進機構代表理事。6月、産業経済新聞社取締役相談役。
  • 2019年6月 - 産経新聞社顧問。

著書[編集]

  • 『フジテレビ プロデューサー血風録 楽しいだけでもテレビじゃない』幻冬舎、2021年4月。ISBN 978-4344037571

脚注[編集]

外部リンク[編集]