吉田填一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「吉田塡一郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
よしだ しんいちろう
吉田 塡一郎
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県
生年月日 (1946-04-25) 1946年4月25日(71歳)
最終学歴 中央大学経済学部卒業
部署 ラジオ日本常務取締役営業局長
職歴 日本テレビアナウンサー
アール・エフ・ラジオ日本アナウンサー・常務取締役営業局長
活動期間 1969年 - 2008年
ジャンル スポーツ中継
出演番組・活動
過去 THE BASEBALL 2003 バトルボールパーク宣言
ラジオ日本ジャイアンツナイター
『吉田填一郎の野球王国』
ほか

吉田 塡一郎(よしだ しんいちろう、1946年4月25日 - )は、日本アナウンサー実業家。元日本テレビ放送網(以下、NTV)→アール・エフ・ラジオ日本(以下、RF)アナウンサー、RF編成局長→常務取締役営業局長。千葉県出身[1]千葉県立千葉高等学校中央大学経済学部卒業。

来歴・人物[編集]

1969年4月にNTVへアナウンサーとして入社。以来、プロ野球ゴルフを中心としたスポーツ中継アナウンサー一筋に活動してきた(スポーツ以外では『笑点』のアナウンサー大喜利に1度参加したことがある)。2003年末に日テレのグループ会社であるRFへ出向し、2004年には『ラジオ日本ジャイアンツナイター』で初めてラジオでのプロ野球実況を担当[2]。同年シーズンオフには冠番組吉田填一郎の巨人王国』を担当した。また、取締役編成局長も兼任していた[3]2008年6月の異動で営業局長となり、アナウンス職から離れた[4]。2009年6月より常務取締役。

2006年途中頃より、RFウェブサイト内のプロフィールページには「ラジオ日本エグゼクティブアナウンサー」と記してある[5]

その後2011年にRFラジオ日本・日本テレビを退職。フリーアナウンサーとして、講演会を中心に活動[6]している。

エピソード[編集]

出演番組[編集]

NTV時代
RF時代
  • ラジオ日本ジャイアンツナイター
  • 吉田填一郎の野球王国

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b NTVウェブサイト内に掲載された吉田のプロフィール(インターネットアーカイブ2000年1月24日付保存キャッシュ)
  2. ^ 2004年RFへ出向し実況担当となったことについては、『12球団全選手カラー百科名鑑2004』(『ホームラン』2004年3月号増刊。日本スポーツ出版社発行)に掲載のプロ野球アナウンサー紹介記事にもつづられている。
  3. ^ 東京西ロータリークラブ2007年7月 - 2008年6月期の活動内容 - 東京西ロータリークラブウェブサイト内。例会一覧より、2月1日の例会で吉田がRFの取締役編成局長として「マイク人生39年・テレビからラジオ」と題した講演を行っていたことが確認できる。
  4. ^ RFウェブサイト内パーソナリティ一覧も、7月頃までは吉田の名があったが、8月頃には除去された。以下、参考リンク(いずれも、インターネットアーカイブの保存キャッシュ)。
  5. ^ 初めて「エグゼクティブアナウンサー」と記された、吉田のプロフィールページ(インターネットアーカイブ2006年12月8日付保存キャッシュ)
  6. ^ 東京工業大学「スポーツ講座2013年度第1回 -山本浩二さん&吉田填一郎さん-」
  7. ^ 翌日(2000年10月29日)発行のスポーツ報知でもその話題が取り上げられ、そのときの心境を「待てば海路の日和ありと言ったところですね」とコメントしている。
  8. ^ このときのゲスト解説が"浪人"時代の長嶋茂雄であり、ハーフタイム・ショーのゲストにはザ・デストロイヤースタン・ハンセンリサロッテ・ノイマン(プロゴルファー)、ウォーレン・クロマティ江崎玲於奈が出演。試合の状況を伝えるアシスタントとして菅原マリア(当時日本テレビで放送していた「NFL Touchdown」のアシスタント)が出演している。ちなみに試合終了後のハイライト(麹町のスタジオから放送)の進行は当時日本テレビアナウンサーの福澤朗横井ひろみ(フリーアナウンサー)が務めた(ゲスト解説は堀内恒夫)。
  9. ^ このときのゲスト解説が大橋巨泉であった。解説は前述のスーパーボウル同様、後藤完夫である。

外部リンク[編集]

以下、インターネットアーカイブの保存キャッシュ一覧。