ミユキ野球教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミユキ野球教室
ジャンル スポーツ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
系列局が担当した回もあり)
出演者 中澤不二雄
越智正典
石川牧子
東京読売巨人軍の選手・監督
ほか
ミユキ野球教室(第1期:15分番組時代)
放送時間 日曜 9:45 - 10:00(15分)
放送期間 1957年3月17日 - 1963年
ミユキ野球教室(第1期:30分番組時代)
放送時間 日曜 9:30 - 10:00(30分)
放送期間 1963年 - 1985年12月29日
野球教室
放送時間 日曜 11:00 - 11:30
放送期間 1986年1月5日 - 1988年9月25日
ミユキ野球教室(第2期)
放送時間 日曜 11:00 - 11:15
放送期間 1988年10月2日 - 1990年3月25日
テンプレートを表示

ミユキ野球教室』(ミユキやきゅうきょうしつ)は、1957年3月17日から1990年3月25日まで日本テレビ系列局で放送されていたスポーツ番組である。御幸毛織の一社提供(一時期を除く)。全1696回。

概要[編集]

ミユキ野球教室(第1期)[編集]

初期においてはタイトルが示すとおり、野球評論家の中澤不二雄とゲストの野球関係者が野球の技術を講義する教養番組であったが、後にプロ野球情報番組へ転向。

番組製作を主に日本テレビが担当していたこともあって巨人軍の話題が多く、長嶋茂雄(現・巨人終身名誉監督)、王貞治(現・福岡ソフトバンクホークス会長)といった名選手の貴重な映像財産となっていた。また、一時期は読売テレビ (YTV)、広島テレビ (HTV)、名古屋放送 (NBN) → 中京テレビ (CTV)、テレビ西日本 (TNC) → 九州朝日放送 (KBC) → 福岡放送 (FBS) と、プロ野球チームの本拠地がある地域の系列局が製作した回もあり、製作著作のクレジット表記や、番組冒頭のネットワーク表示の先頭に担当局の略称が入ることで判別できた。内容によっては、前述の系列局が企画ネット番組扱いで同タイトル・スポンサーによるローカル版に差し替えることがあった。実例として、広島テレビが1988年2月に、芝草宇宙島田直也ほか当時の新人選手の特集を広島東洋カープの春季キャンプ中継に差し替えたことがある。

当初は日曜 9:45 - 10:00 (日本標準時)に放送の15分番組だったが、1963年に9:30 - 10:00の30分番組となった。

野球教室[編集]

1986年1月、番組は日曜11:00枠へ移動。その際にミユキを含む複数社提供へ移行し、スポンサー社名を冠さない『野球教室』に改題された。

複数社提供への移行前までは、ミユキのオープニングキャッチが流れた後、オープニングテーマをバックにアナウンサーによる「御幸毛織提供、ミユキ野球教室」のタイトルコールが入り、放送回数のテロップが表示されていた。このテロップの表示は複数社提供時代にも行われ、最終回まで続けられた。また地方局製作の回では、提供読みは複数社提供になるまでは担当局のアナウンサーが行っていたが、複数社提供時代から最終回までは地方発であっても日テレから行われていた(ローカル差し替え時を除く)。ちなみにテーマ曲は、「スポーツ行進曲」(日本テレビスポーツのテーマ、作曲:黛敏郎)が長年にわたって使われていたが、11時台への移行後には「ハリウッド・イリュージョン」(菊池ひみこ)や「Solid Swing」(カシオペア)が使われていた。

ミユキ野球教室(第2期)[編集]

1988年には15分に縮小した上でミユキの一社提供へ戻り、それに伴ってタイトルに再び社名を冠するようになったが、ミユキのオープニングキャッチは流れなくなった。そして番組は、1990年3月25日放送分をもって33年間の歴史に幕を下ろした。なお最終回では、前年に現役を引退して日本テレビの野球解説者となった元巨人・中畑清のリクエストにより、番組の途中ながら約4年ぶりにミユキのオープニングキャッチが流れた。

出演者[編集]

放送局[編集]

系列はネット終了(1990年3月)時点のもの。太字の局は製作参加局。基本的には日本テレビ製作だったが、回によってはプロ野球球団本拠所在地の放送局が製作を担当することもあった。ただし、ネットマストバイ(配信)は日本テレビが行った。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 番組幹事局
北海道 札幌テレビ 1972年3月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1975年3月までは日本テレビ単独加盟局
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1969年12月の開局時から放送
1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列
日本テレビ系列
1970年9月まで放送
ミヤギテレビ 日本テレビ系列 1970年10月の開局時から放送
1975年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
秋田県 秋田放送
福島県 福島テレビ 1971年9月まで放送
福島中央テレビ 1971年10月の福島テレビとのネット交換時から放送
1981年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1981年3月まで放送
テレビ新潟 日本テレビ系列 1981年4月の開局時から放送
富山県 北日本放送
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1989年3月までは日本テレビ単独加盟局
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
静岡県 静岡第一テレビ 1979年7月の開局時から放送
中京広域圏 中部日本放送 TBS系列 現・CBCテレビ
名古屋放送 日本テレビ系列
NETテレビ系列
1973年3月まで放送
中京テレビ 日本テレビ系列 1973年4月から放送
変則ネット解消に伴う移行
京阪神大都市圏 大阪テレビ KRテレビ系列
日本テレビ系列
現・朝日放送
読売テレビの開局に伴う移行
近畿広域圏 読売テレビ 日本テレビ系列 1958年8月の開局時から放送
大阪テレビから移行
鳥取県

鳥取県・島根県
日本海テレビ 1972年9月まではフジテレビ系列との、
1989年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
1972年9月21日までの放送エリアは鳥取県のみ
1972年9月22日からの電波相互乗り入れで島根県でも放送
広島県 広島テレビ 1975年9月まではフジテレビ系列とのクロスネット局
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1978年9月までは日本テレビ単独加盟局
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県

香川県・岡山県
西日本放送 1983年3月までの放送エリアは香川県のみ
1983年4月の電波相互乗り入れで岡山県でも放送
高知県 高知放送
福岡県 テレビ西日本 1964年9月まで
九州朝日放送 NETテレビ系列 1964年10月から1969年3月まで放送
テレビ西日本のフジテレビ系へのネットチェンジに伴う移行[1]
福岡放送 日本テレビ系列 1969年4月の開局時から放送
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
1969年4月の開局時から放送
熊本県 熊本放送 TBS系列 1982年3月まで放送
くまもと県民テレビ 日本テレビ系列 1982年4月の開局時から放送
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1970年4月の開局時から放送
鹿児島県 南日本放送 TBS系列 1969年3月まで放送
鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
1969年4月の開局時から放送
1982年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列 1980年代の一時期のみ放送[いつ?]

脚注[編集]

  1. ^ NETテレビ系。この当時テレビ西日本が日テレ系から離脱してフルネットが無かったため、番組販売という形で参加し、西鉄ライオンズを題材にした番組があったときに製作に加わった。

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 日曜9:45枠
前番組 番組名 次番組
放送休止 または 映画番組
ミユキ野球教室
(1957年3月17日 - 1963年)
ミユキ野球教室
(1963年 - 1985年12月29日)
※9:30 - 10:00
日本テレビ系列 日曜9:30枠
不明
※ - 9:45
ミユキ野球教室
(1957年3月17日 - 1963年)
※9:45 - 10:00
ミユキ野球教室
(1963年 - 1985年12月29日)
徳光和夫のTVフォーラム
(1986年1月5日 - 1988年12月25日)
※日曜11:00枠から移動
日本テレビ系列 日曜11:00枠
徳光和夫のTVフォーラム
(1984年10月7日 - 1985年12月22日)
※日曜9:30枠へ移動
野球教室
(1986年1月5日 - 1988年9月25日)
ミユキ野球教室
(1988年10月2日 - 1990年3月25日)
※11:00 - 11:15
NFL Touchdown

NFL EXPRESS

(1988年10月2日 - 1990年3月25日)
※11:15 - 11:30
日本テレビ系列 日曜11:00枠
野球教室
(1986年1月5日 - 1988年9月25日)
※11:00 - 11:30
ミユキ野球教室
(1988年10月2日 - 1990年3月25日)
ぶらり日本名作の旅
(1990年4月 - 1991年3月)
※11:00 - 11:30、日曜10:00枠から移動