1987年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 1987年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
西武ライオンズ() 4
読売ジャイアンツ() 2
ゲームデータ
試合日程 1987年10月25日-11月1日
最高殊勲選手 工藤公康
敢闘選手 篠塚利夫
チームデータ
西武ライオンズ ()
監督 森祇晶
シーズン成績 71勝45敗14分
(シーズン1位) 
読売ジャイアンツ()
監督 王貞治
シーズン成績 76勝43敗11分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1986 1988 > 

1987年の日本シリーズ(1987ねんのにっぽんシリーズ、1987ねんのにほんシリーズ)は、1987年10月25日から11月1日まで行われたセ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツパ・リーグ優勝チームの西武ライオンズによる第38回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

森祇晶監督率いる西武ライオンズ王貞治監督率いる読売ジャイアンツの対戦となった1987年の日本シリーズは、1983年と同じ組合せで、巨人OB対決となった。西武が4勝2敗で勝利し、2年連続7度目の日本一(西鉄時代を含む。西武では4度目)。MVPは2完投の工藤が1972年1973年の堀内恒夫以来となる2年連続日本シリーズMVPに選ばれた。

西武が日本一に王手をかけて迎えた第6戦、西武の守備走塁コーチの伊原春樹は、シリーズ前から把握していた巨人の守備の甘さに乗じて、2回に二塁走者の清原和博飛で、8回に一塁走者の辻発彦を中前の単打で、それぞれ一気に本塁に生還させる。2回の清原の走塁は、中堅手ウォーレン・クロマティの緩慢な送球、中継に入った二塁手篠塚和典は清原が既に三塁を回って本塁に向かっているにも関わらず三塁に投げる、さらに三塁手原辰徳は清原が本塁に向かっているにも関わらず三塁ベース上でタッチのそぶりをした後本塁に送球するという、3つのミスが続いた隙を突いたものである。8回の辻の走塁は、再びクロマティの緩慢な送球と、中継に入った遊撃手川相昌弘の、先の塁にいる辻よりも打者走者に気を取られ、三塁を回る辻を見ていないという癖に付け込んだものであった[1]

森は、西武監督退任後の自著で、このシリーズを監督としての自らが経験した8回のシリーズで「最高傑作といっていいかもしれない」とし、「監督、コーチ、選手が一丸となって勝ち取った日本一」を、その理由としている[1]

また森は「巨人は15勝でチーム勝ち頭の桑田(真澄)が第一戦目の先発投手だったが、2年目で経験が浅く序盤に攻略できた。警戒していた江川(卓)槙原(寛己)は第3、4戦で、2人とも1試合だけ。戦略の間違いがあった」と述べている[2]

巨人は前年のシリーズMVPの左腕投手・工藤公康を打てず、第6戦で原が放ったソロ本塁打が工藤からの唯一の得点だった。森の自著では、この年の巨人打線は左投手を苦手にしていたというデータがあったとおりと振り返られている[1]。第6戦の9回表、西武の日本一決定目前の場面で清原が突然涙を流し、それをなだめる辻の姿も見られた[3]PL学園高校の同期、清原と桑田の「KK対決」は2打数1安打1四球の成績だった。なお、このシリーズ終了後に取り壊される後楽園球場で行われた最後のシリーズでもある。

西武は巨人に対して、このシリーズ第5戦から1994年の第1戦まで、日本シリーズ7連勝することとなる[4]。このシリーズに出場した原辰徳は、2002年の日本シリーズに巨人監督として臨んだ際に、相手の西武に対して「苦手を通り越して、コンプレックス。トラウマ的なものさえ感じる」と述べた[5]

この年より、パ・リーグ主催試合のみ指名打者(DH)制の採用が認められる方式になった。以降、2010年現在の日本シリーズまでパ・リーグ主催試合ではこの方式が採用されている。またこの年から1986年の西武対広島戦の時間切れ引き分けをきっかけに延長戦のルールが見直され、時間制限廃止・第7試合までは延長18回まで、本割りで決まらず第8試合以後の決着となった場合は延長も無制限とするルールが制定された。

試合結果[編集]

1987年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月24日(土) 第1戦 雨天中止 西武ライオンズ球場
10月25日(日) 読売ジャイアンツ 7-3 西武ライオンズ
10月26日(月) 第2戦 読売ジャイアンツ 0-6 西武ライオンズ
10月27日(火) 移動日
10月28日(水) 第3戦 西武ライオンズ 2-1 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月29日(木) 第4戦 西武ライオンズ 0-4 読売ジャイアンツ
10月30日(金) 第5戦 西武ライオンズ 3-1 読売ジャイアンツ
10月31日(土) 移動日
11月1日(日) 第6戦 読売ジャイアンツ 1-3 西武ライオンズ 西武ライオンズ球場
優勝:西武ライオンズ(2年連続7回目)

第1戦[編集]

10月25日 西武 入場者32365人

巨人 0 0 4 0 0 2 0 1 0 7
西武 2 0 1 0 0 0 0 0 0 3

(巨)桑田、○加藤初(1勝)、水野鹿取山倉

(西)●東尾(1敗)、小田松沼雅森山伊東

勝利打点 中畑1

【本塁打】

(巨)中畑1号2ラン(3回東尾)、駒田1号ソロ(6回東尾)

[審判]パ藤本(球)セ田中 パ村田 セ山本文(塁)パ前川 セ福井(外)

巨人の先発は桑田真澄。西武は東尾修。1回裏、先頭石毛宏典のピッチャー返しが桑田を直撃。桑田の焦った送球が高投となり、石毛は二塁まで進んだ。続く金森栄治のバントで桑田が野選となり無死一、三塁。ここで秋山幸二の適時打で先制する。この後、一死一、二塁の場面で清原和博を迎え、日本シリーズで初めての「KK対決」となる[6]。ここで清原はレフトへ安打。当たりが鋭く二塁走者の金森は三塁止まり、続く6番の安部理の三塁ゴロ併殺崩れの間に金森が生還して2点目を挙げた。

巨人は3回、駒田徳広が左中間二塁打。一死後、原辰徳吉村禎章篠塚利夫の三連打で同点。吉村が三盗失敗で二死となったが、7番中畑清がレフトポール際に2点本塁打を放ち逆転。その裏西武はヒット、四球で2死1、2塁とし、伊東勤の適時打で1点を返した。桑田は3回もたずに降板する。リリーフした加藤初水野雄仁が西武の反撃を抑える。巨人は6回には代打岡崎郁の適時打と駒田の本塁打で追加点を挙げ、東尾は降板となった。8回には鴻野淳基の適時打で追加点を挙げた。巨人は9回表から抑えの鹿取義隆を投入、鹿取は西武打線を抑え切り、巨人が先勝した。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第2戦[編集]

10月26日 西武 入場者32424人

巨人 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
西武 0 0 1 0 0 2 3 0 X 6

(巨)●西本(1敗)、広田岡本光-山倉
(西)○工藤(1勝)-伊東
勝利打点 石毛1
【本塁打】
(西)石毛1号ソロ(3回西本聖)、秋山1号ソロ(6回西本聖)、清原1号3ラン(7回広田)

[審判]セ福井(球)パ前川 セ田中 パ村田(塁)セ井上 パ寺本(外)

西武の先発は工藤、巨人は西本聖。西武が3回裏に石毛の本塁打で先制。6回裏には秋山の本塁打、伊東勤の適時打で2点を挙げる。7回裏には清原の3ランで加点。西武は先発の工藤が巨人を3安打に抑えて完封勝利[7]

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第3戦[編集]

10月28日 後楽園 入場者40608人

西武 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
巨人 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1

(西)○(1勝)-伊東
(巨)●江川(1敗)、水野-山倉
勝利打点 ブコビッチ1
【本塁打】
(西)ブコビッチ1号ソロ(4回江川)、石毛2号ソロ(6回江川)

[審判]パ寺本(球)セ井上 パ前川 セ田中(塁)パ藤本 セ山本文(外)

巨人は江川卓、西武は郭泰源の先発。西武が4回表にブコビッチが本塁打を打ち先制。6回には石毛が本塁打を打ち追加点。巨人は7回裏中畑清の内野安打で1点を返す。郭は巨人に8安打を打たれるが4併殺に打ち取り、完投勝利。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第4戦[編集]

10月29日 後楽園 入場者40829人

西武 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
巨人 2 0 0 0 0 2 0 0 X 4

(西)●松沼博(1敗)、小田、渡辺小野、松沼雅-伊東
(巨)○槙原(1勝)-山倉
勝利打点 吉村1
【本塁打】
(巨)1号ソロ(6回渡辺)、篠塚1号ソロ(6回渡辺)

[審判]セ山本文(球)パ藤本 セ井上 パ前川(塁)セ福井 パ村田(外)

巨人の先発は槙原寛己、西武の先発は松沼博久。巨人は1回裏2死1、3塁から吉村が三塁への内野安打で先制。さらに篠塚も中前適時打を放ち2点を挙げる。7回には原、篠塚の本塁打で4-0とリードを広げる。槙原は西武打線を3安打に抑え、11奪三振を奪う力投で完封。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第5戦[編集]

10月30日 後楽園 入場者41383人

西武 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
巨人 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

(西)○東尾(1勝1敗)、S工藤(1勝1S)-伊東
(巨)●桑田(1敗)、岡本光、加藤初、西本、鹿取-山倉
勝利打点 秋山1

[審判]パ村田(球)セ福井 パ藤本 セ井上(塁)パ寺本 セ田中(外)

先発は巨人・桑田、西武・東尾という第1戦と同じ顔合わせ。1回、石毛の三塁へのゴロを原がお手玉。辻発彦の送りバントのあと、秋山が右中間を破り先制。清原の打席の時に桑田が誰もいない二塁へ牽制球を投じ秋山は三塁へ。二死後、安部、ブコビッチの連打で、計3失点。この後伊東の中前打をウォーレン・クロマティがはじき、この回チーム3つ目のエラー。清家政和を敬遠で歩かせ満塁とすると、東尾にあわや走者一掃の大ファウルを打たれる。桑田は東尾を打ち取り1回を投げ切ったものの、これで降板。巨人は2回以降、小刻みな継投で西武の追加点を許さなかったが、巨人は4回吉村のタイムリーヒットで1点を返す。9回裏、吉村、篠塚と好調の左打者が続くところで、西武は投手を工藤に交代。工藤は「だめじゃないですか東尾さん、最後まで投げてくれなきゃ」と軽口をたたいた[8]。工藤は吉村をセンターフライ、篠塚を三振に仕留め、西武が3-1と勝利。

なお、この試合が後楽園球場で行われた最後の公式試合であった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

第6戦[編集]

11月1日 西武 入場者32323人

巨人 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
西武 0 1 1 0 0 0 0 1 X 3

(巨)●水野(1敗)、鹿取-山倉
(西)○工藤(2勝1S)-伊東

巨人
1 (一) 中畑清
2 (遊) 鴻野淳基
川相昌弘
3 (中) クロマティ
4 (三) 原辰徳
5 (左) 吉村禎章
6 (二) 篠塚和典
7 (指) 有田修三
8 (捕) 山倉和博
9 (右) 駒田徳広
西武
1 (三) 石毛宏典
2 (二) 辻発彦
3 (中) 秋山幸二
4 (一) 清原和博
5 (左) 安部理
6 (右) ブコビッチ
7 (捕) 伊東勤
8 (指) 白幡隆宗
9 (遊) 清家政和

【本塁打】
(巨)原2号ソロ(7回工藤)
(西)清家1号ソロ(3回水野)

[審判]セ田中(球)パ寺本 セ福井 パ藤本(塁)セ山本文 パ前川(外)

再び舞台を西武球場に移しての第6戦。西武は工藤、巨人は水野の先発。#概要であげた西武の2つの走塁が特筆される[1]

  1. 2回、一死二塁。続くブコビッチはセンター後方へ深いフライ。この打球で二塁走者の清原は一気に三塁を回って生還し、先制。
  2. 8回裏西武は、二死一塁からの秋山の中前安打で、一塁走者の辻が、巨人の守備をつき一気に生還し、3点目。

その間、西武は、3回には公式戦でも本塁打のなかった清家が本塁打を打ち[9]2点目を挙げている。

工藤は第2戦に続いて完投勝利し、西武が2年連続の日本一となった。最後の打者は1983年と同様、篠塚利夫であった。

公式記録関係(日本野球機構ページ)

表彰選手[編集]

  • 3試合登板(先発2、リリーフ1)して2勝0敗1セーブ、2完投、1完封勝利。防御率0.48。第6戦で胴上げ投手。
  • 打率.409(22打数9安打)、1本塁打。
  • 第3戦で江川からダメ押し本塁打。
  • 第2戦で西本から本塁打。第5戦で桑田から先制タイムリー二塁打。第6戦で日本一を決定付けるタイムリー。
  • 第4戦に先発し、完封勝利。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月25日
放送時間:13:00 - 17:00
  • 第2戦:10月26日
放送時間:12:55 - 15:55(試合開始が13時(JST)だった関係上『笑っていいとも!』は12時55分で終了となり、後座番組『ライオンのいただきます』は休止となった)
  • 第3戦:10月28日
放送時間:12:50 - 15:45(12:00 - 12:50に直前情報を放送したため、『午後は○○おもいっきりテレビ』は休止)
  • 第4戦:10月29日
放送時間:12:50 - 15:45(試合開始が13:00(JST)だった関係上、『午後は○○おもいっきりテレビ』は12時50分まで短縮)
放送時間:12:30 - 16:00(正午のニュースを5分短縮し、連続テレビ小説はっさい先生』は通常より30分繰り上げて放送したため、『ひるのプレゼント』が休止となった)
  • 第5戦:10月30日
放送時間:12:50 - 16:25(試合開始が13:00(JST)だった関係上『午後は○○おもいっきりテレビ』は12:50まで短縮)
  • 第6戦:11月1日
副音声・実況:山田二郎 ゲスト:出光ケイ安部譲二
放送時間:13:00 - 16:00

※なお、第7戦はTBSテレビで中継される予定だった。

ラジオ中継[編集]

  • 第1戦:10月25日
  • 第2戦:10月26日
  • 第3戦:10月28日
  • 第4戦:10月29日
  • 第5戦:10月30日
  • NHKラジオ第1 解説:山本浩二 ゲスト解説:加藤英司
  • TBSラジオ(JRN) 実況:林正浩 解説:田淵幸一、小林繁
  • 文化放送(NRN) 解説:豊田泰光
  • ニッポン放送(NRN) 実況:胡口和雄 解説:江本孟紀 ゲスト解説:高田繁日本ハム監督)
  • ラジオ日本 解説:有本義明
  • 第6戦:11月1日
  • NHKラジオ第1 実況:三原渡 解説:鈴木啓示 ゲスト解説:山下大輔(大洋、翌年のシーズン開幕直前に引退を表明)
  • TBSラジオ(JRN) 実況:中村秀昭 解説:杉下茂、張本勲
  • 文化放送(NRN) 実況:戸谷真人 解説:黒江透修
  • ニッポン放送(NRN) 実況:小林達彦 解説:谷沢健一 ゲスト解説:門田博光(南海)
  • ラジオ日本 解説:浅野啓司

出典[編集]

  1. ^ a b c d 森『覇道』p.p.72~78
  2. ^ Hawks vs.Dragons99日本シリーズ/旧敵将森氏、両監督を語る◆王監督/選手の輪に入った、星野監督/激情家が我慢した 日刊スポーツ
  3. ^ 朝日新聞1987年11月2日27面「清原選手、勝利目前に涙 」朝日新聞縮刷版1987年11月p67
  4. ^ 読売新聞1994年10月24日17面
  5. ^ 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.86
  6. ^ 朝日新聞1987年10月26日20面「KK対決まず清原 1回左前打/3回四球」朝日新聞縮刷版1987年10月p1122
  7. ^ 朝日新聞1987年10月27日22面「工藤、巨人を完封 3安打、2塁も踏ませず」朝日新聞縮刷版1987年10月p1168
  8. ^ 読売新聞1987年10月31日17面「工藤ジョーク絶好調」読売新聞縮刷版1987年10月p1437
  9. ^ 朝日新聞1987年11月2日23面「清家、10年目の初アーチ」朝日新聞縮刷版1987年11月p63
  10. ^ 松本にとっては、初の日本シリーズ実況担当となった

参考文献[編集]

外部リンク[編集]