福澤朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふくざわ あきら
福澤 朗
プロフィール
愛称 ジャストミート
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区
生年月日 1963年9月14日(53歳)
血液型 O型
最終学歴 早稲田大学第一文学部哲学科教育学専修
所属事務所 ノースプロダクション
職歴 日本テレビアナウンサー
活動期間 1988年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 あり
公式サイト 所属事務所ホームページ
出演番組・活動
現在 真相報道 バンキシャ!
開運!なんでも鑑定団
過去 とんねるずの生でダラダラいかせて!!
ズームイン!!朝!
ズームイン!!SUPER
アメリカ横断ウルトラクイズ
全国高等学校クイズ選手権
エンタの神様
など

福澤 朗(ふくざわ あきら、1963年9月14日 - )は、ノースプロダクション(旧イースト・プロダクション)所属のフリーアナウンサータレント司会者ニュースキャスターである。元日本テレビアナウンサー

1988年にアナウンサーとして日本テレビに入社。「昭和最後のアナウンサー」と自称しており、自身の著書の名前にしたこともある。

来歴[編集]

生い立ち〜日本テレビ入社[編集]

東京都新宿区出身。早稲田中・高等学校(卓球部)を経て、早稲田大学第一文学部哲学科教育学専修を卒業。在学中に俳優への道を模索し、1984年演劇集団 円の研究生となるが、研究所最終年の団員昇格選考で落選し役者への道を断念する。円の研究生時代の1986年には、フジテレビ系ドラマ『花嫁衣裳は誰が着る』、『時にはいっしょに』への端役での出演歴がある。1988年に大学を卒業後、日本テレビに入社。同期は関谷亜矢子永井美奈子村山喜彦小栗泉(報道局キャスター)がいる。当時フジテレビのアナウンサーだった八木亜希子とは早稲田大学時代からの友人である。

局アナ時代[編集]

やがて『全日本プロレス中継』の実況に抜擢され「ジャストミート!!」(スタン・ハンセンウエスタン・ラリアット小橋建太ムーンサルトプレス川田利明の顔面蹴りが決まった瞬間)、「ファイヤー!!」(同様に三沢光晴のダイビング・エルボー)を連呼し、また番組内の「プ・プ・プ・プロレスニュゥ〜ス」のタイトルコールも印象的な『プロレス・ニュース』では福沢ジャストミート朗として白い鉢巻をするようになる。

1991年には、フリーとなった福留功男の後を引き継ぎ、『全国高等学校クイズ選手権』、『アメリカ横断ウルトラクイズ』の司会。鉢巻を巻きながら、日本テレビのバラエティ番組に数多く出演。その後『ズームイン!!サタデー』『ズームイン!!朝!』(後に『ズームイン!!SUPER』にリニューアル)の司会となる。

当時の日テレからの彼に対する期待は大きく、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』は逸見政孝(元フジテレビアナウンサー)から、『摩訶!ジョーシキの穴』は尊敬の念を抱く古舘伊知郎(元テレビ朝日アナウンサー)から司会を受け継いだ。

フリー転向[編集]

2005年6月30日付で日テレを退社し、翌7月1日付で番組制作会社のイースト系列の「イーストプロダクション」へ移籍した(現在は同社のマネジメント部門である「ノースプロダクション」所属)。アナウンサーの所属第1号だった。

同日にはニッポン放送高田文夫のラジオビバリー昼ズ』、7月6日には文化放送吉田照美のやる気MANMAN!』の2つの番組でゲスト出演する。2005年8月4日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の「新・食わず嫌い王決定戦」に出演。これが日テレ以外での初のテレビの仕事となる。また、とんねるずと久々に共演した。2005年8月27日、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)にゲストとして出演(この日は裏番組である日テレの『24時間テレビ28』とのコラボレーションを実施)。2005年9月19日テレビ番組DOORS!』(TBS、18:55 - 22:54放送)で日テレ以外のテレビ局で初の実況を務めた。2005年12月9日、『さんまのまんま』(関西テレビ)にゲスト出演。

2006年10月からTBS『ピンポン!』の総合司会となる。2008年5月5日放送のNHK総合テレビ『ママがのぞいた子どもの時間』で司会を担当。

人物[編集]

  • 身長181cm。
  • 歴代の『ズームイン!!』司会者で唯一『24時間テレビ』の総合司会の経験がない。
  • 趣味は卓球日本酒鉄道和菓子(自称「あんこマン」)[1]
  • 『高校生クイズ』の2代目総合司会者に就任した当初は、プロレス技に対して用いている「ジャストミート」を決め台詞として使う予定だった。しかし、番組スポンサーのライオンにとって最大のライバルである花王が「ジャスト」という洗剤を販売していたため、沖縄大会の開催前にライオンの関係者から「"ジャスト"ミートを使うな」と言われ、前任の福留の「燃えているか」を英語にして「ファイヤー!」に変更したという[2]

現在の出演番組[編集]

レギュラー番組[編集]

テレビ
雑誌
  • 卓球王国 『ジャストミート・ピンポン』 連載

不定期出演[編集]

テレビ

過去の出演番組[編集]

日本テレビ時代[編集]

情報・バラエティ
ドラマ
映画

フリー転向後[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

  • Kinect Sports - 日本語ナレーション

イベント[編集]

映画[編集]

MV[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

日テレの後輩アナウンサーを集めて2004年、「福澤一座」を結成。自ら書き下ろした脚本で演出も手がけ、演劇集団キャラメルボックスの協力で上演した。

著書[編集]

  • 麹町の翔んだいっぱい喰わせ者(日本テレビ、1992年10月) ISBN 978-4820392378
  • ジャストミートは目で殺す(ぴあ、1993年11月)
  • 昭和最後のアナウンサー(弘文堂、2003年10月) ISBN 978-4335950346
  • 声と言葉の教科書〜勝てる日本語・勝てる話し方〜(東京書籍、2009年7月) ISBN 978-4487802081
  • “また会いたい”と言わせる話し方、伝え方(講談社、2012年2月)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大人の週末2011年9月号
  2. ^ 福澤 『昭和最後のアナウンサー』 P134。ただし『QUIZ JAPAN Vol.5』(セブンデイズウォー 2015年12月)での日高大介との対談では「日本テレビ側の自主規制的な判断ということでNGワードとなった」と語っている。
  3. ^ 全日本プロレス中継退任後、12年ぶりのスポーツ実況
  4. ^ アイス「パピコ」CM発表会 白熱!“パピプペパピコゲーム””. 電通報 (2015年6月29日). 2015年7月3日閲覧。
  5. ^ ““トップアイドル”中居正広、福澤朗の寝起きドッキリ&楽屋突撃にも動じず”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077798/full/ 2016年9月2日閲覧。 
  6. ^ 著書「麹町の翔んだいっぱい喰わせ者」より。

外部リンク[編集]