プロ野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロ野球(プロやきゅう)とは、野球プロフェッショナルスポーツ(プロスポーツ)形態を指す言葉である。略さずに「プロフェッショナル野球」とも言う[1]。対義語は「アマチュア野球(アマ野球)」である。英語では「Professional Baseball(プロフェッショナル・ベースボール)」と表記される。

日本においては、特に日本野球機構(略称:NPB)によって統括されているリーグと米国カナダで主に行われるメジャーリーグベースボール(MLB,大リーグ)を指すが、単純に「プロ野球」とのみいう場合はNPBを表す場合が多い。また、1950年代あたりまで[2]は、「職業野球」(しょくぎょうやきゅう)と呼ばれていた(日本最初のプロ野球機構も1938年までは「日本職業野球連盟」だった)。

女子野球のプロスポーツ形態については、「女子プロ野球」(じょしプロやきゅう)と呼ばれる。

概要[編集]

他のプロスポーツ同様、試合を行うことで観客から入場料を徴収し、それを球団の利益ならびに選手の報酬としている。球団・選手とも野球を専業職とし、試合やそれに関連する収益で所得の全てを賄う。この点がアマチュア野球とは大きく異なる。プロ野球の球団は「プロ野球球団」「プロ野球チーム」と呼ばれ、選手は「プロ野球選手」と呼ばれる。

現代では入場料だけでなく、テレビやラジオでの試合中継による放映権料や、球団や選手関連グッズの売り上げ、ファンクラブ会費、球場で販売する飲食物の売り上げなど、野球に関連する様々な収入源が形成されている。これらの収益は球団が主体となって得た上で、その球団に所属する選手や職員へ報酬(給与)として分配される。プロ野球を管轄する組織が一括して収益を管理し、参加している球団に分配する国もある。

現代ではどの国のプロ野球も複数の球団でリーグを組み、リーグ戦を1チームあたり数十 - 百数十試合規模で実施している。複数リーグが存在する国では、リーグチャンピオン同士の対決も行われている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本プロフェッショナル野球組織日本プロフェッショナル野球協約
  2. ^ 『プロ野球大事典』〔玉木正之著。1990年3月25日新潮社より新潮文庫レーベルで発行。書籍コード:ISBN 4101070121〕P277の「しょくぎょうやきゅう」より参照。

関連項目[編集]