都道府県リーグ (サッカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都道府県リーグ (サッカー)
加盟国 日本の旗 日本
大陸連盟 アジアサッカー連盟
リーグレベル 第5(6)以下部
上位リーグ 地域リーグ

都道府県リーグ(とどうふけんリーグ)は、日本におけるサッカーのリーグの1つであり、Jリーグ日本フットボールリーグ地域リーグの下に位置する社会人サッカーのリーグ戦のカテゴリーをいう。

概要[編集]

各都道府県のサッカー協会が主管するリーグで、多くの都道府県においては都道府県リーグ自体が2部あるいは3部構成となっており、日本サッカー(男子・成人)のリーグ構成における最下位のカテゴリーに相当する[1]。なお、北海道では全道リーグが地域リーグ相当となるため、道内の各ブロック単位(札幌道央道南道東道北)でのブロックリーグが都道府県リーグに相当するリーグとなる。参加チームは日本サッカー協会を通じて各都道府県のサッカー協会にチーム登録を行い、同時に各都道府県の社会人サッカー連盟および全国社会人サッカー連盟に加盟することになる[1]。試合会場は各都道府県協会が設定するが、試合可能な会場が限られることもあり、各節ごとにセントラル方式で開催されることが多い。

新たにチームが設立された場合には都道府県リーグの最下位カテゴリに参戦することになるが、近年はJリーグ参加を目指すチームについては実力などを考慮し、当該都道府県内の最上位カテゴリーに「飛び級」昇格するケースもある(これは各都道府県サッカー協会の判断に委ねられる)。例えば沖縄県リーグではFC琉球沖縄SVが共に参加2年目に3部から1部へ昇格している。

昇降格について[編集]

各都道府県リーグの上位(おおむね1位ないしは2位)に入ると、各地域ごとに以下の大会への出場資格を得て、この大会で上位に入ると地域リーグへ昇格(地域リーグの下位が自動降格)となる。地域リーグ下位との間で入れ替え戦を行うケースもある。

都道府県リーグ内での昇降格は各リーグの記事を参照のこと。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 連盟概要”. 全国社会人サッカー連盟. 2016年11月19日閲覧。

外部リンク[編集]