Jリーグ U-17チャレンジカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Jリーグ U-17チャレンジカップ(ジェイリーグ・アンダー・セブンティーン・チャレンジカップ)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が主催する高校生年代の育成型チーム、いわゆるユース年代のうち、17歳以下の選手を対象としたリーグ戦である。

概要[編集]

開催にあたり[編集]

これまでJリーグの育成型組織(アカデミー)の大会としては、ユース年代の「Jユースカップ」、「Jリーグ U-16チャレンジリーグ」、ジュニアユース(中学生)を対象とする「Jリーグ U-14」、「Jリーグ U-13」といった大会を展開し、育成型組織から世界に通用する選手の育成と、国際大会出場機会の提供を促しているが、今大会はJリーグ U-16チャレンジリーグの2015年大会の成績上位チームに加え、アジア各国のユース年代のクラブチームを招待し、さらなる国際大会経験の強化とトップレベルの選手の成長機会の高揚を目指して開催する。

試合方式[編集]

  • 初日と2日目は予選リーグとして上記8チームを4チームずつ2組に分けて、1回戦総当たりを行う。試合は35分ハーフ(ハーフタイム5分)とし、勝ち点制(勝ち3、引き分け1、負け0。同勝ち点の場合は得失点差→総得点→当該チーム間の直接対決成績(勝ち点→得失点差→総得点)→抽選で決定)で順位を決める。
  • 3日目は順位決定(決勝)トーナメントを行う。各組の上位2チームは1-4位決定トーナメント、3位は5・6位決定戦、4位は7・8位決定戦をそれぞれ行い順位を決定する。試合は35分ハーフで、同点の場合は延長戦を行わず、PK戦で順位を決定する。
  • 1チームの登録人数は18人とし、交代人数の制限はなし。また交代選手がリエントリー(再出場)することも認める。出場資格 開催年17年前の1月1日以後出生の選手。

第1回(2015年)[編集]

概要[編集]

出場チーム[編集]

A組[編集]

B組[編集]

第2回(2016年)[編集]

概要[編集]

  • 会期 2016年9月17日-9月19日
  • 会場 堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター「J-GREEN堺」(堺市
  • 主催 日本プロサッカーリーグ

出場チーム[編集]

出典[編集]