全日本高等学校女子サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全日本高等学校女子サッカー選手権大会
開始年 1992年
主催 全国高等学校体育連盟
日本サッカー協会
参加チーム数 32
前回優勝 神村学園(3回目)
最多優勝 常盤木学園
藤枝順心(5回)
テンプレートを表示

全日本高等学校女子サッカー選手権大会(ぜんにほんこうとうがっこうじょしサッカーせんしゅけんたいかい、全日本高校女子サッカー選手権)は、高校女子サッカー部の頂点を決めるサッカーの大会。

概要[編集]

1992年に第1回が神戸市で開催された。第13回(2004年)からは7月末頃に磐田市で継続開催され、決勝戦はヤマハスタジアム(第21回のみ磐田スポーツ交流の里・ゆめりあサッカーグラウンド)で行われていた。

2005年からは「スポーツ拠点づくり推進事業」に承認されている。

2009年には全国高等学校体育連盟サッカー専門部女子部会が設立され、2012年に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会としての種目が採用されたため、2012年度から翌年1月開催に変更[1]。2014年度から全国高等学校体育連盟が主催に加わって全国高等学校選抜大会扱いになり、再び神戸市を中心とする兵庫県で開催されている[2]

スポンサー[編集]

(2021年度)[3]

試合会場[編集]

(2021年度)[3]

1回戦
2回戦
  • 三木総合防災公園:陸上競技場、第2陸上競技場、みきぼうパークひょうご第1球技場、みきぼうパークひょうご第2球技場
準々決勝
  • 三木総合防災公園:陸上競技場、同第2陸上競技場
準決勝・決勝

競技方式[編集]

  • ノックアウト方式(3位決定戦なし)
  • 準々決勝まで40分ハーフ(ハーフタイム10分)→同点の場合はPK戦
  • 準決勝・決勝は45分ハーフ(ハーフタイム15分)
  • 準決勝は同点の場合は即PK戦、決勝は同点の場合は20分間の延長戦→さらに同点の場合はPK戦

テレビ放送[編集]

2012年度(第21回)よりTBS系列(一部地域のみ)・BS-TBSTBSチャンネル2運動通信社運営のスポーツブルで試合の中継放送や大会ダイジェスト番組が放送されている。

  • TBS系列
基本は関東ローカルだが、1回戦~準々決勝までは当日の夕方にダイジェスト番組を放送、準決勝・決勝は一部系列局で試合中継を行う[4]第24回では決勝戦を初めて全国ネットで放送した。[5]
  • BS-TBS
第21回大会は1回戦~準々決勝の各1試合を録画中継放送していたが、第22回大会は1回戦~決勝戦までいずれも当日夜ダイジェスト版での放送となった。第23回は準決勝の第1試合を生中継、他は前年同様ダイジェスト番組を放送。
第23回大会では全国大会に先駆けて行われた地域予選3大会の代表決定戦(関東・茨城県、東海・三重県、関西・滋賀県のダイジェスト版を放送した。[6]
  • TBSチャンネル2(通常は有料放送だが、第22回の全ての試合開催時刻、および第23回は2回戦に当たる1月4日に限り無料開放放送となる)
1回戦~準々決勝の全試合を中継放送[7]
  • スポーツブル
1回戦~決勝の全試合の模様を生中継している。試合後は有料配信。その他春高バレー同様大会パスもある。

出場枠[編集]

9地域から32校が参加、2016年度以降は下記の通り。

  • 北海道:2校
  • 東北:3校
  • 関東:7校
  • 北信越:3校
  • 東海:3校
  • 関西:4校
  • 中国:3校
  • 四国:2校
  • 九州:4校
  • 開催地域(通常は兵庫県)より1校

結果[編集]

年度 決勝戦 開催地
優勝校 結果 準優勝校
1 1992年 聖和学園 宮城 1 - 0 埼玉 埼玉 神戸
2 1993年 本庄第一 埼玉 3 - 1 啓明女学院 兵庫 神戸
3 1994年 埼玉 埼玉 2 - 1 啓明女学院 兵庫 神戸
4 1995年 埼玉栄 埼玉 2 - 1 埼玉 埼玉 神戸
5 1996年 埼玉 埼玉 5 - 1 啓明女学院 兵庫 神戸
6 1997年 啓明女学院 兵庫 3 - 0 埼玉 埼玉 神戸
7 1998年 聖和学園 宮城 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
神村学園 鹿児島 神戸
8 1999年 湘南女子 神奈川 4 - 2 神村学園 鹿児島 神戸
9 2000年 啓明女学院 兵庫 1 - 0 湘南学院 神奈川 神戸
10 2001年 聖和学園 宮城 1 - 1 aet
(PK 5 - 3)
湘南学院 神奈川 神戸
11 2002年 常盤木学園 宮城 2 - 0 聖和学園 宮城 磐田
12 2003年 鳳凰 鹿児島 1 - 0 常盤木学園 宮城 越谷/妻沼
13 2004年 神村学園 鹿児島 2 - 1 常盤木学園 宮城 磐田
14 2005年 神村学園 鹿児島 3 - 3 aet
(PK 4 - 3)
常盤木学園 宮城 磐田
15 2006年 藤枝順心 静岡 2 - 1 常盤木学園 宮城 磐田
16 2007年 鳳凰 鹿児島 3 - 1 神村学園 鹿児島 磐田
17 2008年 常盤木学園 宮城 0 - 0 aet
(PK 5 - 3)
鳳凰 鹿児島 磐田
18 2009年 常盤木学園 宮城 3 - 1 神村学園 鹿児島 磐田
19 2010年 日ノ本学園 兵庫 1 - 0 常盤木学園 宮城 磐田
20 2011年 常盤木学園 宮城 3 - 1 大阪桐蔭 大阪 磐田
21 2012年 常盤木学園 宮城 2 - 0 神村学園 鹿児島 磐田
22 2013年 日ノ本学園 兵庫 4 - 1 藤枝順心 静岡 磐田
23 2014年 日ノ本学園 兵庫 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
常盤木学園 宮城 神戸
24 2015年 藤枝順心 静岡 3 - 2 神村学園 鹿児島 神戸
25 2016年 十文字 東京 1 - 0 大商学園 大阪 神戸
26 2017年 藤枝順心 静岡 2 - 0 作陽 岡山 神戸
27 2018年 星槎国際湘南 神奈川 1 - 0 常盤木学園 宮城 神戸
28 2019年 藤枝順心 静岡 1 - 0 神村学園 鹿児島 神戸
29 2020年 藤枝順心 静岡 3 - 0 作陽 岡山 神戸
30 2021年 神村学園 鹿児島 3 - 0 日ノ本学園 兵庫 神戸

得点王[編集]

選手 得点数 試合数 所属校 成績 進路
19 道上彩花 5 常盤木学園 準優勝 INAC神戸レオネッサ
20 10 5 優勝
21 星山彩香 8 2 大谷室蘭 ベスト16 武蔵丘短期大学
22 入江未希 8 5 日ノ本学園 優勝 ベガルタ仙台レディース
23 白木星 7 5 常盤木学園 準優勝 浦和レッズ・レディース
24 児野楓香 6 5 藤枝順心 優勝 日本体育大学
25 平川杏奈 8 4 修徳 3位 ニッパツ横浜FCシーガルズ
26 小林和音 6 4 福井工大福井 3位 武蔵丘短期大学
27 福永季和 7 4 東海大福岡 3位 帝京平成大学
28 片山由菜 4 4 修徳 3位 ニッパツ横浜FCシーガルズ
小畑羅南 3 鳴門渦潮 ベスト8 東京国際大学
29 窓岩日菜 4 5 藤枝順心 優勝 日体大SMG横浜
末次結依 4 帝京長岡 3位 (在籍中)
30 三冨りりか 4 5 神村学園 優勝
篠田帆花 日ノ本学園 準優勝

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 大会概要 ~今年度より冬開催が決定~”. JFA. (2012年9月27日). http://www.jfa.or.jp/match/topics/2012/92.html 2012年9月27日閲覧。 
  2. ^ “全日本高等学校女子サッカー選手権大会の神戸市等での開催”. 神戸市. (2013年12月24日). http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2013/12/20131224840801.html 2014年1月16日閲覧。 
  3. ^ a b 大会要項|第30回全日本高等学校女子サッカー選手権大会|JFA.jp” (日本語). JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2022年1月9日閲覧。
  4. ^ 。TBSのほか第22回までの開催地の地元だったSBSテレビで準決勝の第2試合と決勝を生中継、並びに準決勝・決勝に進出した地元の系列局では当該試合を放送した。MBCは第21回決勝が同日夕方にダイジェスト版、第22回準決勝が第1試合のみ録画中継にて放送、MBSは第22回決勝(兵庫県の日ノ本学園決勝進出し優勝)を1月17日深夜録画中継にて放送された。また第23回(同左)は開催地の地元局であるMBSテレビでは放送予定がないため、同局協力による事実上の裏送りにより、準決勝の第2試合をニアライブ、決勝戦を生中継にて放送された
  5. ^ MRT日本テレビを主幹局とする全国高等学校サッカー選手権大会(こちらは男子選手)のTBS系での唯一の参加局であるため、年によっては女子の決勝の翌日に男子の決勝を放送する場合がある
  6. ^ 関西大会については後日MBSでも近畿ローカルにて放映された
  7. ^ 試合によって生放送と録画放送が分かれる

関連項目[編集]

外部リンク[編集]