兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場
"三木総合防災公園陸上競技場"
バックスタンドからメインスタンドを望む
兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場の位置(兵庫県内)
兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場
施設情報
所在地 三木市志染町三津田
開場 2005年8月
使用チーム、大会
収容能力
約2万人

兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場(ひょうごけんりつみきそうごうぼうさいこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、兵庫県三木市にある兵庫県立三木防災公園のスポーツゾーンの中核施設として2005年に竣工した陸上競技場である。

概要[編集]

同公園はその名前が示すとおり、地震台風などの大規模災害が発生した場合の防災拠点としても利用されることを目的に、また普段からも市民のレクリエーション活動の拠点として活用できるように設営されている。

陸上競技場は兵庫県下では神戸総合運動公園ユニバー記念競技場尼崎市記念公園陸上競技場姫路市立陸上競技場兵庫県立明石公園陸上競技場加古川運動公園陸上競技場に次ぐ6箇所目の日本陸上競技連盟第1種公認の競技場で、陸上競技大会やJリーグの開催にも充分対応することができるように設計されている。なお、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場尼崎市記念公園陸上競技場姫路市立陸上競技場兵庫県立明石公園陸上競技場は、2017年4月より日本陸上競技連盟第2種公認競技場となっている。Jリーグではこれまでヴィッセル神戸セレッソ大阪が過去に使用。さらに2015年からは、全日本高等学校女子サッカー選手権大会の主要会場として使用されている。

施設概要[編集]

  • 収容人員 2万人
    • 建築面積 - 約17,093平方メートル
    • 延床面積 - 約16,322平方メートル
  • 400mトラック9レーン
  • 天然芝フィールド
  • メインスタンド - 鉄筋コンクリート造3階建
  • 照明設備
  • 補助競技場(第3種公認)

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度46分58秒 東経135度03分14秒 / 北緯34.78278度 東経135.05389度 / 34.78278; 135.05389