全国少年少女草サッカー大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国少年少女草サッカー大会
開始年 1987
前回優勝 男子:清水エスパルスU-12(1回目)
女子:クワトロガールズFC(1回目)
(2017年)
最多優勝 男子:清水FC(13回)
女子:バディFC(5回)
サイト 全国少年少女草サッカー大会
テンプレートを表示

全国少年少女草サッカー大会(ぜんこくしょうねんしょうじょくさサッカーたいかい)は、日本サッカー協会第4種(小学生年代で主にクラブチーム)チームを対象としたサッカー大会である。日本サッカー協会、一般財団法人静岡県サッカー協会、朝日新聞社静岡市、NPO法人清水サッカー協会、静岡サッカー協会の主催[1]。「全国どこからでも、どんなチームでも」「勝っても負けても最終日まで」などを理念としている[1][2]1987年に第1回男子の部大会が開催され、1988年の第2回より女子の部もスタートした。

最多優勝は、男子チームが清水FCの13回、女子チームがバディFCの5回である。

歴代優勝チーム[編集]

男子の部[編集]

出典[3]
  • 1987年:清水FCライオン
  • 1988年:古河市サッカー少年団
  • 1989年:清水FC
  • 1990年:古河市サッカー少年団
  • 1991年:清水FC
  • 1992年:船橋FC
  • 1993年:清水FC
  • 1994年:清水FC
  • 1995年:清水FC6年
  • 1996年:清水FC6年
  • 1997年:清水FC6年
  • 1998年:ハンソル小学校
  • 1999年:清水FC6年
  • 2000年:硯村初等学校
  • 2001年:清水FC6年

女子の部[編集]

出典[3]
  • 1988年:豊津第二小学校
  • 1989年:有度二小女子サッカー部
  • 1990年:木屋サッカークラブ
  • 1991年:新林レディース
  • 1992年:木屋サッカークラブ
  • 1993年:FC今宿レディーフィーバーズ
  • 1994年:台湾立農國小女生足球隊
  • 1995年:FC今宿レディーフィーバーズ
  • 1996年:宇都宮JFCジュペニール
  • 1997年:林間SCレモンズ
  • 1998年:宇都宮JFCジュペニール
  • 1999年:宇都宮JFCジュペニール
  • 2000年:林間SCレモンズ
  • 2001年:熊本ユナイテッドSCエーマ
  • 2002年:清水第八SC少女部
  • 2003年:京畿利川初等
  • 2004年:横浜SC つばさ
  • 2005年:MELSA熊本FCボニータ
  • 2006年:静岡TC
  • 2007年:バディFC
  • 2008年:静岡TC
  • 2009年:バディFC
  • 2010年:名古屋FCレディース
  • 2011年:バディFC
  • 2012年:名古屋FCレディース
  • 2013年:名古屋FCレディース
  • 2014年:丸岡RUCKガールズ
  • 2015年:バディFC
  • 2016年:バディFC
  • 2017年:クワトロガールズFC

脚注[編集]

  1. ^ a b 2016年度第30回全国少年少女草サッカー大会(静岡県)優勝は男子・高槻南!!女子・バディFC!!”. ジュニアサッカーNEWS (2016年8月16日). 2016年9月22日閲覧。
  2. ^ 全国少年少女草サッカー大会”. 静岡市 (2015年3月26日). 2016年9月22日閲覧。
  3. ^ a b 過去の大会記録”. 全国少年少女草サッカー大会. 2016年9月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]