全国社会人サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国社会人サッカー選手権大会
開始年 1965年
主催 日本サッカー協会
全国社会人サッカー連盟
参加チーム数 32
前回優勝 三菱水島FC
最多優勝 ホンダルミノッソ狭山(3回)
サイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

全国社会人サッカー選手権大会(ぜんこくしゃかいじんサッカーせんしゅけんたいかい)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と日本フットボールリーグ(JFL)の所属チームを除く(すなわち、地域リーグ以下の)日本サッカー協会第1種登録の社会人チームを対象として毎年10月頃に開催されるオープントーナメント大会である。略して全社と称されることも多い[1][2]

歴史と概要[編集]

実業団チームの全国大会として毎年開催されていた全日本実業団選手権に代わる大会として、日本サッカーリーグ(JSL)と共に1965年に創設された。大会優勝・準優勝チームにJSL下位チームとの入れ替え戦出場権が与えられた為、各地域の社会人チームがJSL参戦を目指し争ったが、次第に各地域リーグが創設・整備されていった事から、入れ替え戦出場の権利は1977年に創設された全国地域リーグ決勝大会(現・全国地域サッカーチャンピオンズリーグ=地域CL)に引き継がれ、本大会は次年度国民体育大会開催地の競技運営リハーサル大会として位置づけられる機会が増えた[注 1]

プロリーグであるJリーグが誕生し、アマチュアの頂点である日本フットボールリーグ(JFL)、その下の地域リーグとのピラミッド体制が整備されて以降は、単なるアマチュアの一大会である本大会の存在意義は薄れてきていたが[要出典]、2006年大会から、上位進出チーム(2006年・2007年は1チーム、2008年-2011年は2チーム、2012年から3チーム)に地域CLへの出場権が与えられたことにより状況が変化。地域CLへの出場権を獲得できなかった地域リーグ所属クラブによる「JFL昇格へのラストチャンス」[1]あるいは都道府県リーグからの「JFL飛び級昇格」[要出典]を目指す戦いとなり、熱戦が繰り広げられている。

開催方式[編集]

第52回大会(2016年)の要項は以下の通り[4]

  • 以下の方式で選考された32チームによるノックアウトトーナメントで実施される。
    • 全国9地域の社会人サッカー連盟に対して、1チームの出場枠を割り当てる。(計9チーム)
    • 前年度の各地域の全社連登録数により、22チーム分の出場枠を比例配分で割り当てる。
    • 各地域では以下の大会を実施して出場チームを決定する。
      • 北海道:全道社会人サッカー選手権大会(予選を実施した各地区協会代表と前年度優勝チーム・開催地区代表によるトーナメント)
      • 東北:東北予選会(東北リーグ1部10チーム+各県代表6チームによるトーナメント)
      • 関東:関東予選(関東リーグ1部・2部20チーム+都県代表12チーム〔埼玉・東京が3チーム、それ以外の6県が1チームずつ〕を6ブロックに分けたトーナメント)
      • 北信越:北信越大会(前年度北信越リーグ優勝チーム+各県代表4チーム+開催県代表によるトーナメント)
      • 東海:東海予選(各県代表16チーム〔静岡6チーム、愛知4チーム、岐阜・三重3チーム〕を4ブロックに分けたトーナメント)
      • 関西:関西大会(関西リーグ1部前期上位5チーム+関西リーグ2部前期上位2チーム+府県代表13チーム〔兵庫5チーム、京都3チーム、大阪2チーム、和歌山・奈良・滋賀が1チームずつ〕を5ブロックに分けたトーナメント)
      • 中国:中国地域予選会(前年度中国リーグ上位4チーム+各県代表12チーム〔岡山・広島2チーム、鳥取・島根・山口が1チームずつ〕を3ブロックに分けたトーナメント)
      • 四国:四国大会(各県代表8チーム〔4県が2チームずつ〕によるトーナメント)
      • 九州:九州社会人サッカー選手権大会(九州リーグ代表4チーム+各県代表8チームによるトーナメント)
    • 開催都道府県サッカー協会に1チームの出場枠を割り当てる。
      • 第52回大会は愛媛県開催のため、四国大会愛媛県予選の最上位チームが出場。
  • 1回戦から決勝戦・3位決定戦まで5日間連続で試合が行われる(従って、準決勝進出チームは5日間で5連戦となる)。
  • 試合は40分ハーフの前後半(80分)。同点の場合は延長戦(20分)、PK戦で勝敗を決定する。
  • 上位3チームには全国地域サッカーチャンピオンズリーグの出場権が与えられるが、これらのチームがすでに出場権を獲得済みの場合、4位チームまで出場権が繰り下げられる。

結果[編集]

  • 第12回(1976年)までにおける枠枠表記は、JSL昇格チーム (大会後に行われる入替戦に勝利)。
  • 第42回(2006年)以降における枠枠表記は、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(旧・全国地域サッカーリーグ決勝大会)出場権獲得チーム。※は、地域リーグ優勝もしくはJFA優遇措置により地域決勝出場権獲得済みのチーム。
年度 優勝 結果 準優勝 開催地
1 1965年 日本鋼管 (関東) 3 - 1 浦和サッカークラブ (関東)[注 2] 別府市
2 1966年 浦和サッカークラブ (開催県) 1 - 0 日本鋼管 (関東) 大宮市
3 1967年 名古屋相互銀行 (東海) 4 - 1 トヨタ自動車工業 (東海) 横浜市
4 1968年 トヨタ自動車工業 (東海) 1 - 0 浦和サッカークラブ (関東) 島原市
5 1969年 甲府クラブ (関東)
浦和サッカークラブ (関東)
1 - 1 aet (両チーム優勝) 遠野市
6 1970年 トヨタ自動車工業 (東海) 1 - 0 甲府クラブ (関東) 藤枝市
7 1971年 藤和不動産 (関東) 1 - 0 田辺製薬 (関西)[注 3] 佐賀市
8 1972年[注 4] 永大産業 (中国) 5 - 0 帝人松山 (四国) 市原市
9 1973年 住友金属 (関西) 2 - 1 茨城日立 (関東) 日立市
10 1974年 本田技研 (東海) 3 - 0 ヤンマークラブ (関西) 鹿児島市
11 1975年 ヤンマークラブ (関西) 3 - 1 古河電工千葉 (関東) 静岡市
12 1976年 日産自動車 (関東) 1 - 0 大日日本電線 (関西) 神奈川
13 1977年 東芝堀川町 (関東) 2 - 0 電電近畿 (関西) 大阪
14 1978年 埼玉教員 (関東) 2 - 0 兵庫教員団 (関西) 延岡市
15 1979年 東邦チタニウム (関東) 2 - 0 マツダオート広島 (中国) 栃木
16 1980年 大日日本電線 (関西) 2 - 0 大阪ガス (関西) 滋賀
17 1981年 電電関東 (関東) 2 - 1 茨城日立 (関東) 島根
18 1982年 大阪ガス (関西) 3 - 1 静岡ガス (東海) 群馬
19 1983年 松下電器 (関西) 5 - 0 電電近畿 (関西) 奈良
20 1984年 京都府警 (関西) 2 - 1 清水クラブ (東海) 鳥取
21 1985年 NTT関西 (関西)
山梨選抜 (開催県)
1 - 1 (両チーム優勝) 山梨
22 1986年 古河電工千葉 (関東) 4 - 3 東京ガス (関東) 沖縄
23 1987年 秋田市役所 (東北) 1 - 0 古河電工千葉 (関東) 京都
24 1988年 京都紫光 (関西) 2 - 0 マツダオート広島 (中国) 北海道
25 1989年 中央防犯 (東海) 2 - 0 古河電工千葉 (関東) 春日市
26 1990年 中央防犯 (東海) 3 - 1 茨城日立 (関東) 金沢市
27 1991年 PJMフューチャーズ (東海) 2 - 0 西濃運輸 (東海) 鶴岡市
28 1992年 PJMフューチャーズ (東海) 2 - 0 日本電装 (東海) 高松市
29 1993年 横河電機 (関東) 3 - 2 YKK (北信越) 愛知
30 1994年 茨城日立 (関東) 1 - 0 北陸電力 (北信越) 福島
31 1995年 プリマハムFC土浦 (関東) 1 - 0 アルビレオ新潟FC (北信越) 広島
32 1996年 教育研究社FC (関西) 1 - 1 aet
(PK 4 - 3)
プリマハムFC土浦 (関東) 高槻市
33 1997年 横河電機 (関東) 1 - 0 aet 本田技研ルミノッソ狭山 (関東) 藤沢市
34 1998年[注 5] NTT九州 (九州) 3 - 0 北海道電力 (北海道) 熊本
35 1999年[注 6] 本田技研 (JFL) 4 - 0 ソニー仙台 (JFL) 富山市岩瀬球
36 2000年 佐川急便東京SC (関東) 3 - 2 佐川印刷 (関西) 仙台市仙台S
37 2001年 佐川急便大阪SC (関西) 2 - 1 aet
(Vゴール)
本田技研ルミノッソ狭山 (関東) 南国市
38 2002年 沖縄かりゆしFC (九州)
本田技研ルミノッソ狭山 (関東)
0 - 0 aet (両チーム優勝) 静岡市・日本平
39 2003年 ホンダルミノッソ狭山 (関東) 3 - 0 静岡FC (東海) さいたま市・埼玉S
40 2004年[注 7] ホンダルミノッソ狭山 (関東)
沖縄かりゆしFC (九州)
0 - 0[注 8] (両チーム優勝) 岡山市岡山総
41 2005年[注 9] ロッソ熊本 (九州)
新日鐵大分 (九州)
2 - 2 aet (両チーム優勝) 神戸市神戸ウ
42 2006年[注 10] V・ファーレン長崎 (九州) 1 - 0 静岡FC (東海) にかほ市仁賀保運
43 2007年 FC Mi-O びわこ Kusatsu (関西) 3 - 1 矢崎バレンテ (東海) 大分市九石D
年度 優勝 結果 準優勝 3位 結果 4位 最終日開催地
44 2008年[注 11] AC長野パルセイロ (北信越) 2 - 1 NECトーキン (東北)[注 12] ホンダロック (九州) 1 - 0 松本山雅FC (北信越) 新潟市東北電S
45 2009年 松本山雅FC (北信越) 2 - 1 ツエーゲン金沢 (北信越) tonan前橋 (関東) 2 - 1 aet AC長野パルセイロ (北信越) 市原市市原臨
46 2010年[注 13] カマタマーレ讃岐 (四国) 2 - 0 AC長野パルセイロ (北信越) SC相模原 (関東) 5 - 1 福島ユナイテッドFC (東北) 下関市下関陸
47 2011年[注 14] 東京23FC (関東) 1 - 0 SC相模原 (関東) shizuoka.藤枝MYFC (東海) 2 - 1 愛媛FCしまなみ (四国)[注 12] 大垣市浅中陸
48 2012年[注 15] FC KOREA (関東) 1 - 0 aet 福島ユナイテッドFC (東北) ファジアーノ岡山ネクスト (中国) 1 - 0 バンディオンセ加古川 (関西) 調布市味スタ
49 2013年[注 16] レノファ山口 (中国) 1 - 1 aet
(PK 5 - 4)
グルージャ盛岡 (東北) FC岐阜SECOND (東海)[注 12] 3 - 1 ジョイフル本田つくばFC (関東) 島原市島原陸
50 2014年 FC大阪 (関西) 2 - 0 クラブ・ドラゴンズ (関東) VONDS市原 (関東) 1 - 0 三菱重工長崎SC (九州) 上富田町上富田球
51 2015年 アルテリーヴォ和歌山(関西) 1 - 1 aet
(PK 5 - 3)
阪南大クラブ(関西) バンディオンセ加古川(関西) 1-0 ラインメール青森(東北) 盛岡市盛岡南球A
52 2016年 三菱水島FC(中国) 2 - 2 aet
(PK 5 - 3)
鈴鹿アンリミテッドFC(東海) ヴィアティン三重(東海) 2-1 ジョイフル本田つくばFC(関東) 西条市ひうち陸
53 2017年             福井
54 2018年             茨城

本大会からJFLへ昇格したチーム[編集]

上位入賞チーム(当初は優勝のみ)に対する全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(旧・地域リーグ決勝大会)出場権の制度が取り入れられた2006年・第42回大会以後(本大会前に地域リーグ決勝大会出場権獲得済のチームは除く)。

  • FC Mi-O びわこ Kusatsu(現・MIOびわこ滋賀) - 2007年・第43回大会優勝後、地域リーグ決勝大会3位。しかしJ2参加チームの発生によりJFLへ自動昇格。
  • ホンダロック - 2008年・第44回大会3位。しかし優勝したAC長野パルセイロが既に北信越1部リーグで優勝し地域リーグ決勝大会出場権を獲得していた事と、NECトーキンサッカー部が地域リーグ決勝大会参戦を辞退したため、繰上げで地域リーグ決勝大会に出場。そこでも3位に終わったが、J2参加チームの発生によりJFLへの自動昇格が認められる。
  • 松本山雅FC - 2009年・第45回大会優勝後、地域リーグ決勝大会1位でJFLへ昇格。(その後2012年からJ2リーグへ昇格し、同制度を利用したJリーグ昇格第1号となった)
  • ツエーゲン金沢 - 2009年・第45回大会準優勝後、地域リーグ決勝大会3位。その後行われたJFL・地域リーグ入れ替え戦においてFC刈谷を下してJFLへ昇格。(その後、2014年からJ3リーグへ昇格)
  • FC大阪 - 2014年・第50回大会優勝後、地域リーグ決勝大会2位でJFLへ昇格。
  • クラブ・ドラゴンズ(現・流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎) - 2014年・第50回大会準優勝後、地域リーグ決勝大会3位。J3参加チームの発生によりJFL昇格が認められる。これにより、地域リーグ2部以下所属のチーム(当時関東2部)が全社を経由してJFLへ飛び級昇格した史上初のチームとなった。
  • ラインメール青森 - 2015年・第51回大会4位。しかし優勝したアルテリーヴォ和歌山が既に関西1部リーグで優勝し地域リーグ決勝大会出場権を獲得していたため、繰上げで地域リーグ決勝大会に出場。地域リーグ決勝大会1位でJFLへ昇格。
  • ヴィアティン三重 - 2016年・第52回大会3位入賞後、地域CL2位でJFLへ昇格。

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ 実際に、1978年の第14回大会以降はすべて翌年の国体サッカー競技の開催地で行われており、「国体リハーサル大会」と明言されて開催される年も少なくない[3]
  2. ^ 浦和クラブは入替戦を辞退
  3. ^ 翌年新設のJSL2部に田辺製薬他、計10チームが参加
  4. ^ 次年度のJSL拡大に伴い優勝・準優勝とも自動昇格
  5. ^ この年の優勝・準優勝チームは地域決勝大会出場権を獲得
  6. ^ この年のみJFL所属7チームも参加 (横浜FCは不参加)
  7. ^ 延長戦でのVゴール制はこの年をもって廃止
  8. ^ 台風のため延長戦は無し
  9. ^ 決勝戦での引き分け制はこの年をもって廃止
  10. ^ この年以降、優勝チームは地域決勝大会出場権を獲得
  11. ^ 地域決勝大会出場権が最大2チームになると共に、3位決定戦が行われる様になった
  12. ^ a b c 地域決勝大会への出場を辞退。
  13. ^ 全社からの地域決勝大会出場が1チームとなったため、残り1枠は地域リーグの全国の参加クラブの配分比率でトップの関東リーグで2位だったさいたまSCが繰り上がりで獲得。
  14. ^ 全社からの地域決勝大会出場が1チームとなったため、残り1枠は関西1部2位のバンディオンセ加古川が繰り上がりで獲得(前年の社会人連盟登録チーム数の多い地域順の巡回で関西に回ったため)。
  15. ^ 地域決勝大会出場権が上位3チームに拡大
  16. ^ 全社からの地域決勝大会出場が2チームとなったため、残り1枠は九州2位のFC KAGOSHIMAが繰り上がりで獲得(前年の社会人連盟登録チーム数の多い地域順の巡回で九州に回ったため)。

出典[編集]

  1. ^ a b “サウルコス、JFL昇格消える 全社2回戦敗退、地域CL出場逃す”. 福井新聞. (2016年10月24日). http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/saurcos/107425.html 2016年10月26日閲覧。 
  2. ^ 宇都宮徹壱 (2016年10月23日). “過酷なトーナメントに臨むFC今治 全社の向こう側に見据える地域CL”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2016年10月26日閲覧。
  3. ^ 一例として希望郷いわて国体サッカー競技リハーサル大会の決勝戦を生中継します!!”. 希望郷いわて国体盛岡市実行委員会 (2015年10月21日). 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ 大会要項”. 日本サッカー協会. 2016年8月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]