FC刈谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FC刈谷
原語表記 フットボールクラブ刈谷
呼称 FC刈谷
クラブカラー      白、    
創設年 1946年
所属リーグ 東海社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 愛知県刈谷市
ホームスタジアム
06kariya7.jpg
刈谷市総合運動公園多目的グラウンド
収容人数 4,000
運営法人 特定非営利活動法人かえるスポーツクラブ
代表者 長谷迅[1]
監督 ブラジルの旗 ビラ・ヴェイガポルトガル語版
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
かえるスポーツクラブ
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
専門分野 教育系 (スポーツ)
設立日 2006年2月10日 (法人認証日)
代表者 長谷迅[1]
活動地域 愛知県
主な事業 サッカークラブ運営、地域スポーツ振興
郵便番号 448-0003
事務所 愛知県刈谷市一ツ木町8-11-12
テンプレートを表示

FC刈谷(エフシーかりや)は、愛知県刈谷市を本拠地とする社会人サッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

概要[編集]

1949年日本電装サッカー部として創設され、2006年にクラブ化すると共にFC刈谷へ名称を変更した。本拠地は刈谷市総合運動公園多目的グラウンド(愛称:ウェーブスタジアム刈谷)。練習場所としてジェイテクトグラウンドや刈谷市総合運動公園内にある運動広場、同じく同公園内にある人工芝(日によっては隣接する天然芝)のグリーングラウンド刈谷を使用している。運営母体は特定非営利活動法人かえるスポーツクラブである。

歴史[編集]

日本電装・デンソー (1949年-2005年)[編集]

1949年日本電装サッカー部として創設。東海社会人リーグを中心に上位に君臨したが、1995年度の地域リーグ全国決勝大会(1996年1月開催)で優勝し、ジャパンフットボールリーグへ昇格した。また、同年にデンソーへの社名変更に伴いデンソーサッカー部にチーム名も変更した。

2000年は3位に入り、2001年には徳重隆明日本フットボールリーグの年間得点王を獲得した。

FC刈谷(2006年 - )[編集]

2005年限りでデンソーサッカー部が休部することに伴って、チームの移管を受けて2006年度よりクラブ化すると共にFC刈谷へ名称を変更した[2]。また、運営母体として特定非営利活動法人かえるスポーツクラブが発足した。

2007年の目標を「TOP3」と掲げた安原成泰監督だったが、シーズン前期は下位に沈む。前期終了後に「退任を起爆剤として選手達にはプライドを持ってやりきってもらいたい」を理由に安原監督と服部順一GM(刈谷市出身)、コーチ2人が退任。後任監督にFC刈谷の選手であった浮氣哲郎。浮氣は監督を就任したときに選手としては引退した。しかしその後も成績は振るわず、16位で2007年シーズンを終えた。

2008年、浮氣が引き続き監督を続投。目標は「勝点52」を掲げる。GK石川扶、DF松田勉、DF石川高大、DF田上裕と守備陣がほとんど入れ替わったことや浮氣監督の指導がチームに浸透したこともあり、前年度と比べ失点数が59から40に減り、負け数も22から9まで減らした。結果、目標勝点52に一歩及ばない51まで伸ばした。順位も2007年の16位から8位まで躍進した。シーズン終了後主力7人がチームから離れた。

2009年からはかつてFC東京でFWとして活躍したアマラオをコーチとして迎え、またFC東京から池上礼一を完全移籍で、FC岐阜より3選手を期限付き移籍で獲得し上位を目指したが、昨年チーム得点王だった平林輝良寛原賀啓輔の二桁得点者の抜けた穴が大きく開幕当初から決定力不足(最終的にチームの得点26はリーグワーストタイ)に陥り、4月5日の町田ゼルビア戦の勝利以降勝ちがなくなった。その間に5月31日のガイナーレ鳥取戦から8月2日のソニー仙台戦まで10連敗(6試合連続無得点)を喫した。そのため急遽アマラオが選手として復帰することとなった。またシーズン途中で前年まで主力だった篠川雅仁を呼び戻したり、FC岐阜から車東訓を期限付きで、神奈川大学から大石治寿、さらに東海学園大学から在学中の3選手を獲得した[3](なお、うち2人は11月をもってFC刈谷を退団。九州リーグMSU FCへ移籍した。)。しかし、その後も伸び悩み9月12日の鳥取戦に4-2で勝利するまで、21試合連続未勝利となった。鳥取戦以降は5勝3分1敗と持ち直したものの、17位の成績。入れ替え戦に出場したがツエーゲン金沢に敗れて、15年ぶりに東海リーグへの降格となった。

シーズン終了後に浮氣哲郎の監督退任とコーチ兼任だったアマラオ2010年からの監督就任が発表された。また5選手が2009年をもって退団あるいは引退、池上礼一もシーズン途中に負った怪我の具合が思わしくなく退団、FC岐阜から期限付き移籍中の4選手も契約満了で退団となった(FC岐阜からも戦力外で退団となった。その後姜曉一とは2010年2月にFC刈谷へ完全移籍で再加入した)。

2010年は9選手が新たにFC刈谷の一員として加わり、また加藤知弘西原拓己がコーチ兼任としてアマラオ監督を支えることとなり、一年でのJFL復帰をめざすことになった。しかし、敗戦は1敗のみであったが引き分けが多く優勝したshizuoka.藤枝MYFCに一歩及ばず2位でリーグ戦を終えて、一年でのJFL復帰はならなかった[4]。さらに財政難でクラブの存続が危機的であることが明らかになった[5] が、2011年もチームが存続することが決まった[6] ことから運営費を削減、プロ契約の監督だったアマラオがリーグ戦終了後に退団となり、コーチ兼任だった加藤知弘が現役引退して、2011年より監督就任が発表された。また10選手が退団した。

2015年に東海リーグで優勝。第39回全国地域サッカーリーグ決勝大会は4位に入賞した。2016年は開幕から14戦負けなしで首位を独走、リーグ2連覇を達成したが、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016は1次ラウンドで敗退。2018年は新オーナーにデンソーサッカー部時代に在籍していた選手OBでもある投資家・実業家の長谷迅が就く。同年、第54回全国社会人サッカー選手権大会で準優勝し、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018出場権を獲得。同大会では決勝ラウンド3位でJFL昇格を逃し残留する。2019年、愛知県サッカー選手権大会で優勝して7年ぶりの天皇杯出場を決めた[7]

戦績[編集]

日本電装・デンソー[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 監督 備考
1989 東海 5位 17 17 7 3 7 44 31 13 -
1990 7位 19 16 8 3 5 36 23 13
1991 2位 26 16 12 2 2 46 14 32 地域リーグ決勝大会敗退
1992 4位 22 16 9 4 3 36 22 14
1993 優勝 29 16 14 1 1 61 7 54 地域リーグ決勝大会2位・入替戦敗退
1994 2位 26 16 11 4 1 54 10 44 地域リーグ決勝大会敗退
1995 優勝 35 19 16 3 0 65 16 49 地域リーグ決勝大会優勝・旧JFL昇格
1996 旧JFL 15位 16 30 5 - 25 40 90 -50 延長勝0/PK勝3/延長敗0/PK敗1
1997 13位 27 30 11 - 19 29 49 -20 延長勝2/PK勝2/延長敗2/PK敗1
1998 10位 38 30 14 - 16 48 59 -11 延長勝2/PK勝1/延長敗1/PK敗0
1999 JFL 4位 34 24 11 4 9 46 38 8 山下俊明 延長勝3/延長敗3
2000 3位 44 22 16 1 5 43 23 20 延長勝5/延長敗3
2001 5位 54 30 17 3 10 70 54 16
2002 10位 21 17 6 3 8 32 30 2
2003 12位 32 30 9 5 16 41 51 -10
2004 16位 18 30 4 6 20 29 85 -56
2005 14位 19 30 4 7 19 33 63 -30

FC刈谷[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 天皇杯 監督 備考
2006 JFL 13位 32 34 8 8 18 46 63 -17 県予選敗退 安原成泰
2007 16位 28 34 8 4 22 36 59 -23 2回戦敗退 安原成泰/浮氣哲郎
2008 8位 51 34 13 12 9 47 40 7 県予選敗退 浮氣哲郎
2009 17位 31 34 7 10 17 26 51 -25 1回戦敗退
2010 東海1部 2位 35 16 10 5 1 38 9 29 県予選敗退 アマラオ
2011 3位 21 14 6 3 5 28 24 4 加藤知弘 全社2回戦敗退
2012 4位 18 14 5 3 6 23 17 6 2回戦敗退 全社ベスト8
2013 3位 25 14 8 1 5 35 21 14 県予選敗退
2014 4位 20 14 6 2 6 19 19 0 石田学 全社1回戦敗退
2015 優勝 33 14 10 3 1 34 13 +21 全社ベスト8、地域決勝4位
2016 優勝 40 14 13 1 0 43 7 +36 飯塚亮 地域CL1次ラウンド敗退
2017 2位 33 14 10 3 1 35 15 +20 地域CL1次ラウンド敗退
2018 2位 37 14 12 1 1 33 9 +24 ビラ・ヴェイガポルトガル語版 全社準優勝、地域CL3位
2019 14

所属選手・スタッフ[編集]

2019年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
監督 ブラジルの旗 ビラ・ヴェイガポルトガル語版 ボリビアの旗 クラブ・デストロイヤーズ英語版 監督
コーチ 日本の旗 飯塚亮 FC刈谷 監督
GKコーチ ブラジルの旗 エバートン・ルス・ダ・シウバ
GKコーチ 日本の旗 石原祐樹 日本の旗 MIOびわこ滋賀 選手 新任
選手兼GKコーチ

選手[編集]

No. Pos 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 藤沢純也 日本の旗 アスルクラロ沼津
21 日本の旗 石原祐樹 日本の旗 MIOびわこ滋賀 新加入
選手兼GKコーチ
41 日本の旗 中村慧 立正大学
DF 2 日本の旗 長野祐太 神奈川大学
3 日本の旗 酒井隆也 日本の旗 松江シティFC
5 日本の旗 鯉沼晃 日本の旗 栃木シティFC 新加入
16 日本の旗 横山英雄 山梨学院大学 新加入
愛知県豊橋市出身
17 日本の旗 佐々木宏樹 日本の旗 藤枝MYFC
18 日本の旗 奥津大和 日本の旗 ブランデュー弘前FC 新加入
19 日本の旗 善本燎 大阪産業大学
MF 4 日本の旗 藤本陽平 日本の旗 ヴェルスパ大分
6 日本の旗 水木将人 日本の旗 ラインメール青森
8 日本の旗 中野翔太 日本の旗 サウルコス福井
13 日本の旗 今部勇太 日本の旗 ブリオベッカ浦安
14 日本の旗 濱田恭輔 東海学園大学 愛知県刈谷市出身
15 日本の旗 内田悟 日本の旗 tonan前橋
20 日本の旗ブラジルの旗 長谷舜 ブラジルの旗 パドレ・フィデリス高校
22 日本の旗 萩野智明 東海学園大学
24 日本の旗 渡邊宥也 鹿屋体育大学 新加入
25 日本の旗 久松浩暉 神奈川大学 愛知県刈谷市出身
26 日本の旗 黒田涼太 日本の旗 コバルトーレ女川 新加入
27 日本の旗 富田峻介 新潟経営大学
31 日本の旗 渥美瑛亮 日本の旗 アスルクラロ沼津 新加入
FW 7 日本の旗 中野裕太 日本の旗 FCガンジュ岩手 愛知県常滑市出身
9 日本の旗 佐藤悠希 日本の旗 AC長野パルセイロ 新加入
10 日本の旗 坂本樹是 京都産業大学
11 ブラジルの旗 ルアン・クリスティアン ブラジルの旗 アメリカーノFC 新加入
23 日本の旗 西原樹 日本の旗 ヴェルスパ大分
29 日本の旗 鈴木大嗣 中京大学 新加入
愛知県刈谷市出身
30 日本の旗 下田康太 日本の旗 おこしやす京都AC 新加入

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 白×赤 白×黒
FP(2nd) 赤×黒
GK(1st) 黄×赤 黄×黒
GK(2nd) 緑×白
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

斜めに走る赤いラインは"赤ダスキ"と呼ばれ、高校サッカーの古豪である愛知県立刈谷高等学校のユニフォームをモチーフにしたもの。赤ダスキは刈谷のサッカーにおけるシンボルデザインとなっている。

クラブカラー[編集]

  •      白、    

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
スギ薬局 スギ薬局 2018年 - 2018年は胸と袖
袖は「くすり」表記
背中上部 テルミック テルミック 2019年 -
背中下部 おおすが整形外科 おおすが整形外科 2018年 -
ハタス HATAS
Living in Smile
2015年
2017年 -
2015年はパンツ
2015年は「フォナックス」表記
パンツ ゴムノイナキ INAKI
SINCE 1919
2019年 -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2011 - AIC - - - hummel
2012 TOP
MEDIA
2013
2014
2015 フォナックス
2016 - - DUELO
2017
2018 スギ薬局 HATAS
Living in Smile
おおすが整形外科 くすり
2019 テルミック INAKI
SINCE 1919
bonera

脚注[編集]

  1. ^ a b “新会長就任のお知らせ” (プレスリリース), FC刈谷, (2018年2月8日), http://www.fckariya.jp/info/news_release.php?no=2312 2018年3月5日閲覧。 
  2. ^ “第8回日本フットボールリーグ” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=48 2019年4月23日閲覧。 
  3. ^ JFLではJリーグと違い特別指定選手の制度がないため大学チームに在籍しながらのJFLチームでの試合は認められていないため、大学のチームの選手登録を抹消してFC刈谷の選手として選手登録した。
  4. ^ 2009年までは前年度全国地域サッカーリーグ決勝大会の決勝リーグ出場地区(最大4)については、次年度の同大会事実上のシード枠として2位のチームにも出場できる権利があったが、2010年からシード枠が事実上廃止となり、東海リーグで優勝するか全国社会人サッカー選手権大会で3位以上の成績を収めない限り同大会出場ができなくなった。
  5. ^ 「FC刈谷、存続の危機 JFL復帰の“公約”暗雲」 中日新聞 2010年10月7日付
  6. ^ 「FC刈谷、来季も存続 財政は依然厳しく」 中日新聞 2010年11月18日付
  7. ^ “天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 愛知県代表にFC刈谷が決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年4月20日), https://www.jfa.jp/news/00021063/ 2019年4月23日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]