日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会
開始年 1977年
主催 下記参照
参加チーム数 24
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 FC東京U-18(4回目)
最多優勝 東京ヴェルディユース(14回)
テンプレートを表示

日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会(にほんくらぶゆーすせんしゅけんアンダー18たいかい)は、1977年から開催されている高校生年代のクラブユースチームのサッカー大会である

概要[編集]

高校生年代のクラブユースチームの日本一を決定する大会である。同年代の大会としては他に高円宮杯U-18サッカーリーグJリーグユース選手権大会がある。

毎年7月末から8月上旬にかけて開催される。1997年以降は福島県Jヴィレッジで行われ、2006年以降は予選リーグ・準々決勝はJヴィレッジで、準決勝・決勝はニッパツ三ツ沢球技場で行われるようになった。2011年以降は予選リーグ・ラウンド16・準々決勝は群馬県、準決勝以降はニッパツ三ツ沢球技場で開催されている。

大会名称は第1回は「第1回ユースリーグ」、第2回から第6回は「全国クラブユースサッカー選手権大会」、第7回から第20回は「全日本クラブユースサッカー選手権大会」、第21回以降は「日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会」となっている。

主催・主管団体[編集]

開催方式[編集]

本大会[編集]

グループリーグ[編集]

  • 24チームが4チーム×6グループに分かれ、総当たり戦で行う。
  • 勝利=3、引分=1、敗戦=0の勝点が与えられる。
  • グループ内の順位は 1.勝点、2.得失点差、3.総得点、4.当該チーム間の対戦成績、5.抽選 の優先順位で決せられる。
  • グループ間の順位は 1.勝点、2.得失点差、3.総得点、4.抽選 の優先順位で決せられる。
  • 2012年大会より、各グループ上位2位までの12チームと各グループ3位の成績上位4チームの16チームが決勝トーナメントに進出することに変更になった。
  • 試合時間は80分(40分ハーフ)。

決勝トーナメント[編集]

  • 決勝トーナメントは16チームによるトーナメント戦で行われる。
  • 試合時間は90分(45分ハーフ)。同点の場合は20分(10分ハーフ)の延長戦を行う。同点の場合はPK戦により勝敗を決める。

特典[編集]

2010年までは、本大会の決勝進出チーム2チームは高円宮杯への出場権が与えられた。該当チームが既にプリンスリーグで出場権を得ている場合には、所属地域の次順位が繰り上がって出場権を獲得する。

2011年より高円宮杯U-18サッカーリーグが創設されたため、この特典は事実上消滅した。

結果[編集]

年度 優勝 結果 準優勝 3位
1977年 枚方FC - 読売クラブ 神戸FC
1978年 神戸FC - 読売クラブ 枚方FC
1979年 読売ユースA - 神戸FC 枚方FC
1980年 三菱養和SC
読売ユースA
- (両チーム優勝) 神戸FC
1981年 読売ユースA - 三菱養和SC 神戸FC
1982年 愛知FC - 三菱養和SC 読売ユースA
1983年 三菱養和SC - トライスター 愛知FC
1984年 枚方FC - 全日空横浜SC 三菱養和SC
愛知FC
1985年 読売ユースA - 枚方FC 交野FC
1986年 読売ユースA - 三菱養和SC 枚方FC
1987年 日産FC - 三菱養和SC 読売ユースA
1988年 読売ユースA - 三菱養和SC 日産FC
交野FC
1989年 読売ユース - 三菱養和SC 日産FC
安佐南FC
1990年 読売ユース - FC町田 全日空横浜SC
日産FC
1991年 読売ユース - 枚方FC 市川カネヅカSC
交野FC
1992年 読売ユース - 松下FC 日立柏
日産FC
1993年 読売ユース - 三菱養和SC FC町田
名古屋グランパスエイトユース
1994年 横浜マリノス - セレッソ大阪 読売ユース
ベルマーレ平塚ユース
1995年 日産FC横浜マリノス - パナソニックガンバ大阪 セレッソ大阪ユース
三菱養和SC
1996年 セレッソ大阪ユース - 横浜マリノスユース 交野FC
ジェフユナイテッド市原ユース
1997年 浦和レッズユース - 鹿島アントラーズユース セレッソ大阪U-18
ガンバ大阪ユース
1998年 ガンバ大阪ユース - ジェフ市原ユース 柏レイソルユース
ジュビロ磐田ユース
1999年 ジュビロ磐田ユース 2 - 1 ベルマーレ平塚ユース 清水エスパルスユース
京都パープルサンガユース
2000年 横浜F・マリノスユース 2 - 0 京都パープルサンガユース 浦和レッズユース
柏レイソルユース
2001年 FC東京U-18 2 - 0 コンサドーレ札幌ユースU-18 京都パープルサンガユース
サンフレッチェ広島ユース
2002年 清水エスパルスユース 1 - 0 浦和レッズユース 名古屋グランパスエイトユース
コンサドーレ札幌ユースU-18
2003年 サンフレッチェ広島ユース 3 - 0 浦和レッズユース 横浜F・マリノスユース
清水エスパルスユース
2004年 サンフレッチェ広島ユース 4 - 1 ジュビロ磐田ユース 浦和レッズユース
鹿島アントラーズユース
2005年 ヴェルディユース 1 - 0 横浜F・マリノスユース ガンバ大阪ユース
大宮アルディージャユース
2006年 ガンバ大阪ユース 1 - 0 ヴェルディユース 柏レイソルU-18
FC東京U-18
2007年 ガンバ大阪ユース 4 - 2 ジュビロ磐田ユース サンフレッチェ広島ユース
ジェフユナイテッド市原・千葉U-18
2008年 FC東京U-18 1 - 0 柏レイソルU-18 東京ヴェルディユース
ガンバ大阪ユース
2009年 セレッソ大阪U-18 1 - 0
aet
FC東京U-18 京都サンガF.C.U-18
アルビレックス新潟ユース
2010年 東京ヴェルディユース 2 - 1
aet
柏レイソルU-18 横浜F・マリノスユース
名古屋グランパスU-18
2011年 東京ヴェルディユース 1 - 0 ヴィッセル神戸U-18 柏レイソルU-18
名古屋グランパスU-18
2012年 柏レイソルU-18 3 - 2 横浜F・マリノスユース 京都サンガF.C.U-18
サンフレッチェ広島ユース
2013年 横浜F・マリノスユース 4 - 1
aet
サンフレッチェ広島ユース 清水エスパルスユース
ガンバ大阪ユース
2014年 三菱養和SCユース 1 - 0 FC東京U-18 JFAアカデミー福島U-18
コンサドーレ札幌ユースU-18
2015年 横浜F・マリノスユース 5 - 3 大宮アルディージャU-18 ベガルタ仙台U-18
ジェフユナイテッド千葉U-18
2016年 FC東京U-18 2 - 0 清水エスパルスユース 川崎フロンターレU-18
ヴィッセル神戸U-18
2017年 FC東京U-18 2 - 0 浦和レッズユース 川崎フロンターレU-18
モンテディオ山形ユース

チーム別成績[編集]

チーム名 優勝年度 準優勝年度
東京ヴェルディユース 14 3 1979, 1980, 1981, 1985, 1986, 1988, 1989, 1990, 1991, 1992,
1993, 2005, 2010, 2011
1977, 1978, 2006
横浜F・マリノスユース 6 3 1987, 1994, 1995, 2000, 2013, 2015 1996, 2005, 2012
FC東京U-18 4 2 2001, 2008, 2016, 2017 2009, 2014
三菱養和SCユース 3 7 1980, 1983, 2014 1981, 1982, 1986, 1987, 1988, 1989, 1993
ガンバ大阪ユース 3 2 1998, 2006, 2007 1992, 1995
枚方FC 2 2 1977, 1984 1985, 1991
セレッソ大阪U-18 2 1 1996, 2009 1994
サンフレッチェ広島ユース 2 1 2003, 2004 2013
浦和レッズユース 1 3 1997 2002, 2003, 2017
ヴィッセル神戸ユース 1 2 1978 1979, 2011
ジュビロ磐田ユース 1 2 1999 2004, 2007
柏レイソルU-18 1 2 2012 2008, 2010
清水エスパルスユース 1 1 2002 2016
愛知FC 1 0 1982
全日空横浜SC 0 2 1983, 1984
FC町田ゼルビアユース 0 1 1990
鹿島アントラーズユース 0 1 1997
ジェフユナイテッド千葉U-18 0 1 1998
湘南ベルマーレユース 0 1 1999
京都サンガF.C.U-18 0 1 2000
コンサドーレ札幌ユースU-18 0 1 2001
大宮アルディージャU-18 0 1 2015

表彰[編集]

年度 MVP MIP 得点王
2001 馬場憂太 (FC東京U-18) 新居辰基 (コンサドーレ札幌ユースU-18) 新居辰基 (コンサドーレ札幌ユースU-18)
2002
2003 田坂祐介(広島ユース)
2004 前田俊介(広島ユース) 前田俊介(広島ユース)
2005 喜山康平(ヴェルディユース) 奈良輪雄太(横浜F・マリノスユース) 星原健太(ガンバ大阪ユース)
2006 倉田秋(ガンバ大阪ユース) エルサムニー・オサマ(ヴェルディユース) 木村勝太(横浜F・マリノスユース)
2007 安田晃大(ガンバ大阪ユース) 山本康裕(ジュビロ磐田ユース) 押谷祐樹(ジュビロ磐田ユース)
2008 三田啓貴(FC東京U-18) 仙石廉(柏レイソルU-18) 重松健太郎(FC東京U-18)
工藤壮人(柏レイソルU-18)
2009 杉本健勇(セレッソ大阪U-18) 平出涼(FC東京U-18) 関原凌河(横浜F・マリノスユース)
松本翔(横浜F・マリノスユース)
2010 小林祐希(東京ヴェルディユース) 相馬大士(柏レイソルU-18) 金村賢志郎(愛媛FCユース)
2011 杉本竜士(東京ヴェルディユース) 仲島義貴(ヴィッセル神戸U-18) 南秀仁(東京ヴェルディユース)
平久将土(柏レイソルU-18)
木下康介(横浜FCユース)
高原幹(名古屋グランパスU-18)
2012 秋野央樹(柏レイソルU-18) 喜田拓也(横浜F・マリノスユース) 木下康介(横浜FCユース)
2013 汰木康也(横浜F・マリノスユース) 野口翼(サンフレッチェ広島ユース) 北川航也(清水エスパルスユース)
2014 下田悠哉(三菱養和SCユース) 蓮川雄大(FC東京U-18) 蓮川雄大(FC東京U-18)
ディサロ燦シルヴァーノ(三菱養和SCユース)
2015 遠藤渓太(横浜F・マリノスユース) 松崎快(大宮アルディージャユース) 遠藤渓太(横浜F・マリノスユース)
2016 半谷陽介(FC東京U-18) 立田悠悟(清水エスパルスユース) 小柏剛(大宮アルディージャユース)
滝裕太(清水エスパルスユース)
久保建英(FC東京U-18)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 大会要項”. 日本クラブユースサッカー連盟. 2015年7月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]