南国市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なんこくし
南国市
Flag of Nankoku, Kochi.svg
南国市旗
Nankoku Kochi chapter.JPG
南国市章
1961年昭和36年)2月11日制定
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 高知県
団体コード 39204-9
面積 125.35km²
総人口 48,150
推計人口、2014年4月1日)
人口密度 384人/km²
隣接自治体 高知市香美市香南市
長岡郡本山町土佐郡土佐町
市の木 ヤマモモ
市の花 タチバナ
市の鳥 オナガドリ
南国市役所
所在地 783-8501
高知県南国市大埇甲2301番地
北緯33度34分32.5秒東経133度38分29.3秒
Nankoku city hall.JPG
南国市役所
外部リンク 南国市公式ホームページ

南国市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
南国市の市街地を走る土佐電鉄の路面電車
香長平野と南国市街遠望(岡豊城より)

南国市(なんこくし)は、高知県。高知県の中東部に位置し、県庁所在地高知市の東に隣接する。市の中心地は後免(ごめん)でここに市役所など行政施設や商業施設が集中している。

高知県では第2位の人口であるが、都道府県第二の都市としては全国で最も人口が少ない。

四国山地が尽きて高知平野が開ける場所に当たり高知県の空・陸の玄関口となっている。高知龍馬空港があり、鉄道は土讃線土佐電鉄土佐くろしお鉄道が走る。また道路では高知自動車道が走り、北部四国方面からの国道32号室戸岬方面からの国道55号徳島方面からの国道195号が交わる交通の要衝である。

しばしば「なんごくし」と誤読され、高知自動車道の道路標識にも、一部はローマ字で「Nangoku」と表記されている。

市名は『城東市』『嶺南市』『香長市』『後免市』『南海市』『南国市』の6つの候補の中から選ばれた[1]。なお、国を「こく」と読むようにしたのは、「ごく」=「」につながるのを避けることも考慮された上だったという[2]

地理[編集]

北部は四国山地の南端に位置し山林となっている。また南部は高知平野が広がり太平洋を臨む。香南市との境に物部川が北から南に流れ太平洋に注いでいる。また国分川や野中兼山の新田開発によって作られた舟入川が市の中央部を東から西に流れ、高知市で浦戸湾に注いでいる。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により、長岡郡および香美郡に以下の1町17村が発足。
    長岡郡
    • 後免町 ← 後免町
    • 上倉村 ← 上倉村、中谷村、桑ノ川村、黒滝村、大改野村、中ノ川村、奈路村、八京村、白木谷村
    • 瓶岩村 ← 樫谷村、穴内村、北滝本村、繁ノ藤村、成合村、亀岩村、宍崎村、天行寺村、戸山村、才谷村
    • 久礼田村 ← 植田村、植野村、久礼田村、領石村
    • 国比左村 ← 国分村、比江村、左右山村
    • 長岡村 ← 西野地村、廿枝村
    • 大篠村 ← 大埆村、篠原村、明見村
    • 三和村 ← 浜改田村、里改田村、片山村
    • 稲生村 ← 稲生村
    • 十市村 ← 十市村
    • 野田村 ← 野田村
    • 岡豊村 ← 八幡村、笠ノ川村、小蓮村、定林寺村、滝本村、蒲原村、常通寺島村、中島村、小籠村、吉田村、江村
    • 介良村 ← 介良村
    香美郡
    • 岩村 ← 金地村、包末村、松本村、岩次村、神通寺村、京田村、福船村、蔵福寺島村、堀内村
    • 前浜村 ← 前浜村
    • 田村 ← 田村
    • 立田村 ← 立田村
    • 三島村 ← 久枝村、下島村、物部村
  • 1897年(明治30年)8月1日 - 国比左村が国府村に改称。
  • 1904年(明治37年)4月 - 瓶岩村の一部を長岡郡天坪村に編入。
  • 1942年昭和17年)7月1日
    • 田村、立田村、三島村が合併し香美郡日章村が発足。
    • 三島村の一部を香美郡野市町に編入。
  • 1952年(昭和27年)10月1日 - 岩村の一部を野田村に編入。
  • 1956年(昭和31年)9月30日
    • 後免町、上倉村、瓶岩村、久礼田村、国府村、長岡村が合併し後免町が発足。
    • 大篠村、三和村、稲生村、十市村、日章村、前浜村が合併し香長村が発足。
  • 1959年(昭和34年)
    • 10月1日 - 長岡郡後免町・香長村・野田村・岡豊村、香美郡岩村の5町村が合併し市制施行、南国市となる。
    • 10月7日
      • 介良村の一部を編入。
      • 松本、岩次、神通寺、立石、京田、蔵福寺島の6大字の区域を香美郡土佐山田町に境界変更。
  • 2002年平成14年)9月28日 - 戸籍事務の電子化。

行政[編集]

経済[編集]

高知自動車道高知龍馬空港などの交通インフラの充実していることや高知市と近いことから企業の進出が活発に行われている。

本社を置く主要企業[編集]

工場・事業所等を置く企業[編集]

主な企業団地[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography39204.svg
南国市と全国の年齢別人口分布(2005年) 南国市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 南国市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
南国市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 41,096人
1975年 42,832人
1980年 44,866人
1985年 47,554人
1990年 46,823人
1995年 48,192人
2000年 49,965人
2005年 50,758人
2010年 49,497人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 南国市には「南国市奨学金」という奨学金制度がある。なお、奨学金は返還義務がともなう。

大学[編集]

高等専門学校[編集]

高等学校[編集]

県立[編集]
私立[編集]

中学校[編集]

市立[編集]
  • 南国市立香長中学校
  • 南国市立香南中学校
  • 南国市立鳶ヶ池中学校
  • 南国市立北陵中学校
    • 南国市立北陵中学校希望ヶ丘分校
私立[編集]

小学校[編集]

特別支援学校[編集]

  • 高知県立高知江の口養護学校高知大学医学部附属病院分校
  • 高知県立高知若草養護学校土佐希望の家分校

交通[編集]

高知龍馬空港
後免駅

空港[編集]

鉄道路線[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

祭事・催事[編集]

  • えんこう祭(6月第1土曜日)
  • 土佐のまほろば祭り(8月第1土曜日)
  • 伊都多神社秋大祭(11月10日

出身有名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川日本地名大辞典・高知県( ISBN 4040013905 )1124ページ「南国市」より。
  2. ^ 『市町村名語源辞典』(溝手理太郎・編、東京堂出版)194ページより。