全国クラブチームサッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
全国クラブチームサッカー選手権大会
開始年 1994年
主催 日本サッカー協会
全国社会人サッカー連盟
参加チーム数 16
前回優勝 いわきFC
最多優勝 鈴鹿クラブ(3回)
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

全国クラブチームサッカー選手権大会(ぜんこくクラブチームサッカーせんしゅけんたいかい)は、日本サッカー協会第1種登録の、都道府県リーグで活動している社会人クラブチームを対象としたサッカートーナメント大会である。

概要[編集]

全国規模の大会に出場する機会がほとんどない都道府県リーグで活動している社会人チームが、全国規模の大会を通して交流を深められる様、1994年に創設された[1]

2008年(第15回)から、前年度国民体育大会開催地(都道府県)での開催となった。

大会方式[編集]

  • 都道府県大会(6-8月。北海道は道内地区大会)、地域大会(8-9月。地域区別は地域リーグと同様)、全国大会(10月下旬-11月上旬)の順で行われる。
  • 試合時間は70分(35分ハーフ)。決着がつかない場合は延長戦(20分)、PK戦を行い勝敗を決する。

出場資格[編集]

出場チーム数は全16チーム

  • 各地域代表(9地域。開催都道府県チームを除く) 計9チーム
  • 開催地代表(都道府県) 1チーム
  • 開催地代表(市区町村) 2チーム
  • (16チームに満たない分)年度ごとの地域持ち回りで[2]、各地域から1枠ずつ追加。2015年度は北海道・中国・北信越・東北が該当。
  1. ^ 2002年(第9回)まではトヨタ自動車協賛、全国民放ラジオ局(NRN加盟)後援による「トヨタチャレンジカップ 全国クラブチームサッカー選手権」として開催された
  2. ^ 全国社会人連盟登録チーム数の多い順(関東-関西-九州-東海-北海道-中国-北信越-東北-四国 2010年6月基準)

歴代結果 (決勝戦)[編集]

年度 優勝 スコア 準優勝 開催地
1994 1 VANKEI MAKI FC (北海道・道央) コスモ石油SC (三重)
1995 2 広島FC (広島) 佐野クラブ (大阪)
1996 3 津田サッカークラブ (兵庫) F.C. ELAN (福岡) 茨城
1997 4 帯広FC (北海道・道東) 2-1 春日井クラブ (愛知) 福島
1998 5 鈴鹿クラブ (三重) 広島県工クラブ (広島) 福島
1999 6 鈴鹿クラブ (三重) 広島県工クラブ (広島) 福島
2000 7 日川クラブ (山梨) 三和クラブ (高知) 大阪
2001 8 鈴鹿クラブ (三重) 2-1 出水サッカークラブ (鹿児島) 愛知
2002 9 鹿島さわやかFC (茨城) 1-1 aet
(PK 4-1)
鹿陵FC姫路 (兵庫) 愛知
2003 10 六浦FC (神奈川) 5-1 クラブドラゴンズ (茨城) 茨城
2004 11 愛知FC (愛知) 1-1 aet
(PK 4-2)
六浦FC (神奈川) 富山
2005 12 佐川コンピューターシステム (東京) 4-0 横内FC (静岡) 熊本
2006 13 FC加古川 (兵庫) 3-1 HOYO Atletico ELAN (大分) 兵庫
2007 14 FCガンジュ岩手 (岩手) 6-0 六浦FC (神奈川) 北海道
2008 15 SC相模原 (神奈川) 2-0 愛知FC (愛知) 秋田
2009 16 FCガンジュ岩手 (岩手) 1-1 aet
(PK 12-11)
HOYO Atletico ELAN (大分) 大分
2010 17 アンソメット岩手・八幡平 (岩手) 2-0 FC川崎 (岐阜) 新潟
2011 18 VONDS市原 (千葉) 4-2 aet 名古屋サッカークラブ (愛知) 千葉
2012 19 O.F.C (群馬) 5-1 岩見沢FC北蹴会 (北海道・道央) 山口
2013 20 龍野FC (兵庫) 1-0 Y.Sエストレーラ (長野) 岐阜
2014 21 ザスパ草津チャレンジャーズ (群馬) 2-0 関大クラブ2010 (大阪) 東京
2015 22 関大クラブ2010 (大阪) 1-0 アルティスタグランデ (長野) 長崎
2016 23 いわきFC (福島) 9-0 ルート11 (大阪) 和歌山
2017 24 いわきFC (福島) 5-1 AS刈谷 (愛知) 岩手
2018 25 () - () 愛媛

外部リンク[編集]