フットサル日本代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フットサル日本代表
国または地域 日本の旗 日本
協会 日本サッカー協会
FIFAコード JPN
愛称 SAMURAI5
監督 スペインの旗ブルーノ・ガルシア
初の国際試合
日本 日本 0 - 3 ベルギー 
スヘルトーヘンボスオランダ; 1989年1月6日)[1]
最大差勝利試合
日本 18-0 グアム
最大差敗戦試合
ブラジル12-1日本
FIFAフットサルワールドカップ
出場回数 4回
最高成績 ベスト16 (2012)
AFCフットサル選手権
出場回数 14回
最高成績 優勝 (2006、2012、2014)

フットサル日本代表(フットサルにほんだいひょう)は、日本サッカー協会 (JFA) により編成される日本フットサルの男子ナショナルチームである。2012年10月22日、公式愛称が「SAMURAI5(サムライファイブ)」に決定したとJFAが発表した[2]

歴史[編集]

1989年、FIFA主催の第1回FIFAフットサル世界選手権(当時はFIFA5人制室内サッカー世界選手権と呼称[3])に招待された[3]のが日本代表の国際デビューとなった。この時のチームは日本サッカーリーグ (JSL) の本田技研の選手を中心に国士舘大学野田知を加えて構成された[3][4]。大会では、北澤豪が最終戦で2度の同点ゴールを決める活躍があったが[3]ベルギー(0-3)、アルゼンチン(1-2)、カナダ(2-6)に3戦全敗で終わった[5]。次にフットサル日本代表が編成されたのは1992年の第2回世界選手権の東アジア予選のときだったが、このチームは日立製作所の選手で構成されていた[4]

1996年、マリーニョを監督に据え、 1996 FIFAフットサル世界選手権のアジア予選に臨んだが敗退した。1999年には第1回AFCフットサル選手権が開かれた。日本は1勝2分でグループステージを突破したが、準決勝でイランに敗れた後、3位決定戦でPK戦によりカザフスタンに敗れて4位となった[6]。この時のチームは元サッカー日本代表選手のラモス瑠偉がキャプテンを務めた[7]

2003年、当時のサッカー日本代表監督ジーコの紹介により、元フットサルブラジル代表選手のセルジオ・サッポを監督に招聘した[8]。2004年、2004 FIFAフットサル世界選手権のアジア予選を兼ねた2004 AFCフットサル選手権に準優勝したことにより、日本は1989年以来15年ぶりの世界選手権本大会出場を果たした[9]パラグアイ(4-5)、イタリア(0-5)に連敗し、グループ最終戦のアメリカ合衆国(1-1)戦でなんとか勝ち点1を獲得したもののグループ最下位で終えた。 前回に続いて出場を果たした2008年大会(この大会より「FIFAフットサルワールドカップ」に名称変更)では、格下のソロモン諸島(7-2)とキューバ(4-1)から2勝したが、格上のブラジル(1-12)、ロシア(1-9)に2敗し、グループ5チーム中3位となって第1ラウンドで敗退した。

2002年以降、日本はAFCフットサル選手権において4年連続で決勝に進んだが、毎回イランに敗れていた。2006年大会では準決勝でイランを5-1で降し、決勝では開催国ウズベキスタンを降して初優勝を果たした。しかし2007年は決勝で、2008年2010年は準決勝で、いずれもイランに敗れている。2009年にスペイン人のミゲル・ロドリゴを監督に招聘。

2012年はタイを降して2度目の優勝を果たし、2012 FIFAフットサルワールドカップに出場した。同大会では三浦知良(横浜FC所属、元サッカー日本代表)がフットサル日本代表に選出され話題を集めた。グループリーグC組初戦では同大会で連覇を果たすブラジルに1-4で敗れたが、第2戦ではポルトガルに前半2-5とリードされながら、5人全員FPにしたパワープレイが功を奏し、5-5で引き分け[10]、第3戦のリビア戦に4-2で勝利し、各組3位の中で最上位となり、初めてフットサルW杯の決勝トーナメントに進出した。決勝トーナメント1回戦ではウクライナに3-6で敗れベスト16で敗退となった。

2016年の大会は、GLは3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めたものの決勝トーナメント準々決勝となったベトナム戦は先行しながら同点に追いつかれ、延長戦でも1点をとったものの終了間際に失点して同点となり、PK戦で1-2で敗れて連覇を逃し[11]2016 FIFAフットサルワールドカップ出場をかけた5位決定プレーオフ準決勝のキルギス戦もいいところなく、2-6で敗れワールドカップの連続出場を逃すこととなった[12]

ユニホーム[編集]

サッカー日本代表サッカー女子日本代表と同じく、青を基調としたデザインを採用。なお2012年から採用する「結束」を示すラインは黄色(エレクトリックイエロー)を使用。

待遇[編集]

フットサル日本代表結成以来、日本サッカー協会(JFA)から支給される給料も賞与も無かったが、三浦知良(横浜FC所属、元サッカー日本代表)が2012年フットサルW杯のフットサル日本代表招集の打診を受けた際に、JFA幹部に直談判して1勝につき1人5万円の勝利給が初めて支給されることになった。実際には、同大会グループリーグC組第3戦リビア戦の1勝の5万円に加え、決勝トーナメント進出(=ベスト16)ボーナス15万円程度(推定)が支給された[13]

主な大会記録[編集]

FIFAフットサルワールドカップの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
オランダの旗 1989 グループリーグ敗退 3 0 0 3 3 11
香港の旗 1992 予選敗退
スペインの旗 1996
グアテマラの旗 2000
チャイニーズ・タイペイの旗 2004 グループリーグ敗退 3 0 1 2 5 11
ブラジルの旗 2008 グループリーグ敗退 4 2 0 2 13 24
タイ王国の旗 2012 ベスト16 4 1 1 2 13 17
コロンビアの旗 2016 予選敗退
合計 4/8 14 3 2 9 34 63

AFCフットサル選手権の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
マレーシアの旗 1999 4位 5 1 3 1 18 18
タイ王国の旗 2000 4位 6 3 0 3 36 26
イランの旗 2001 4位 7 2 1 4 25 29
インドネシアの旗 2002 準優勝 7 6 0 1 20 10
イランの旗 2003 準優勝 6 5 0 1 37 9
マカオの旗 2004 準優勝 7 6 0 1 49 10
ベトナムの旗 2005 準優勝 8 7 0 1 48 9
ウズベキスタンの旗 2006 優勝 5 5 0 0 35 8
日本の旗 2007 準優勝 6 5 0 1 41 12
タイ王国の旗 2008 3位 6 5 0 1 25 9
ウズベキスタンの旗 2010 3位 6 5 0 1 26 10
アラブ首長国連邦の旗 2012 優勝 6 6 0 0 25 5
ベトナムの旗 2014 優勝 6 4 1 1 28 7
ウズベキスタンの旗 2016 7位 5 3 1 1 21 12
合計 14/14 86 63 6 17 434 174

アジアインドアゲームズの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
タイ王国の旗 2005 不参加
マカオの旗 2007 ベスト8 4 2 1 1 6 2
ベトナムの旗 2009 ベスト8 3 1 0 2 10 11
大韓民国の旗 2013 準優勝 5 4 0 1 19 15
合計 3/4 12 7 1 4 35 28

EAFFフットサル選手権の成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
中華人民共和国の旗 2009 準優勝 5 4 0 1 32 9
ベトナムの旗 2013 不参加
合計 1/2 5 4 0 1 32 9

グランプリ・デ・フットサルの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
ブラジルの旗 2005 不参加
ブラジルの旗 2006
ブラジルの旗 2007
ブラジルの旗 2008
ブラジルの旗 2009
ブラジルの旗 2010
ブラジルの旗 2011
ブラジルの旗 2013 8位 4 0 0 4 8 19
ブラジルの旗 2014 不参加
ブラジルの旗 2015
合計 1/10 4 0 0 4 8 19

フットサルコンフェデレーションズカップの成績[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
リビアの旗 2009 不参加
ブラジルの旗 2013
クウェートの旗 2014 6位 3 1 0 2 6 9
合計 1/3 3 1 0 2 6 9

歴代監督[編集]

[4][14][15][16]

歴代選手[編集]

1989 第1回FIFA5人制室内サッカー世界選手権日本代表[編集]

GK

DF

MF

FW

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、470頁。
  2. ^ a b フットサル日本代表 愛称は「SAMURAI5」に決定 スポーツニッポン (2012年10月23日)
  3. ^ a b c d 『JSLイヤーブック1989-1990』 南雲堂1989年、205頁。ISBN 4-523-31029-7
  4. ^ a b c (2009-03-31)フットサル日本代表新監督 ミゲル・ロドリゴ氏と契約|トピックス|日本代表 日本サッカー協会
  5. ^ 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、470頁。
  6. ^ http://www.futsalplanet.com/story/story-international-02.asp?CompetizioneInternazionale=62
  7. ^ 『日本代表公式記録集2008』 日本サッカー協会、2008年、471-472頁。
  8. ^ http://www.kick-in.com/sugiura/sapo.html
  9. ^ http://www.futsalnet.com/battle/selecao/selecao_asia2004_06.html
  10. ^ フットサルW杯グループリーグC組第2戦ポルトガル対日本テキスト実況 スポーツナビ (2012年11月4日)
  11. ^ フットサル日本代表、PK戦の末敗戦…プレーオフでW杯出場残り1枠を目指す - 2016年2月18日 サッカーキング(2016年2月27日閲覧)
  12. ^ フットサル日本代表、4大会連続のW杯出場は叶わず…キルギスに敗れ終戦 - 2016年2月18日 サッカーキング(2016年2月27日閲覧)
  13. ^ カズ、初弾お預けもW杯1勝! リビア4発撃破で初の決勝T進出…フットサル スポーツ報知 (2012年11月8日)
  14. ^ フットサル国際大会 (4/22-24@愛知/ウィングアリーナ刈谷) フットサル日本代表監督に木暮賢一郎氏が就任”. 2016年3月23日閲覧。
  15. ^ フットサル日本代表 タイ遠征(8/17~24) メンバー・スケジュール”. 2016年10月22日閲覧。
  16. ^ フットサル日本代表監督にブルーノ・ガルシア氏が就任”. 2016年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]