宮本征勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮本 征勝 Football pictogram.svg
名前
愛称 エイトマン
カタカナ ミヤモト マサカツ
ラテン文字 MIYAMOTO Masakatsu
基本情報
生年月日 1938年7月4日
日本の旗 日本茨城県日立市
没年月日 (2002-05-07) 2002年5月7日(満63歳没)
日本の旗 日本、茨城県水戸市
身長 171cm
体重 67kg
選手情報
ポジション DF
ユース
1953-1957 茨城県立日立第一高校
1957-1961 早稲田大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1964-1974 日本の旗 古河電気工業 103 (19)
代表歴
1958-71[1] 日本の旗 日本 44 (1)
監督歴
1978-1982 日本の旗 早稲田大学
1983-1988 日本の旗 本田技研
1992-1994 日本の旗 鹿島アントラーズ
1995 日本の旗 清水エスパルス
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

宮本 征勝(みやもと まさかつ、1938年7月4日 - 2002年5月7日)は、茨城県日立市出身のサッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはディフェンダーサッカー日本代表として44試合に出場し、1968年のメキシコシティオリンピックで銅メダルを獲得した。

来歴[編集]

茨城県立日立第一高等学校でサッカーを始め、1956年の第35回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝し、得点王および最優秀選手に選出された。

1957年、早稲田大学第二商学部に入学。在学中は早稲田大学ア式蹴球部に所属し、在学中の1958年にサッカー日本代表に選出され、同年12月の香港代表戦で初出場した。

大学卒業後、1961年から長沼健や大学の先輩・八重樫茂生ら代表選手の揃った古河電気工業サッカー部(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)に入団した。

1959年ムルデカ大会から1972年ミュンヘンオリンピック予選まで日本代表として活躍。国際Aマッチ44試合に出場し1得点[1]。その強靱な体力と背番号から、当時の人気漫画のヒーローになぞらえて「エイトマン」のニックネームで呼ばれた[2]

1968年メキシコシティオリンピックにおけるサッカー競技で開催国のメキシコ代表を破り、アジアでは初めての銅メダルを獲得。1974年に現役を引退した。

1978年から1982年まで早稲田大学、1983年から1988年度(1989年3月)まで本田技研工業の監督を歴任。

なお89年1月に開催された1989 FIFAフットサル世界選手権(現:FIFAフットサルワールドカップ)に出場した日本代表は、約一名(=入社2年目北澤豪と同い年、成人式犠牲の国士舘大学2年で後に本田技研に就職せず日産自動車Jリーグ開幕以降は横浜マリノスで活躍する野田知)除き同部の選手で構成されていた。

1992年から1994年まで日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属の鹿島アントラーズの初代監督に就任し、1992年のJリーグカップでベスト4、1993年のJリーグ・サントリーシリーズ(第1ステージ)で優勝、同年の第73回天皇杯全日本サッカー選手権大会で準優勝の成績を残した。宮本の退任後、2015年に石井正忠が就任するまでの間、鹿島の監督を務めたのは全てブラジル人(監督代行を2度務めた関塚隆を除く)であり、宮本は21年間にわたって鹿島のクラブ史上唯一の日本人監督だった。

1995年清水エスパルスの監督に就任。その時に、鹿島アントラーズから吉田康弘サントス森岡隆三が加入した。Jリーグの監督としての通算戦績は、64勝46敗。

2002年5月7日、茨城県水戸市で肺炎のため死去した[2]

2005年5月、第1回日本サッカー殿堂として表彰された。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1965 古河 JSL 14 4 -
1966 13 4 -
1967 14 9 -
1968 14 2 -
1969 14 0 -
1970 14 0 -
1971 9 0 -
1972 JSL1部 11 0 -
1973 0 0
1974 0 0 -
通算 日本 JSL1部 103 19
総通算 103 19

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯
1983 JSL1部 本田技研 8位 18 14 4 6 8 2回戦 ベスト8
1984 5位 18 19 7 5 6 ベスト4 ベスト8
1985 3位 22 28 8 12 2 ベスト4 2回戦
1986-87 9位 22 20 6 8 8 ベスト4 ベスト8
1987-88 8位 22 20 6 8 8 ベスト4 ベスト8
1988-89 9位 22 27 7 6 9 2回戦 ベスト8
1992 J 鹿島 - ベスト4 ベスト8
1993 準優勝 36 - 23 - 13 予選リーグ 準優勝
1994 3位 22 - 16 - 6 1回戦 -
1995 清水 9位 52 - 25 - 27 - 1回戦
  • 1994年はサントリーシリーズ(第1ステージ)のみ。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 44試合 1得点(1958-1971)[1]


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1958 1 0 2 0 3 0
1959 8 0 6 0 14 0
1960 1 0 10 2 11 2
1961 6 0 3 0 9 0
1962 7 0 5 0 12 0
1963 4 0 7 0 11 0
1964 1 0 12 0 13 0
1965 2 1 5 0 7 1
1966 5 0 11 0 16 0
1967 1 0 19 0 20 0
1968 2 0 19 0 21 0
1969 2 0 11 0 13 0
1970 0 0 2 0 2 0
1971 4 0 0 0 4 0
通算 44 1 112 2 156 3

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1965年3月25日 シンガポール シンガポールの旗 シンガポール 4-1 勝利 親善試合

著書[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]