1984年のJSL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1984年JSL(第20回日本サッカーリーグ1部および第13回日本サッカーリーグ2部)は、1部が1984年5月12日から11月18日まで、2部が4月30日から12月2日まで行われた。

優勝は、1部が読売サッカークラブ、2部が住友金属工業蹴球団であった。

日本サッカーリーグ発足20周年記念として、それまでの感謝と新時代の到来をアピールする為のサッカー界へのメッセージが込められたポスターが発表された。往年の名ストライカー釜本邦茂を起用したオールヌードポスターはキャッチフレーズの「格闘技宣言」と共に話題となった。

JSL1部[編集]

シーズン 1984(第20回)
優勝 読売クラブ
試合数 90
ゴール数 252 (1試合平均2.8)
1試合平均
ゴール数
2.80[1]
得点王 戸塚哲也
平均観客動員 3.641人[1]
1983
1985

大会概要[編集]

  • 開催期間:前期 1984年5月12日-6月17日、後期 9月1日-11月18日
  • 前後期制をホームアンドアウェー制に変更(春・秋)。
  • 来期からのチーム数増加により自動降格と入替戦は無し。

参加クラブ[編集]

成績[編集]

年間順位[編集]

[2]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 読売クラブ 26 11 4 3 41 20 +21
2位 日産 25 11 3 4 40 23 +17
3位 ヤマハ 24 10 4 4 28 16 +12
4位 古河電工 21 8 5 5 28 20 +8
5位 本田技研 19 7 5 6 26 23 +3
6位 フジタ 18 6 6 6 25 25 ±0
7位 三菱重工 15 6 3 9 22 33 -11
8位 日本鋼管 14 4 6 8 16 23 -7
9位 ヤンマー 14 5 4 9 15 28 -13
10位 日立 4 2 0 16 11 41 -30
優勝

得点ランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ 14
2 日本の旗 関塚隆 本田技研 11
3 ブラジルの旗 ラモス 読売クラブ 9
4 日本の旗 木村和司 日産 8
日本の旗 水沼貴史 日産 8
日本の旗 柱谷幸一 日産 8
日本の旗 谷中治 フジタ 8
日本の旗 原博実 三菱重工 8
日本の旗 松浦敏夫 日本鋼管 8
10 ブラジルの旗 マリーニョ 日産 7
日本の旗 吉田光範 ヤマハ 7

アシストランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1 日本の旗 木村和司 日産 12
2 ブラジルの旗 与那城ジョージ 読売クラブ 11
3 日本の旗 柱谷幸一 日産 8
日本の旗 永井良和 古河電工 8
5 日本の旗 原博実 三菱重工 7
6 ブラジルの旗 ラモス 読売クラブ 6
日本の旗 山田松市 本田技研 6
8 日本の旗 水沼貴史 日産 5
ブラジルの旗 メシアス 本田技研 5
日本の旗 広瀬治 三菱重工 5

表彰[編集]

[3]

選手名 所属クラブ 受賞回数
得点王 日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ
アシスト王 日本の旗 木村和司 日産
得点王 ゴールデンボール賞 日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ
アシスト王 シルバーボール賞 日本の旗 木村和司 日産
新人王 日本の旗 関塚隆 本田技研 _
新人GK特別賞 日本の旗 森下申一 ヤマハ _
年間優秀11人賞 日本の旗 松井清隆 日本鋼管
日本の旗 松木安太郎 読売クラブ 2
日本の旗 石神良訓 ヤマハ
日本の旗 加藤久 読売クラブ 4
日本の旗 都並敏史 読売クラブ 3
ブラジルの旗 与那城ジョージ 読売クラブ 5
日本の旗 水沼貴史 日産
日本の旗 木村和司 日産 2
日本の旗 関塚隆 本田技研
日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ 3
日本の旗 柱谷幸一 日産 2

JSL2部[編集]

JSL2部大会概要[編集]

JSL2部参加クラブ[編集]

このシーズンからマツダスポーツクラブ東洋工業サッカー部がマツダスポーツクラブサッカー部に、昇格した横浜トライスターサッカークラブが全日空横浜サッカークラブに名称を変更した。

JSL2部成績[編集]

JSL2部年間順位[編集]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1 住友金属 26 10 6 2 40 23 +17
2 全日空横浜 26 12 2 4 31 17 +14
3 松下電器 22 8 6 4 25 19 +6
4 東芝 22 9 4 5 29 25 +4
5 田辺製薬 21 7 7 4 30 21 +9
6 マツダ 18 7 4 7 24 20 +4
7 富士通 14 5 4 9 20 30 -10
8 トヨタ 13 4 5 9 24 31 -7
9 新日鐵 12 4 4 10 15 28 -13
10 甲府クラブ 6 1 4 13 20 44 -24
自動昇格

JSL2部表彰[編集]

[4]===

選手名 所属クラブ 備考
得点王 茂木一浩 住友金属 11得点
アシスト王 古賀満 田辺製薬 12アシスト

出典[編集]

  1. ^ a b 「観客動員数/総得点数」『日本サッカーリーグ全史』 259頁。
  2. ^ a b c 「1984 第20回大会」『日本サッカーリーグ全史』 160-161頁。
  3. ^ 「歴代ベスト11」「歴代表彰選手」『日本サッカーリーグ全史』262-263頁。
  4. ^ 『日本サッカーリーグ全史』 217頁。

参考文献[編集]

  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993

関連項目[編集]