片山洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片山 洋 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カタヤマ ヒロシ
ラテン文字 KATAYAMA Hiroshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1940-05-28) 1940年5月28日(78歳)
出身地 東京都目黒区
身長 170cm[1]
体重 69kg[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
1959-1962 慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
慶應BRB
1963-1972 三菱重工 107 (3)
代表歴2
1961-1971 日本の旗 日本 38 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年9月10日現在。
2. 2008年9月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

片山 洋(かたやま ひろし、1940年5月28日 - )は、東京市目黒区(現:東京都目黒区[2]出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはディフェンダー(右サイドバック)。父は日産・フェアレディZの生みの親として知られる片山豊。また、親戚に森永製菓第7代代表取締役社長の矢田雅之がいる。

来歴[編集]

目黒区自由ヶ丘(現:自由が丘)で生まれ、戦時中は伊豆に疎開していた。終戦後は再び自由が丘に戻り、東京第一師範学校男子部附属小学校(現:東京学芸大学附属世田谷小学校)でサッカーを始めて、東京学芸大学附属世田谷中学校および慶應義塾高等学校ではサッカー部に所属したが全国規模の大会への出場経験は無かった。慶應義塾大学に進学後はソッカー部に入部し、大学2年時に慶應BRBの一員として天皇杯で準優勝した[2]

大学在学中の1960年9月のパフタコル戦でサッカー日本代表として初出場[1]、以降日本代表として38試合に出場。1968年メキシコシティーオリンピックでの銅メダル獲得に貢献した。1968年5月23日に国立競技場で行われたアーセナルFCと日本代表の第1戦では相手シュートをパンチングして防ぎPKを与え決められたが退場にはならず続く第2戦、第3戦にもフル出場した[3]

また、大学卒業後は三菱重工業に入社してサッカー部に所属。1972年までプレーしたが、1973年にサッカー部の選手登録を外れて、以降はサッカー界から離れて社業に専念することとなり[2]、ダイヤ・ピーアールの社長に就任。現在は同社顧問を務める傍ら、三菱養和サッカースクールでヘッドコーチ、日本サッカーリーグOBによる「旧丸の内5社会」の会長を務めている[4]

2007年日本サッカー殿堂入りを果たした。[5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 三菱 JSL 14 1 - - 14 1
1966 14 1 -
1967 13 0 -
1968 14 0 -
1969 14 0 -
1970 14 1 -
1971 14 0 -
1972 JSL1部 10 0 -
通算 日本 JSL1部 107 3 -
総通算 107 3 -

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 38試合 0得点(1961 - 1971)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1960 0 0 8 0 8 0
1961 4 0 1 0 5 0
1962 1 0 0 0 1 0
1963 5 0 9 0 14 0
1964 1 0 19 0 20 0
1965 4 0 8 0 12 0
1966 6 0 12 0 18 0
1967 5 0 16 0 21 0
1968 3 0 19 0 22 0
1969 4 0 12 0 16 0
1970 0 0 2 0 2 0
1971 5 0 8 0 13 0
通算 38 0 114 0 152 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 国際親善試合”. 日本サッカー協会. 2017年3月30日閲覧。
  2. ^ a b c 片山 洋 異端の右サイドバック”. 三菱重工業 (2017年11月17日). 2018年4月26日閲覧。
  3. ^ 長田浩一 (2010年7月28日). “スアレスのハンド、片山のパンチ”. 時事通信. 2010年8月15日閲覧。
  4. ^ “サッカー界の発展のために…日本リーグ&Jリーグの合同OB会実現を”. スポーツニッポン. (2015年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/07/kiji/K20151007011279260.html 2017年3月30日閲覧。 
  5. ^ 片山洋”. 日本サッカーアーカイブ. 2012年8月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]