片山洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片山 洋 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カタヤマ ヒロシ
ラテン文字 KATAYAMA Hiroshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1940-05-28) 1940年5月28日(77歳)
出身地 東京都
身長 170cm[1]
体重 69kg[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
慶應義塾大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1958-1972 三菱重工 107 (3)
代表歴2
1961-1971 日本の旗 日本 38 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2008年9月10日現在。
2. 2008年9月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

片山 洋(かたやま ひろし、1940年5月28日 - )は、東京都出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはディフェンダー(右サイドバック)。父は日産・フェアレディZの生みの親として知られる片山豊。また、親戚に森永製菓第7代代表取締役社長の矢田雅之がいる。

来歴[編集]

慶應義塾大学卒業後、1958年より三菱重工業サッカー部に所属。

1960年9月のパフタコル戦でサッカー日本代表として初出場[1]、以降日本代表として38試合に出場。1968年メキシコシティオリンピックでの銅メダル獲得に貢献した。1968年5月23日に国立競技場で行われたアーセナルFCと日本代表の第1戦では相手シュートをパンチングして防ぎPKを与え決められたが退場にはならず続く第2戦、第3戦にもフル出場した[2]

2007年日本サッカー殿堂入りを果たした。[3]

現役引退後は三菱重工業に社員として従事し、退社後は関連会社ダイヤ・ピーアールの社長に就任。現在は同社顧問を務める傍ら、財団法人・三菱養和会サッカースクールでヘッドコーチ、日本サッカーリーグOBによる「旧丸の内5社会」の会長を務めている[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 - 天皇杯 期間通算
1965 三菱 JSL 14 1 - - 14 1
1966 14 1 -
1967 13 0 -
1968 14 0 -
1969 14 0 -
1970 14 1 -
1971 14 0 -
1972 JSL1部 10 0 -
通算 日本 JSL1部 107 3 -
総通算 107 3 -

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 38試合 0得点(1961 - 1971)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1960 0 0 8 0 8 0
1961 4 0 1 0 5 0
1962 1 0 0 0 1 0
1963 5 0 9 0 14 0
1964 1 0 19 0 20 0
1965 4 0 8 0 12 0
1966 6 0 12 0 18 0
1967 5 0 16 0 21 0
1968 3 0 19 0 22 0
1969 4 0 12 0 16 0
1970 0 0 2 0 2 0
1971 5 0 8 0 13 0
通算 38 0 114 0 152 0

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 国際親善試合”. 日本サッカー協会. 2017年3月30日閲覧。
  2. ^ 長田浩一 (2010年7月28日). “スアレスのハンド、片山のパンチ”. 時事通信. 2010年8月15日閲覧。
  3. ^ 片山洋”. 日本サッカーアーカイブ. 2012年8月26日閲覧。
  4. ^ “サッカー界の発展のために…日本リーグ&Jリーグの合同OB会実現を”. スポーツニッポン. (2015年10月7日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/10/07/kiji/K20151007011279260.html 2017年3月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]