森永製菓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森永製菓株式会社
Morinaga & Co.,Ltd.
Morinaga company logo.svg
Morinaga plaza building.JPG
森永製菓本社のある森永プラザビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 2201
1949年5月16日上場
大証1部(廃止) 2201
2003年10月上場廃止
名証1部 2201
2003年10月上場廃止
略称 森永、森菓
本社所在地 日本の旗 日本
108-8403
東京都港区五丁目33番1号
設立 1910年明治43年)2月23日
(株式会社森永商店)
業種 食料品
法人番号 1010401029660
事業内容 菓子、食品、冷菓の製造、仕入れ及び販売
代表者 太田栄二郎(代表取締役社長)
資本金 186億1,200万円
売上高 単独:1,476億2,800万円
(2014年3月期)
純資産 連結:527億7,300万円
単独:542億7,200万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:1,288億4,500万円
単独:1,219億8,200万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 単独:1,377人
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 森永製菓取引先持株会 6.39%
三菱UFJ銀行 4.67%
JPMC OPPENHEIMER JASDEC LENDING ACCOUNT 4.00%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 3.93%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 3.18%
(2018年9月30日現在[1]
主要子会社 森永スナック食品(株) 100%
(株)アントステラ
関係する人物 森永太一郎
松崎半三郎
森永太平
稲生平八
高木貞男
松崎昭雄
新井徹
外部リンク https://www.morinaga.co.jp/
テンプレートを表示

森永製菓株式会社(もりながせいか)は、東京都港区本社を置く日本の大手菓子製造業者。森永乳業とは兄弟会社の関係で、同一敷地に本社を構えておりモリナガグループ(Morinaga Group)を形成している。コーポレートメッセージは「おいしく たのしく すこやかに」。

英文社名は、Morinaga & Co., Ltd.

概説[編集]

1899年明治32年)に創立された、トレードマークに「エンゼル」を使ったキャラメルなどを製造している老舗メーカーである。本社の最寄り駅は山手線及び京浜東北線田町駅と、都営地下鉄浅草線及び都営地下鉄三田線三田駅2006年平成18年)3月31日現在で株主数は4万1890名。

ロゴについて[編集]

社名ロゴは、「永」の上の「丶」が「一」になっている旧字体を使用している。実はロゴだけではなく、同じ社の商品に記されている「森永製菓(株)お客様相談室」の一文や製造者の欄にも同じ旧字体が使用されている。1986年昭和61年)7月に実施されたCIの変更までは、社名ロゴの「株式会社」の「社」も「礻」が「示」の旧字体を用い[2][3]、「会」も1960年代中期まで旧字体の「會」を使用した。ただし、登記上の商号は旧字体を使用していない「森永製菓株式会社」である。これは森永乳業なども同様である。

英文ロゴも、1949年4月から1974年3月までは筆記体に近いタイプの「morinaga」を使用していたが、1974年4月から1986年6月までは、やや横長のゴシック体の大文字で「MORINAGA」に変更された。1986年7月より現在のエンゼルマークに変更されるとともに字体も変更、エンゼルマークとのセット表記となり、マークの下に「MORINAGA」と表記されている(製品などによってはエンゼルマークの横に表記される場合もある)[3]

明治との関係[編集]

森永のライバルは、明治をはじめとする「明治グループ」である。森永と明治は「乳業」と「製菓」があり、設立時期が近く、製菓と乳業の2部門間は歴史的に似た経緯があり、かつ似た商品構成であるため、業績面でよく比較される。明治グループは2011年(平成23年)4月に事業再編を行い、明治製菓の食品部門(OTC医薬品を含む)が株式会社 明治(旧明治乳業)に統合され、医療用医薬品部門だけが残った明治製菓がMeiji Seika ファルマと改称された。

2017年2月24日に、兄弟会社である森永乳業との間で2018年4月をめどに持株会社形態で経営統合すると日本経済新聞により報じられた[4]。仮に経営統合が実現すれば明治グループに次ぐ規模の総合製菓・乳業メーカーとなる。しかし1か月後、この話は沙汰止みとなった[5]

特色[編集]

ビスケットソフトキャンディーの製造、販売を基幹とする。森永ビスケットシリーズは知名度のある売上の高い商品、特にマリーやムーンライト、チョイスは基幹商品。ハイチュウはキャラメルの技術を活かした他社の追従を許さない森永の売れ筋商品。グレープ味は一番人気。次にキョロちゃんで知られる「チョコボール」は、子供を中心に人気である。なかでも「チョコボール」シリーズを買い、一定の条件を満たした応募者全員に贈られる「おもちゃのカンヅメ」キャンペーンは、菓子会社の懸賞の中でも歴史が古い。

その他[編集]

戦後日本で、女性が男性にチョコレートを贈るといったバレンタインの習慣が広まった起源のひとつに森永製菓の宣伝がきっかけとなった説がある。詳しくはバレンタインデーを参照。

主な製品[編集]

(現在)

※現在発売中の製品全てについては商品カタログを参照のこと。
※部署の特別表記がない場合、すべて菓子事業部が担当している。

チョコレート[編集]

ビスケット/パイ菓子[編集]

  • マリー - マリー・アントワネットが宮殿で初めて高級ビスケットを作らせ、自分の名マリーと名付けて常に愛用した伝から創業者が命名[7]
    • ミニチョコマリー
  • チョイス
  • ムーンライト
    • ミニチョコムーンライト
  • チョコチップクッキー
    • ミニチョコチップクッキー
  • リーフィ
  • 和栗クッキー
  • アーモンドクッキー
  • エンゼルパイ
    • ミニエンゼルパイ
  • 小麦胚芽のクラッカー
  • マンナシリーズ - 『旧約聖書』でイスラエル人エジプト脱出後荒野で神から与えられた食物と言われる「マンナ(マナ)」に由来[7]
    • マンナビスケット
    • マンナボーロ - プレーン&かぼちゃ
    • マンナウェファー
  • ガトーショコラ
  • 和栗ケーキ
  • ムーンライトソフトケーキ
  • パックンチョシリーズ
  • ステラおばさんのクッキーシリーズ
  • マクロビ派ブラウニー
  • マクロビ派ビスケット
  • Aクラス

スナック[編集]

キャラメル[編集]

  • 森永ミルクキャラメルシリーズ
  • 森永ハイソフト - ミルク
  • 森永ファッジ - 英国発祥のミルクキャラメル風味の砂糖菓子。

キャンディ[編集]

ケーキミックス[編集]

食品事業部が担当。

  • ホットケーキミックス
  • 森永のおいしいクッキーミックス
  • レアチーズケーキミックス
  • パンケーキミックス
  • レンジアップケーキミックス
  • ケーキシロップ
    • チョコレートシロップ
    • カラメルシロップ
    • メープルシロップ
  • モントン - 花王から譲渡された。商標は引き続き花王が保有している。

アイス[編集]

森永アイスクリームの販売用ケース(現在使用されているもの)

冷菓事業部が担当、製菓から発売されているもののみ列挙する。

マルチパック
  • チョコレートアイスバー
  • パリパリバー
  • ラムネバー
  • アイスカフェ・オ・レ
  • マリービスケットサンドアイス
  • ミルクキャラメルモナカ

飲料[編集]

食品事業部が担当。

ココア
  • ミルクココア
  • 純ココア
  • カカオ7.0
  • 牛乳で飲むココア
  • ショコラ・ショー
  • ショコラ・グラッセ
  • カカオFFAパワー
  • ティナ - 東北地方限定発売
その他
  • 森永甘酒
  • おしるこ - 冬季限定
  • 抹茶あずき
  • ゆず茶

健康・美容[編集]

ウイダー

ウイダー事業本部が担当 - 製品CMに出演している太田雄貴も同事業部に在籍していた。

美容

ヘルスケア事業部が担当。「天使の健康」ブランドの健康補助食品を製造販売している - 通信販売のみ。

その他[編集]

  • 具っとくだもの - 食品事業部
  • クックゼラチン - 食品事業部
  • にがいのとんでけ - 服薬用チョコレート、2015年11月発売、通信販売『天使の健康』で販売[9]

ほか、多数

キャラクター商品[編集]

過去に販売された主な製品[編集]

過去に発売された製品の一部は森永ミュージアムで閲覧可能。

チョコレート[編集]

  • ソフトチョコレート
  • パレードチョコレート
  • スキップチョコレート
  • エールチョコレート
  • フラワーチョコレート
  • ポールチョコレート
  • チョコレートボール(チョコボールの原型)
  • チョコフレーク
  • チョコベー
  • カリンチョ
  • ドーナッチョ
  • まろん
  • チョコの樹
  • くるみの森
  • クライマー
  • 森のどんぐり
  • つくんこ
  • チョコパッパ(ふりかけ状のチョコレート)
  • ジャスト(チョコレート)
  • さっチョコだち(チョコスナック)
  • チョコぼうし
  • お菓子なお寿司屋さん(チョコスナック)
  • ボクたち2軍だ(チョコスナック)
  • こニャン子クラブ
  • ぬ〜ぼ〜(エアインチョコ)
  • ワインゼリー
  • ブランデーゼリー
  • CARA(キャラ)
  • ザギー(チョコレートバー)
  • スプーナ(エアインチョコ)
  • スプーナ 苺のムース
  • リド
  • ソリッド
  • ディーン
  • ジョイム
  • アッセ
  • アンシス
  • 花日和
  • &BITTER
  • 刻みカカオ
  • ラドンナ
  • ルネス
  • ポリフェリッチ
  • アーモンド・グリエ
  • マカダミア・グリエ
  • ナッチ
  • ジーン
  • プチモンブラン
  • 栗の季節
  • フリュイ
  • 彩紫(Ayamurasaki)
  • ミア(東北地区限定)
  • フィンガーチョコレート

ほか

ビスケット[編集]

  • フラワー - 1950年代の贈答用のビスケット詰め合わせ。
  • コンサート - 同上、昭和30年代
  • クリームウェファース
  • エンジェリア
  • シンフォニー
  • クレマ
  • ディア
  • ボンソワール
  • クラシック
  • シルフィ
  • ブラウンライス
  • ウェルツインサンド - バニラ&ストロベリーラテクリーム
  • レモニスト
  • デセール・ドール - ガトーショコラ、フレンチショコラケーキ
  • シフォネーズ
  • 大納言ケーキ
  • 宇治抹茶ケーキ
  • ミルクココアケーキ

ほか

キャラメル[編集]

  • コーヒーキャラメル
  • チョコレートキャラメル
  • フレンチキャラメル
  • スポーツマンクラブキャラメル
  • おたのしみキャラメル
  • 白いキャラメル

ほか

キャンディ[編集]

ほか

スナック[編集]

  • スピン
  • ハイプレッツェル
  • チーズクラッカー
  • ナイス(クラッカー)
  • タイム(クラッカー)
  • うわさのパンチョ
  • ノンフライ 焼きポテト[10]
  • マメロング
  • トウモロング
  • コメロング
  • 五色あられ(米菓
  • ラブチャット
  • ぱっく からマヨ
  • ぱっく Pizza
  • ハイキャラスナック

アイス[編集]

森永アイスクリームの販売用ケース(1980年代までのもの。店によっては現在も使用している場合がある)
  • 森永バニラエイト
  • 森永デリカ
  • アイスバーガー
  • 森永みぞれ
  • みぞれバー(マルチパック)
  • バケバケバー(1983年昭和58年)。アイスバーにプリントされたオバケの絵が特徴)
  • 三角バー(1986年(昭和61年))[11]
  • コニーパフェ(コーンアイス)
  • ぬ〜ぼ〜
  • MEN'S(男性向け。バニラとロストアーモンドが発売された)
  • オペラグレイス
  • チョコフレークコーン
  • チョコモナカ
  • チョコモナカデラックス
  • あんもなか
  • 栗もなか
  • 北海道あずき最中
  • ダブルアーモンド
  • ドーリードッツ
  • まいったね
  • アーモンド入り小枝
  • アイスチョコボール
  • レーズンブレッドサンドアイス
  • 桃のケーキサンドアイス
  • ビスケットサンド
  • ムーンライトソフトケーキ

ほか

飲料[編集]

茶類
  • 森永宇治かほる(大正末期に発売された緑茶
  • 森永紅茶
  • ローヤルティー
コーヒー
  • 森永コーヒー
  • インスタントコーヒー
  • JAGUAR(缶コーヒー)
  • まんがココア(缶コーヒー)
  • チョコレートドリンクエルエル(缶コーヒー)
  • 純ココア(缶コーヒー)
  • リアルショコラドリンク(缶コーヒー)
  • ミルクココアミッキーマウス(缶コーヒー)
  • 眠れない珈琲(缶コーヒー)
  • ハイクリームココア(缶コーヒー)
  • カフェ・オ・レ(缶コーヒー)
  • カフェ・オ・レ富士山系の水使用(缶コーヒー)
  • ココア・オ・レ(缶コーヒー)
  • オリジナルブレンド(缶コーヒー)
ココア
  • まんがココア
  • ブレクファストココア
  • ココアフレンドフリー
  • スペシャルリザーブココア〈ピュアココア・ミルクココア〉
  • マリーテレーズココア スペシャリティ
  • 牛乳用ココア
  • アーモンドココア
  • プレミオココア
  • ザ・ココア
  • お水でおいしいアイスココア
  • カカオ極立て贅沢なココア
  • inner FFAカカオドリンク
  • inner FFAカカオパウダー
  • ティナ
  • 牛乳で飲むココアミルクキャラメル味
  • 牛乳で飲むココア塩バニラ味
  • 牛乳で飲むココアコーヒー牛乳味
  • 牛乳で飲むココアアサイー&バナナ味
  • 牛乳で飲むココア乳酸菌入り
  • ココア・さわやか仕上げ
  • とっておきのココア
  • ココアの実
  • 森永ココア北海道ミルク
  • ミルクココア・ジュニア
  • ミルクココア〈お徳用〉
  • ミルクココアカロリーハーフ
  • ミルクココアキュット
  • 20世紀ミルクココア
  • ミルクココア・生クリーム使用
  • ミルクココア・アイス
  • ミルクココア・New豊かなコクと香り
  • ミルクココアカロリー
  • ミルクココアカカオ
  • ミルクココアカカオ2倍
  • ミルクココア甘くないカカオ2倍
  • ミルクココアカカオ2倍プラス
  • ミルクココア大人の贅沢仕立て
  • ミルクココアクリーミーテイスト
  • ミルクココアプチ
  • ミルクココアカロリー1/4袋
  • ミルクココアスティック
  • ミルクココアカロリー1/4スティック
  • スペシャルティミルクココア
  • アイスココア
  • アイスココア・100周年
  • ショコラ・ショー
  • ショコラ・グラッセ
  • Cacao70
  • 森永のカカオニブ
トマトジュース
  • トマトジュース
コーンスープ
  • コーンスープ
清涼飲料
コーヒー入り清涼飲料
  • モカジャバ・ジャワ島生まれ
炭酸飲料
  • はじける爽快感
  • バラ薫る
果実入り飲料
  • 和梨
  • ビバトロピカル
  • みかん
  • サンキストシリーズ
  • あんず
  • 津軽りんご
  • 温州みかん
  • 期間限定夏みかん
乳飲料
  • チョコボールドリンク
  • チョコボールドリンク・いちご味
ウィダー
  • ダイエットウィダー
ギフト
  • エル・マホール ギフト

その他[編集]

  • 森永ソース(森永食糧工業時代に製造・販売していた)
  • 森永トマトケチャップ(森永食糧工業時代に製造・販売していた)
  • 森永お好み焼粉
  • インスタントポテトマッシュ
  • ぬかよろこびぬか漬けの素)[12]
  • もっちり和ぽんの粉(静岡地区限定発売)

ほか、多数

過去のキャラクター製品[編集]

など、多数

沿革[編集]

不二越ビルにあったネオンサイン
(通称「銀座の地球儀」)
(注)森永製菓の社名の変遷、乳業事業(現在の森永乳業)の変遷は、森永乳業のページの沿革部分にて説明されている。
  • 1899年(明治32年) - 前身の森永西洋菓子製造所を設立(創立者は森永太一郎。ビスケットの森永チョイスに「MT」と浮き彫りになっているのはMorinaga Taichirohにちなむ)。マシュマロの生産販売を始める。
  • 1905年(明治38年)
    • 創業5周年を迎える。
    • 経営実務担当のパートナーとして松崎半三郎を招聘する。以後は近年まで森永家と松崎家が交代で社長に就任していた。トレードマークにエンゼルマークを制定する。マークは、創業時の主力商品のマシュマロが英語で「エンゼルフード」と呼ばれていたことと、太一郎自身がキリスト教徒だったことによる。
  • 1909年(明治42年) - 創業10周年を迎える。
  • 1910年(明治43年) - 株式会社森永商店として会社組織に改める。
  • 1912年(大正元年) - 森永製菓株式会社に商号変更。
  • 1914年(大正3年)
  • 1915年(大正4年) - ビスケットの生産販売を開始(当初は輸出向けで、国内向けは1923年(大正12年)から)。
  • 1918年(大正7年) - ミルクチョコレートの一貫生産を始め、販売を開始。
  • 1919年(大正8年)
  • 1921年(大正10年) - 粉ミルクを国産化。
  • 1924年(大正13年) - 創業25周年を迎える。
  • 1925年(大正14年) - 塚口工場(兵庫県尼崎市)、鶴見工場(神奈川県横浜市)新設。最新機械設備による大量生産体制を本格化。
  • 1929年(昭和4年) - 創業30周年を迎える。
  • 1930年(昭和5年) - 赤ちゃん専用ビスケット「マンナ」を発売開始。
  • 1931年(昭和6年) - チューインガムの生産販売を開始。
  • 1932年(昭和7年) - 第1回「キャラメル藝術」キャンペーン。1937年(昭和12年)まで6回続き、応募総数186万6,400点に上る。
  • 1934年(昭和9年) - 創業35周年を迎える。
  • 1937年(昭和12年) - 「森永母を讃える会」を設立。母の日の普及活動を全国展開。
  • 1939年(昭和14年) - 創業40周年を迎える。
  • 1942年(昭和17年) - 系列会社の(旧)森永乳業、森永食品工業、東海製菓、森永関西乳業の4社を合併。
  • 1943年(昭和18年) - 森永食糧工業株式会社に商号変更。
  • 1944年(昭和19年)
    • 創業45周年を迎える。
    • ペニシリンの国産化に初めて成功。
  • 1945年(昭和20年) - 終戦後から1952年(昭和27年)の占領解除までの間、占領軍兵士向けの菓子類を生産納入。
  • 1949年(昭和24年)
    • 創業50周年を迎える。
    • 4月13日 - 森永食糧工業から森永乳業が独立。
    • 8月 - 森永食糧工業から森永商事(販売会社)が独立。
    • 10月 - 森永食糧工業の乳業部門を森永乳業に譲渡。森永製菓株式会社に商号変更。
  • 1951年(昭和26年) - 初のラジオ提供番組「森永エンゼルタイム」放送開始。同時にエンゼルのテーマ曲『エンゼルはいつでも』を製作。翌1952年(昭和27年)に『やっぱり森永ネ』も作られた。
  • 1953年(昭和28年)
    • 東京銀座の不二越ビル(9階建)屋上に球形のネオンサインを設置。東海道線山手線京浜東北線の車窓からも見えるこの広告塔は当地のランドマークの一つとなり、以降、1983年(昭和58年)に撤去されるまで、「銀座の地球儀」として親しまれる。
    • 「小中学生ヘリコプター試乗サービス」と題して日本全国数十ヶ所にて抽選で選ばれた合計数千人の小中学生を実際にヘリコプターに乗せるキャンペーンを実施した。このキャンペーン当時はキャラメルの空き箱裏側が応募用紙になっていて子供達はそれに書いて応募した。
    • 醸造部門を分離し、森永醸造株式会社を設立。
  • 1954年(昭和29年)
  • 1955年(昭和30年)6月頃 - 森永乳業が森永ヒ素ミルク中毒事件を起こす。
  • 1956年(昭和31年) - アイスクリームの生産販売を本格開始。
  • 1957年(昭和32年) - ホットケーキの素を商品化。
  • 1959年(昭和34年) - 創業60周年を迎える。
  • 1960年(昭和35年) - 日本で初めてインスタントコーヒーを製造発売。バレンタインデーの企画を大々的に展開。ベルマーク運動に参加。
  • 1961年(昭和36年)
  • 1962年(昭和37年) - フジテレビ音楽番組森永スパーク・ショー」番組提供。
  • 1963年(昭和38年) - NETテレビ(現:テレビ朝日)のテレビアニメ狼少年ケン」番組提供。「まんがココア」発売。
  • 1964年(昭和39年)
  • 1965年(昭和40年)
    • 3月 - 大和食品(現:森永エンゼルデザート)を設立。
    • 8月 - 米国ゼネラルミルズ社との合弁会社「森永ゼネラルミルズ(Morinaga General Mills)」(現:森永スナック食品)を設立。スナック菓子の製造業務を開始。
  • 1966年(昭和41年)8月 - 夏の海水浴場での恒例だった「学生キャンプストア」が13年の歴史に幕。
  • 1967年(昭和42年)
  • 1969年(昭和44年)
    • 創業70周年を迎える。
    • ミルクキャラメル「森永ハイソフト」、スナック菓子「スピン」発売開始。
    • 森永チョコボールの「おもちゃのカンヅメ」プレゼント企画開始。大人気となり、現在まで継続されている。
  • 1970年(昭和45年)3月15日 - 大阪千里で開かれた日本万国博覧会にて、空中ビュッフェを出店。(~9月13日
  • 1970年(昭和45年)12月 - 建設中の新本社ビル(森永製菓・森永乳業の本社が入居)を運営管理するために森永開発株式会社を設立。
  • 1971年(昭和46年) - 「小枝 (チョコレート)」発売開始。
  • 1972年
  • 1973年(昭和48年) - 「森永ラムネ」発売。
  • 1974年(昭和49年)
  • 4月1日 - フジテレビ系音楽番組「夜のヒットスタジオ」提供開始。[17]
  • 1975年(昭和50年) - ガム菓子「森永ハイチュウ」発売開始。
  • 1977年(昭和52年) - 「チュッパチャップス」キャンディーの輸入発売開始。
  • 1978年(昭和53年) - スナック菓子ポテロング」発売開始。
  • 1979年(昭和54年)
  • 1980年(昭和55年) - 「森永デザート」を設立。
  • 1981年(昭和56年) - スナック菓子「おっとっと」発売開始。
  • 1983年(昭和58年)
    • 「銀座の地球儀」として長年親しまれた球形ネオンサイン撤去。
    • チョコスナック菓子「つくんこ」と「チョコパッパ」を発売。
  • 1984年(昭和59年)
  • 1986年(昭和61年)7月 - CIを導入、エンゼルマークを現在のものに変更。
  • 1987年(昭和62年)4月 - 小山新工場落成。
  • 1989年(平成元年)
    • 創業90周年を迎える。
    • ICE BOX発売開始。
  • 1989年(平成元年)11月 - 子会社の森永開発、株式を店頭登録。
  • 1991年(平成3年)
  • 1993年(平成5年) - 12粒入チョコレート「ソリッドダース」発売開始。
  • 1994年(平成6年)
  • 1996年(平成8年)10月 - 森永ホームページ開設。
  • 1998年(平成10年) - 小山工場、業界初のISO14001認証を取得。2000年(平成12年)に全工場で取得が完了。
  • 1999年(平成11年)
    • 創業100周年を迎える。
    • 4月 - 森永開発を吸収合併。
    • 7月 - 小中学生向け自然体験事業として、第1回「リトルエンゼル無人島探検隊」実施(2016年より「チャレンジ!無人島探検隊」と改題、2018年で終了)。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月 - 子会社の福徳長酒類を合同酒精に売却。
    • 7月 - レストラン森永から営業権を委譲、新会社「エンゼルフードシステムズ」設立(2004年12月株式譲渡)。
  • 2002年(平成14年) - チョコレート菓子「カレ・ド・ショコラ」発売。
  • 2003年(平成15年) - 日本テレビミニ番組エンゼルのいる星』提供開始(2009年(平成21年)3月まで放送)。
  • 2004年(平成16年)
    • 創業105周年を迎える。
    • 「マリー」の商標権を取得。ハイチュウ、中国・上海市で製造開始。
  • 2006年(平成18年) - 森永剛太が会長、矢田雅之が第7代代表取締役社長にそれぞれ就任。
  • 2007年(平成19年) - 米国バリーカレボー社と業務提携を結ぶ。
  • 2008年(平成20年) - アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国現地法人「米国森永製菓」設立。社会貢献活動「エンゼル・スマイル・プロジェクト」開始。
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)12月 - 中華人民共和国の旗 中国アジア事業の拡大に向け生産能力を増強する目的で、中国浙江省平湖経済開発区に現地新法人「森永食品(浙江)有限公司」を設立。2011年(平成23年)12月より製造業務開始[19]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 - 東日本大震災が発生。これにより小山工場が被災し、小山工場では主要品目であるチョコボール、キャラメル、エンゼルパイの生産ラインがストップしてしまう。震災により社員1名が死亡した[20]
    • 4月 - 高崎第一工場(群馬県高崎市宮原町)竣工。新生産部門として「高崎森永株式会社」設立。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月 - 群馬県高崎市宮原町に総額約100億円を投じた第二工場の建設を開始。2013年(平成25年)6月生産開始[21]
    • 5月22日 - 高木貞男元会長逝去(享年91)[22][23]
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 創業115周年を迎える。
    • 健康美容志向者向け新商品として「マクロビ派」シリーズ(ビスケット、他)発売。
  • 2016年(平成28年)- 長年輸入販売していた「チュッパチャプス」の森永製菓での販売を終了。日本国内での販売権をクラシエフーズ株式会社へ移管。
  • 2017年(平成29年)
    • 2月24日 - 日本経済新聞により、兄弟会社である森永乳業との間で2018年4月をめどに持株会社形態で経営統合すると報じられた。3月、統合しないと結論した。
    • 7月1日 - 森永エンゼルカントリー株式会社を合併。
    • 9月29日(金曜日) - この日、日本記念日協会に、29日が金曜日になる日を「筋肉を考える日」という新たな記念日として申請し正式登録され、同日より施行[24]
  • 2018年(平成30年)
    • 6月14日 - 群馬県高崎市宮原町に第三工場の建設を開始することを発表。2020年9月に生産開始予定[25]
    • 9月28日 - 森永スナック食品株式会社と森永甲府フーズ株式会社を2020年までに閉鎖し、2社の製造業務を鶴見工場と小山工場へ移管することを発表。同時に「森永チョコフレーク」の生産を終了することも発表[26][27]
    • 10月9日 - 業績不振を理由にインドネシア現地法人(連結決算対象) である「PT. Morinaga Kino Indonesia」の保有株式(持株比率51%)の全てを PT. Kino Indonesia Tbk に売却することを決定。事実上インドネシアでの生産販売業務からの撤退を表明。尚、森永製菓株式会社インドネシア駐在事務所は存続。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 創業120周年を迎える。
    • 4月23日 - 公正取引委員会より、下請法違反により勧告を受ける[28]。    
    • 8月15日 - 創業120周年を記念して、新聞朝刊各紙に1ページで記念広告「おかしなすごろく」を掲載。翌16日から12月13日までの4か月にわたり、公式Twitterから毎日1問ずつ、延べ120日間・全120問に亘りクイズを出題するキャンペーン「クイズ!森永120」を実施[29]

製造・研究拠点[編集]

森永製菓横浜鶴見工場

研究所[編集]

工場[編集]

営業拠点[編集]

統括支店[編集]

関連企業[編集]

日本国内[編集]

兄弟会社
食品製造
食品卸売および飲食店
不動産およびシェアードサービス
その他

日本国外[編集]

台灣森永製菓本社

消滅した企業[編集]

  • 森永キャンデーストア(菓子専門店。独自製品も発売していたことがある)
  • レストラン森永(レストラン事業のほか、ファーストフードチェーン森永LOVEも経営していた)
  • 有限会社エンゼルリゾート蓼科管理(長野県茅野市
  • 森永エンゼルカントリー株式会社(千葉県富津市にてゴルフ場を運営していたが、2017年7月1日付で森永製菓に吸収合併)
  • 森永キノインドネシア株式会社(PT. Morinaga Kino Indonesia)( インドネシア バンテン州)は業績不振により、2019年1月に保有株式の全てを PT. Kino Indoneaia Tbkに売却し、森永製菓としてのインドネシア事業から撤退をした。

広告宣伝[編集]

主なCM[編集]

現在のCM[編集]

2013年3月以前及び10月のCMの最後に流れるサウンドロゴは黒バックにエンゼルが踊り♪もりなが♪の優しい歌声で締めるものだった。この声は、シンガー・ソングライターの峠恵子である。ただし、チョコレートのCMでは2007年から2009年まで最後に「SINCE1918 森永チョコレート」が表示されていた(森永ミルクチョコレート発売90周年にちなむ)。ウィダーのCMでは最後に黒バックにウィダーのロゴと「Power Your Life!」のメッセージが流れた。
2013年4月以降(10月のみ上記に戻された)のサウンドロゴは冒頭に♪もりなが♪と男性が歌うもので、真ん中に「日本を元気に」の表記、右に太田雄貴(森永製菓所属)の画像が流れた後CM本編に入る。

同業の菓子メーカーである江崎グリコ明治ロッテなどと並び、メインターゲットである10代~20代に支持のある旬のアイドル歌手などを多数起用することで有名である。同社のCMから人気が爆発したタレントもおり、出演CMに必ずそのタレントの歌う楽曲が使用されたりと、芸能界からも登竜門的なCMとして注目されている。

テレビCMは主に地上波全国放送で流れるが、一部、関東や東北などの地域で放送されるものもある[30]スペースシャワーTVスーパー!ドラマTVアニマックスキッズステーションなどといったCS放送チャンネルで放送していることもある。近年ではJR東日本の「トレインチャンネル」向けにもCMを配信している(放送中のテレビCMに字幕スーパーをつけて配信する他、「カレ・ド・ショコラ」の紹介動画を配信している)。

CMは森永製菓公式サイト「CMギャラリー」およびYouTube公式チャンネルでも視聴可能。

CM出演タレント・キャラクター[編集]
男性
  • 磯村勇斗 - チョコボール
  • 遠藤憲一 - チョコボール
  • 関ジャニ∞ - ハイチュウ、アイスチョコモナカジャンボ、バニラモナカジャンボ
    • 丸山隆平安田章大錦戸亮 - ICE BOX
    • 村上信五 - 小麦胚芽のクラッカー
    • 横山裕 - ハイチュウプレミアム(2015年 - 2016年3月までアイスモナカジャンボのCMに出演。2016年3月25日より関ジャニ∞が同商品のCMに起用されたためメンバーの一人として出演した)、小麦胚芽のクラッカー
  • 櫻井翔) - ウィダー(※錦織圭と共演のものもある)
  • ジュード・ロウ - ハイチュウ(※関ジャニ∞と共演)
  • 菅田将暉 - ダース
  • 錦織圭 - ウィダー(※櫻井翔と共演のものもある)
  • 西島秀俊 - カレ・ド・ショコラ(過去:ICE BOX)
女性
キャラクター

ORはオリジナルキャラクター)

過去のCM[編集]

CM最後の表示は1967年(昭和42年)から「ピ・ポ・ピ・ポ」のシグナル音[31]とともに画面下隅もしくは文字や商品と被らない位置でエンゼルが振り向くアニメーションを使用していたが、1986年(昭和61年)のマーク変更とともにエンゼルマークが「ポ・ピ・ポ」(少し高い音)とともにフラッシュされてアップされる方式となり、商品の画とともに画面スペース半分のものもあった。以後シグナル音から出演タレントが「もりなが♪」と締める方式に変更された。

旧エンゼルマーク時代はCM冒頭の隅部分に、エンゼルが逆立ちしながらTM文字を持つエンゼルマークを表示していた。(一部のCMでは表示されず。)

旧エンゼル時代、チョコボールなど子供を対象とした製品のCMの最後のテロップは、ブルーバックに「ごちそうさま おくちを きれいに…」の3行メッセージとエンゼルのアニメーション、下部分に企業スローガンである「おいしく たのしく すこやかに」が書かれていた。

1984年(昭和59年)10月17日、関西地区は10月10日から数ヶ月間グリコ・森永事件の影響で、2011年(平成23年)3月12日から4月上旬までの間は東日本大震災の影響で、CM放送を自粛した。

過去のCM出演タレント・キャラクター[編集]

×は故人

男性

ほか

女性

ほか

男女混成

ほか

ナレーション
  • おすぎ - 半熟ショコラ「予告編」
  • 小森和子× - 小枝(高原の小枝を大切に…)

ほか

キャラクター

ほか

森永ブランドCM

ブランドCM・オリジナルソング[編集]

楽曲『エンゼルはいつでも』[編集]

  • 森永エンゼルの歌『エンゼルはいつでも
    「どこかでエンゼルは、いつでも眺めている」のフレーズが特徴の森永の企業CMソング。
    1951年(昭和26年)の民放ラジオ放送開始に合わせて製作され、初期に録音されたバージョンを歌っているのは童謡歌手川田孝子で、当時提供していたラジオ番組『森永エンゼルタイム』の中で流れていた。
    1959年(昭和34年)に、若草児童合唱団の合唱によるバージョンが録音され、以後、1960〜70年代の森永製品のテレビ・ラジオCMで多く使用された。1984年(昭和59年)の特別版CM「ご声援ありがとうございます」編(後述)でもこのバージョンが流れた。
    歌詞全文はこちらを参照
レコード・CD収録
  • 川田孝子版 - 『甦える童謡歌手大全集』(コロムビア、10枚組、通信販売限定)DISC-2の8曲目に収録[36]
  • 若草児童合唱団版 - 『コマソン≪黄金時代≫〜懐しのTV-CM大全集 (1954〜1961) 』[37]キングレコード)22曲目に収録。
  • カバーバージョン - 『心と耳にのこるCMのうた』(キングレコード、KICS-3001。2007年3月発売)13曲目。竹田えりひまわりキッズが歌っている[38]
  • 松本和子、井上裕子、コロムビアゆりかご会 - EP「雪うさぎ/エンゼルはいつでも」(コロムビア、SC-310、1969年発売)収録。
その他の事項
  • 1970年代キャンディーズが出演していた「チョコフレーク」のCMにおいても、この『エンゼルはいつでも』を歌いながら踊る場面があった。
  • 1990年代、本社前に製品を販売するクレーン式の大きな自動販売機があり、お金を入れて購入ボタンを押すと、行進曲風にアレンジされたこの曲が大音量で鳴る間に内部クレーンに商品が乗る、時代があった。

森永ブランドCM[編集]

「ご声援ありがとうございます」バージョン(30秒) - 1984年(昭和59年)冬〜1985年(昭和60年)春
  • 1984年(昭和59年)12月から1985年(昭和60年)春にかけて放送された森永製菓の特別企業CMであり、当時の提供番組内にて放送された。1984年(昭和59年)に起きたグリコ・森永事件の傷痕も生々しい中、どん底からの復活を果たすべく、全国のファンからの温かい支援・激励に感謝の意をこめて「エンゼルはいつでも」にのせて、夕焼けの海に佇むエンゼルと、森永製品を一つ一つずつ映し出し、終盤に「(略)ご声援ありがとうございます」のナレーションが流れると共に、最後はお辞儀をするエンゼルの横に、テロップで「ご声援ありがとうございます。 森永製菓株式会社」を表示。CMは「ピ・ポ・ピ・ポ」音とエンゼルアニメーションはなく、通常CM同様に冒頭下隅にエンゼルマークを表示した。このCMのエンゼルはアニメではなく実写であった。
  • CM放映と同じくして、全国紙各紙に、全国からの励ましのお便りを紹介する広告も掲載された。
「エンゼルのいる星」バージョン(30秒) - 2000年代

番組提供[編集]

  • 太字で記載されているものは単独提供番組斜体は複数提供の筆頭スポンサー。稀に特別番組で筆頭提供することもある。
  • G表記があるのはモリナガグループ提供(森永製菓・森永乳業共同提供)番組。W表記があるのはウイダーinゼリー名義で提供されている(された)番組。
  • CCカウキャッチャーHHヒッチハイクPTパーティシペーション
  • 過去提供番組中、◇がついているものは現在も継続中。

テレビ番組[編集]

現在の提供番組[編集]

(現在)

日本テレビ
テレビ朝日
フジテレビ
過去の主な提供番組[編集]
日本テレビ系
KR(ラジオ東京)→TBS系
フジテレビ系
NETテレビ→テレビ朝日系
東京12チャンネル→テレビ東京系
その他

他多数

ラジオ番組[編集]

現在の提供番組[編集]

ほか

過去の提供番組[編集]
民放初期(昭和20~30年代)

ほか

昭和40年代〜令和

など、多数

スポンサー協賛・イベント[編集]

公式スポンサー[編集]

など

過去

など

森永主催イベント[編集]

など多数

過去
  • 森永母の日大会(昭和10年代、「森永母を讃える会」主催で母の日普及活動を展開)
  • 学生キャンプストア(昭和20~30年代)

など

CSR[編集]

  • 2006年より、地方自治体と共同で「防災のしおり」を作成している[72]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 四半期報告書(第171期第2四半期)
  2. ^ 森永乳業も同型のロゴを使用していたが、こちらは「社」であった。
  3. ^ a b エンゼルマークの変更直後もしばらく旧ロゴと併用しており、新エンゼルマークと旧ロゴの組み合わせで製造された商品も存在した。新旧エンゼルマークの商品が混在して菓子店やスーパーなどの売場に陳列されることもあった。
  4. ^ 森永製菓・乳業統合へ 18年4月メド持ち株会社 2017年2月24日、日経電子版
  5. ^ 森永製菓株式会社との経営統合に向けた検討終了についてのお知らせ (PDF) 森永乳業公式 2017年3月30日
  6. ^ 1970年代から後楽園球場の外野フェンス広告として親しまれた。
  7. ^ a b 同志社英学校と森永西洋菓子製造所─創始者たちの帰国より死に至るまで森永長壹郎、同志社大学『新島研究』103号、2012-02-28
  8. ^ 2012年12月まではP&Gジャパンと株式会社 明治が合同で販売総代理店となっていた。
  9. ^ にがいのにがいの飛んでけー 薬を飲むためのチョコ開発”. 朝日新聞 (2015年11月13日). 2015年11月19日閲覧。
  10. ^ 「商品開発に予算をつぎ込んだ結果、十分なCM費用が取れず」の触れ込みで、あえて静止画像で制作したCMが話題を呼ぶ。
  11. ^ 静岡地区において試験販売されたが、売れ行きが目標に到達せず、本発売は中止された。
  12. ^ 当時、フジテレビ「クイズ・ドレミファドン!」の残念賞として「ぬかよろこび」が登場したことがある。
  13. ^ a b おまけ部分は玩具メーカーであるバンダイが製造。
  14. ^ a b c キン肉マンの好物に森永ココアなどがある。
  15. ^ 1973年放映のチョコベーのCM「田舎編」は1991年ACC創立30周年記念「昭和のCM100選」に選ばれている。
  16. ^ 【森永製菓 チョコモナカジャンボ】板チョコをイメージした形のチョコモナカ誕生(男の浪漫伝説 Vol.77)| ドリームメール
  17. ^ a b 1974年三波伸介芳村真理朝丘雪路司会時代(朝丘は途中降板))から一貫して提供を続けた(ただし井上順・芳村司会時代に一時提供中止、月曜10時最終期から復帰しDELUXE最初期まで「ご声援ありがとうございます」バージョンを放送した)。森永のほか資生堂ダイハツ工業など複数社提供。
  18. ^ この当時、店頭から森永製品が一時撤去されたほか、テレビCMの放送も自粛。主要な生産ラインが止まってしまい、再開した後もかつての4枚入りハイクラウンなどは復刻できなくなるなどの影響が出た。
  19. ^ 中国新会社設立に関するお知らせ(PDFファイル)- 森永製菓株式会社、2010年12月14日(12月19日閲覧)
  20. ^ 東北地方太平洋沖地震の影響に関するお知らせ - 森永製菓株式会社、2011年3月22日
  21. ^ 高崎第二工場建設に関するお知らせ 森永製菓株式会社、2012年11月1日 (PDF)
  22. ^ 【訃報】高木貞男氏(元森永製菓会長) SankeiBiz 2012年5月29日閲覧
  23. ^ 高木貞男「お別れ会」のご案内 森永製菓株式会社、2012年6月14日(6月15日閲覧) (PDF)
  24. ^ “29日の金曜日は何の日?森永製菓の申請で「筋肉を考える日」が誕生”. ウォーカープラス. KADOKAWA. (2017年10月6日). https://www.walkerplus.com/article/122787/ 2019年8月27日閲覧。 
  25. ^ 高崎第3工場建設・2018中期経営計画生産再構築に関するお知らせ森永製菓 2018年6月14日
  26. ^ 国内における生産拠点の再編について森永製菓 2018年9月28日
  27. ^ 森永製菓、「チョコフレーク」の生産終了 日本経済新聞 2018年9月28日
  28. ^ 森永製菓株式会社に対する勧告について”. 公正取引委員会. 2019年8月14日閲覧。
  29. ^ クイズ!森永120 森永製菓株式会社
  30. ^ 2008年より福岡佐賀地区限定で放送されていた「森永ミルクキャラメル」のCMは、2009年より全国放送されている(6月10日ミルクキャラメルの日にちなみ放映開始された)。
  31. ^ CMによっては、通常より高いシグナル音が鳴っていた。一番高いシグナル音は「ミラクルアルファ」のCMで、通常の約1.4倍速のシグナル音。逆に一番低いシグナル音は「チョコベー」のCMで、通常の約0.63倍速のシグナル音。速さは2つのCMとも同じである。
  32. ^ 2003年に5社共同(森永、永谷園金鳥ツムラミスタードーナツ)によるルーレットCMが放送され、話題を呼んだ。浅野は同業者江崎グリコの「オトナグリコ」CM「25年後の磯野家」では磯野カツオ役を演じた。
  33. ^ 同業者であるロッテのCMにも出演している(ロッテはJOCオフィシャルパートナーである)。
  34. ^ 2009年CanCamの専属モデル4名(高橋メアリージュン峰えりか舞川あいく近藤しづか)で結成されたユニット。
  35. ^ 実父は元森永製菓社員(現在は飲食店自営)で、山瀬自身もデビュー当初「チョコボール」のCMで田中星児と共演した。
  36. ^ 甦える童謡歌手大全集 - コロムビアミュージックショップ、2010年9月3日閲覧
  37. ^ コマソン〈黄金時代〉〜懐しのTV-CM大全集(1954〜1961) - Amazon.co.jp
  38. ^ 心と耳にのこるCMのうた - キングレコードによる紹介。2010年9月3日閲覧
  39. ^ 1950~60年代に大相撲が民放で中継された事があり、森永が単独スポンサーを務めた。
  40. ^ a b c 同業者の江崎グリコもスポンサー。
  41. ^ a b 1980年代はロッテに交代。
  42. ^ 1987年にテレビ東京系でリメイク作品が放送されたが、リメイク版は提供せず。
  43. ^ 12時台後半を提供。1984年10月の放送3年目突入直後に一時提供中止、1985年から復帰ししばらく「ご声援ありがとうございます」バージョンを放送した。
  44. ^ このほか、製菓競合各社(江崎グリコ、ロッテ、明治製菓)もスポンサーだった。
  45. ^ 当時は『よろしくメカドック』『炎のアルペンローゼ ジュディ&ランディ』。この間、一部地域でローカルセールスに降格した。
  46. ^ MUSIC HAMMER』(ローカルセールス、一部地域は別番組)を編成の為。
  47. ^ 現在は関西テレビ制作
  48. ^ 1983年4月より土曜18:30枠に移動、そのまま提供継続。放映当時「未来警察ウラシマンウエハースチョコ」が発売されていた。
  49. ^ サントリー一社提供のスポーツ情報番組(スポーツ天国スポーツ特Q)編成の為。
  50. ^ 白鳥麗子でございます!』(第2シリーズ)〜『時をかける少女
  51. ^ 1994年10月「若者のすべて」から1996年3月古畑任三郎(第2シーズン)」まで提供。
  52. ^ a b c d e f g h 同業者ではないが、協賛スポンサーである玩具メーカーバンダイが食玩菓子を発売している。
  53. ^ ハチミツとクローバー』や『働きマン』などでウイダーinゼリーが登場することがある。
  54. ^ 同業者の明治製菓(現:明治)もスポンサー。
  55. ^ 提供クレジットは、他のスポンサーはカラー表示であるのに対し、森永製菓のみ白色表示となっている。
  56. ^ 2007年2008年に行われたココア製品による当アニメタイアップの目覚まし時計プレゼントキャンペーンの際、提供クレジットに森永ココアと表記された。スポンサーの関係を生かし、第一期ではまる子たちが劇中の社会科見学で森永の工場を訪れている。
  57. ^ その前後は主に同業者のカバヤ食品がスポンサーであったが『クラッシュギアシリーズ』にて一時期復帰。
  58. ^ 機動戦士Vガンダム』以降、ただしMBS・TBS系『機動戦士ガンダム00』は除く。
  59. ^ 最終シリーズ『セーラースターズ』まで一貫して提供。当時、セーラームーン関連の商品も発売された。
  60. ^ 同業者のフルタ製菓がスポンサーになることがある。
  61. ^ 2010年(平成22年)3月31日放送のゴールデン3時間スペシャルで森永製菓が紹介され、チョコボールの工程や「おもちゃのカンヅメ」の歴史などについて紹介した。
  62. ^ 古くは「太陽戦隊サンバルカン」や「超電子バイオマン」(サンバルカンやバイオマンの商品も発売していたが途中で中止に)。「恐竜戦隊ジュウレンジャー」以降、ほぼ全作品で提供していた。2006年にスーパー戦隊30周年を記念して「スーパー戦隊ウェハースチョコ」が発売された。同業者のトップ製菓、フルタ製菓がスポンサーになることがある(土曜夕方6時枠時代は東鳩製菓(現:東ハト)も提供していた)。HHでも放送される場合がある。
  63. ^ 「牛乳で飲むココア・麦芽パウダー入り」の『妖怪ウォッチ』版が発売されている。
  64. ^ 1951年の民放ラジオ放送開始と共に開始された森永最初の提供番組。毎週金曜夜7時30分~8時まで30分間、ラジオ東京、中部日本放送 (現:CBCラジオ)新日本放送(NJB 現:毎日放送など全国で放送された。この番組は『バンダ海の無人島』『アラビアン・ナイト』などといった童話を読み聞かせで放送する番組だった。
  65. ^ MBSラジオラジオ関西CBCラジオなどへもネット。
  66. ^ a b c 東海ラジオなど一部地域へもネット。
  67. ^ a b 東海ラジオ(「ここがSF一丁目」内)など一部地域へもネットされていた。
  68. ^ 同番組のパーソナリティである近藤光史が2009年、MBSラジオ限定の森永ミルクキャラメルのラジオCMに出演していた。
  69. ^ 2011年5月技量審査場所は除外。
  70. ^ a b タイトルは『a-nation(西暦)powered by ウイダーinゼリー
  71. ^ 2009年6月、同フェスティバルとのコラボレーションによりポテロングのロックフェス仕様パッケージ「ポテロングZ」の新フレーバー「ロックな黒胡椒味」の2品が発売された。
  72. ^ 「防災対策分かりやすく 「しおり」作成 県、森永製菓と共同で」【東京新聞】2012年9月8日付
  73. ^ a b 浅田を支えた「チーム真央」 - MSN産経ニュース、2010年2月26日

外部リンク[編集]