岡野俊一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡野 俊一郎 Football pictogram.svg
Shunichiro Okano 1953.jpg
岡野俊一郎(1953年撮影)
名前
カタカナ オカノ シュンイチロウ
ラテン文字 OKANO Shunichiro
基本情報
生年月日 (1931-08-28) 1931年8月28日
大日本帝国の旗 大日本帝国, 東京府東京市下谷区(現・東京都台東区
没年月日 (2017-02-02) 2017年2月2日(満85歳没)
日本の旗 日本, 東京都
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
東京大学
代表歴
1955 日本の旗 日本 1 (0)
監督歴
1961  日本 U-20
1970-1971 日本の旗 日本
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

岡野 俊一郎(おかの しゅんいちろう、1931年8月28日 - 2017年2月2日)は、東京都出身のサッカー選手・サッカー指導者。第9代日本サッカー協会会長、企業経営者。学校法人日本体育大学顧問。

東京・上野の和菓子店「岡埜栄泉」代表取締役(五代目)[1]

略歴[編集]

3歳から水泳を始め、4歳ではスキーを履いた。戦前の全国大会である明治神宮大会に水泳50m自由形の東京都代表で出場したこともあり、また父親が持っていた店の野球部にも入っていた[2]

東京五輪・メキシコ五輪での活躍[編集]

岡野はプレイヤーとしての経験は高校(戦前の学制では中学にあたる)・大学での経験しかないが、長年指導者として日本代表に参加した(東京五輪:ベスト8、メキシコ五輪:3位)。これについては彼の東大時代の人脈が大いに生きている。[要出典]

当時の日本代表は、1960年からのデットマール・クラマーによる技術指導の影響により一定の技術水準(とはいっても、欧州・南米の一流国から見れば下手であるが)は得ていたが、戦術や敵の情報に関しては不十分であった。しかし、岡野は東京大学在学時の友人に商社勤務の者が大勢おり、海外勤務の友人から海外のサッカーのビデオや雑誌を入手し、敵の戦術解析、モダンサッカーの戦術研究を熱心に行なった。[要出典]

語学が堪能であったため長沼監督下では代表コーチに加え、クラマーの通訳という2つの大役をこなしていた。

当時の監督の長沼は、ベンチで隣に岡野を座らせるために選手登録を1名抹消(ベンチに入れる人数には制限があり、コーチ陣・選手合わせて一定の数にしなければならない)したほどである。クラマーの指導、選手たちの努力もあったが、岡野の研究も日本の快挙に大きく貢献したと言える。[要出典]

当時メダル獲得の期待が全くかけられていなかったサッカーは、メキシコへ派遣できる選手の登録人数を最大20人の登録枠に対し18人に削減されてしまった。これに最も強く反対した1人が当時コーチであった岡野俊一郎であったが、JOCの決定は覆せない。そこで、メキシコ五輪協会役員からの勧めもあり、選手が故障した場合を考えて、もしもの時の「最後の1人」として選手登録をしたのだった。結果として(日本側登録では)「コーチ」でありながら銅メダル獲得という珍しい事になってしまったのである[7]

クラマーとは、クラマーが日本を離れてからもクラマー本人のみならずクラマーの実母とも交流を続け、クラマーから「私とお前はブルーダー(ドイツ語で兄弟の意味)なんだ」と言われていた[8]。岡野もクラマーについて「彼が来たおかげで人生が変わっちゃった。それは一つも悔いがない。55年の素晴らしい友情だったと僕は思っている。デットマールには感謝したい」と述べている[9]

日本スポーツ界の重鎮として[編集]

岡野はサッカー日本代表監督を退任した後、日本サッカー協会理事となり低迷期にあった日本サッカー界を苦心して支える一方、その国内外の豊富な人脈を買われて日本オリンピック委員会(JOC)委員となり、総務主事などを務めた。JOCが日本体育協会の傘下団体から独立し、財団法人化された時にはJOC専務理事として会長の堤義明を補佐した。

1981年11月に、1985年ユニバーシアード神戸大会が決まると、「日本サッカーにとって大学サッカーは重要」との考えから来日していた当時世界のスポーツ界に強い影響力を持っていた友人のホルスト・ダスラー(アディダス創始者アドルフ・ダスラーの息子)にユニバーシアード神戸大会からサッカーを正式競技にする為、助力を頼んだ。すると、ホルスト・ダスラーはニューヨークにいたこれまた岡野の友人でもある国際大学スポーツ連盟(FISU)会長のプリモ・ネビオロに電話をかけ、岡野に取り次いだ。岡野の依頼を承諾したネビオロFISU会長は、FISU実行委員会から最初反対を受けたが、ネビオロFISU会長が強引に規約を改正して、ユニバーシアード神戸大会からサッカー競技を正式競技にした[10]。以後現在も、サッカーはユニバーシアードの正式競技となっている。

1990年には国際オリンピック委員会委員に就任し、1998年長野冬季オリンピック招致、そして開催成功にIOC委員として携わり、その後はIOCプログラム委員会(五輪実施競技を決定するセクション)の委員を務めていた。IOC委員は現在のIOC規則(2002年ソルトレークシティオリンピック後に改正された)では任期8年、70歳定年であるが、岡野は1990年の旧規則時の委員就任であるため定年は79歳だった。定年となった2011年に退任し、以後は名誉委員となった[11]

岡野は1998年に日本サッカー協会(JFA)会長になるが、前任会長だった長沼も国際的活動がメインであった岡野の負担を増やしたくないと慮り、自分の後任には当初は川淵三郎を考えたものの、川淵が辞退したため[12]、岡野に会長就任を要請した。岡野も当初は「協会会長とIOC委員を両立できるか悩んだ」が協会会長を引き受け、2002 FIFAワールドカップを成功させることになった。

岡野はJFA会長を1期で退任して川淵に後を譲ってJFA名誉会長、最高顧問を歴任、近年は日本サッカーミュージアム館長を務めていた。

また東京都文京区教育委員学校法人日本体育大学の顧問、全国ラジオ体操連盟会長を務め、青少年健全育成や国民健康増進などの分野でも活躍した。2012年にはサッカー界から初となる文化功労者となった。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(1955)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1955 1 0 4 0 5 0
通算 1 0 4 0 5 0

役職[編集]

賞詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上野駅前 岡埜栄泉総本家 会社概要
  2. ^ a b c 楊順行 (2017年2月5日). “合掌、岡野俊一郎さん。若き日の写真と、2002年日韓W杯の縁とは(その2)”. Yahoo!. http://bylines.news.yahoo.co.jp/yonobuyuki/20170204-00067344/ 2017年2月5日閲覧。 
  3. ^ 楊順行 (2017年2月4日). “合掌、岡野俊一郎さん。若き日の写真と、2002年日韓W杯の縁とは(その1)”. Yahoo!. http://bylines.news.yahoo.co.jp/yonobuyuki/20170204-00067344/ 2017年2月5日閲覧。 
  4. ^ 岡野最高顧問が文化功労者
  5. ^ “日本サッカー協会 岡野俊一郎相談役 逝去のお知らせ” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2017年2月3日), http://www.jfa.jp/news/00012500 2017年3月28日閲覧。 
  6. ^ 『官報』6976号、平成29年3月13日
  7. ^ “<岡野俊一郎さん死去>粋で洒脱な理論家 スポーツ界に尽力”. 毎日新聞. (2017年2月3日). http://mainichi.jp/articles/20170204/k00/00m/050/082000c 2017年2月4日閲覧。 
  8. ^ “「日本サッカーの父」を偲んで――。 クラマー氏と岡野最高顧問の絆。(3/4)”. Number Web (文芸春秋社). (2015年12月10日). http://number.bunshun.jp/articles/-/824704?page=3 2017年2月6日閲覧。 
  9. ^ “「日本サッカーの父」を偲んで――。 クラマー氏と岡野最高顧問の絆。(4/4)”. Number Web (文芸春秋社). (2015年12月10日). http://number.bunshun.jp/articles/-/824704?page=4 2017年2月6日閲覧。 
  10. ^ 山本昌邦著『日本サッカー遺産-ワールドカップ出場舞台裏の歴史と戦略』P144〜P145
  11. ^ “IOC会長が哀悼の意=岡野俊一郎さん死去で”. 時事通信. (2017年2月4日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020400287&g=scr 2017年2月4日閲覧。 
  12. ^ 川淵三郎『私の履歴書日本経済新聞社、2008年2月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]