杉山隆一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉山 隆一 Football pictogram.svg
Ryuichi Sugiyama and Dettmar Cramer 1964.jpg
杉山隆一(左側、右はデットマール・クラマー
名前
カタカナ スギヤマ リュウイチ
ラテン文字 SUGIYAMA Ryuichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1941-07-04) 1941年7月4日(76歳)
出身地 静岡県清水市
身長 169cm
体重 67kg
選手情報
ポジション FW MF
利き足
ユース
1957-1960 静岡県立清水東高校
1962-1965 明治大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1966-1973 三菱重工業 115 (41)
代表歴
1961-1971 日本の旗 日本 56 (15)
監督歴
1974-1983 ヤマハ発動機
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

杉山 隆一(すぎやま りゅういち、1941年7月4日 - )は、静岡県清水市 (現:静岡市) 出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

現役時代は強烈な左足のシュート、クロスを武器とする俊足の左ウイングとして活躍。晩年はトップ下としてプレーすることが多かった。日本代表では釜本邦茂との名コンビで知られた。

来歴[編集]

袖師中学校時代からサッカーを始め、清水東高校時代に第13回国民体育大会 (富山国体) で優勝、一躍有名になる。また高校1年から3年連続で日本ユース代表に選ばれAFCユース選手権に参加、国際的にも活躍した。

大学浪人中の1961年、19歳で国際Aマッチ初出場。明治大学在学中の1964年東京オリンピックで活躍。日本代表チームをベスト8へと導いた。この活躍により南米のクラブからは20万ドルの移籍金を提示され[1]「20万ドルの左足」と賞された。同年大学生ながら第4回日本年間最優秀選手賞を受賞している(1969年1973年にも同賞を受賞)。

1966年、明治大学卒業後は八幡製鉄に入団する予定だったが破談。しかしそれを知った三菱重工に誘われ入団。ここでも主力として活躍、1969年1973年と2度の日本リーグ優勝、1971年1973年と2度の天皇杯優勝など、躍進の立役者となる。

1968年にはメキシコシティオリンピックに出場。5アシストを記録するなど銅メダル(3位)獲得に貢献する。

2大スターとして釜本邦茂とよく比較されたが、俊足ドリブルを主体とするプレースタイルのためか故障が多く、トッププレーヤーとしての選手寿命は釜本よりも短かった。

1974年の現役引退後、請われてヤマハ発動機(ジュピロ磐田の前身)の監督に就任。1975年には現役復帰し監督兼選手として2年間プレーし1976年に現役を引退する。その卓越した技術とサッカーに対する情熱により、チームを7年で静岡県2部リーグから日本サッカーリーグ1部に押し上げ、1982年度の第62回天皇杯全日本サッカー選手権大会で優勝した。

2005年、日本サッカー殿堂に選出された。

エピソード[編集]

  • 左ウイングとして活躍し、「黄金の左足」、「20万ドルの左足」といわれたが、実は右利きである。メキシコ五輪3位決定戦での2つのアシストも右足からである。
  • 三菱重工での引退試合は第53回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝。見事優勝で現役引退を飾っている。
  • メキシコオリンピックの日本代表時代、合宿での練習後にパチンコに勤しむ事があり、よく松本育夫が呼び戻しに行かされていたという逸話もある。

所属クラブ[編集]

引退後経歴[編集]

  • 1974年 - 1987年 ヤマハ発動機 監督
  • 1987年 - 1992年 ヤマハ発動機 副部長兼総監督
  • ジュビロ磐田スーパーバイザー
  • 静岡県サッカー協会副会長

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1966 三菱 JSL 14 11 -
1967 14 8 -
1968 14 4 -
1969 14 1 -
1970 13 4 -
1971 14 4 -
1972 JSL1部 14 3 -
1973 18 6
通算 日本 JSL1部 115 41
総通算 115 41

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 JSL杯 天皇杯
1974 静岡県2部 ヤマハ 優勝 9 17 8 1 0 - 予選敗退
1975 静岡県1部 優勝 15 29 14 1 0 - 2回戦
1976 優勝 16 30 14 2 0 - 2回戦
1977 東海 優勝 13 23 11 1 1 - 2回戦
1978 優勝 13 26 13 0 0 - 予選敗退
1979 JSL2部 準優勝 18 47 10 2PK勝 3PK敗 3 ベスト8 予選敗退
1980 JSL1部 9位 18 13 5 3 10 1回戦 2回戦
1981 10位 18 10 2 6 10 2回戦 1回戦
1982 JSL2部 優勝 18 29 12 5 1 ベスト4 優勝
1983 JSL1部 4位 18 19 7 5 6 2回戦 2回戦
1984 3位 18 24 10 4 4 2回戦 ベスト8
1985 6位 22 23 9 5 8 ベスト8 ベスト8
1986-87 10位 22 17 3 11 8 2回戦 ベスト4

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 56試合 15得点(1961-1971)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1961 3 0 1 0 4 0
1962 6 0 4 0 10 0
1963 5 1 11 4 16 5
1964 2 1 18 3 20 4
1965 4 3 9 3 13 6
1966 6 2 16 3 22 5
1967 5 4 15 0 20 4
1968 4 1 21 2 25 3
1969 4 0 14 0 18 0
1970 11 1 15 1 26 2
1971 6 2 14 5 20 7
通算 56 15 138 21 194 36

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1963年8月8日 マレーシアクアラルンプール マレーシアの旗 マレーシア 4-3 勝利 ムルデカ大会
2 1964年10月16日 日本東京 ガーナの旗 ガーナ 3-2 勝利 東京五輪
3 1965年3月25日 シンガポール インドの旗 インド 4-1 勝利 親善試合
4 4-1 勝利
5 4-1 勝利
6 1966年12月11日 タイバンコク イランの旗 イラン 3-1 勝利 アジア競技大会
7 1966年12月16日 シンガポールの旗 シンガポール 5-1 勝利
8 1967年9月27日 日本、東京 フィリピンの旗 フィリピン 15-0 勝利 メキシコ五輪予選
9 15-0 勝利
10 1967年10月7日 韓国の旗 韓国 3-3 引分
11 1967年10月10日 南ベトナムの旗 ベトナム共和国 1-0 勝利
12 1968年4月4日 オーストリアアデレード オーストラリアの旗 オーストラリア 3-1 勝利 親善試合
13 1970年8月10日 マレーシア、クアラルンプール シンガポールの旗 シンガポール 4-0 勝利 ムルデカ大会
14 1971年8月13日 アイスランドレイキャビック アイスランドの旗 アイスランド 2-0 勝利 親善試合
15 2-0 勝利

関連書籍[編集]

  • 『男は勝負 ゼロからの出発(スタート)』(杉山隆一著、講談社)1983
  • 『杉山隆一 黄金の左足の伝説-ジュビロ磐田をつくった男』(丸山一昭著、角川書店)2002

脚注[編集]

  1. ^ 20万ドルという金額及び移籍の申し入れに関しては、岡野俊一郎が話題づくりのために意図的に間違った情報をリークしたとされている - 2007年『日本サッカー狂会』国書刊行会 p.51

関連項目[編集]

外部リンク[編集]