尾崎加寿夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾崎 加寿夫 Football pictogram.svg
名前
カタカナ オザキ カズオ
ラテン文字 OZAKI Kazuo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1960-03-07) 1960年3月7日(57歳)
出身地 東京都
身長 176cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
ユース
1975-1977 日本大学高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
当項目参照
代表歴
1981-1983 日本の旗 日本 17 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

尾崎 加寿夫(おざき かずお、1960年昭和35年)3月7日 - )は、東京都出身の元サッカー選手、サッカー解説者。ポジションはフォワード奥寺康彦に次いで日本人として2人目のサッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)でプレーした選手となった[1]

来歴[編集]

日本大学高校在学中の1977年に第56回全国高等学校サッカー選手権大会に出場した。高校を卒業して1978年4月から三菱重工へ加入。日本ユース代表の主将として1979 FIFAワールドユース選手権に出場[2]したが、0勝2分1敗で1次リーグ敗退。

1981年日本代表に選出される。1982年6月、日本代表としてジャパンカップキリンワールドサッカー82(現・キリンカップ)に出場。対フェイエノールト戦で4得点を挙げるなど、計6得点の活躍をする(この時訪日したヴェルダー・ブレーメンには奥寺康彦が所属していた)。7月、日本代表として西ドイツ遠征に参加。この時対戦したビーレフェルト監督のホルスト・ケッペルに、練習への参加を要請される。10月、三菱の4年ぶりの日本サッカーリーグ制覇に貢献し、アシスト王と日本年間最優秀選手賞を受賞。

1983年6月、ジャパンカップ83を体調不良を理由に欠場。この期間に無断で渡独しビーレフェルトの練習に参加していた事が発覚すると、選手規定に抵触するとして大問題に発展した(「尾崎問題」)。7月、三菱重工サッカー部を退部しビーレフェルトに移籍。8月13日、ブンデスリーガに日本人2人目のプロ選手としてデビュー。初戦のシャルケ04戦で先発出場を果たすと、前半に左から鋭く切れ込み西ドイツ代表の守護神ハラルト・シューマッハーを破り初得点を決める。11月5日、奥寺康彦の所属するブレーメンと対戦。これが海外での日本人選手同士の初対決となった[3]1986年、ビーレフェルトは2部(ツヴァイテリーガ)へ降格。

1988年、活躍の場を求め、ブンデスリーガのザンクトパウリに移籍。1989年オーバーリーガツゥル・デュッセルドルフ英語版に移籍。

1990年三菱自工へ復帰。1993年、ヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ1969)へ移籍。リーグ戦に2試合出場し、シーズン終了後に現役引退。

日本リーグ通算78試合出場、20得点。国際Aマッチ17試合出場、3得点。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1978 三菱 JSL1部 1
1979
1980 13 11
1981 12 10 5
1982 9 18 8 2 3
1983 4
西ドイツ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
1983-84 ビーレフェルト ブンデス1部 33 5 2 1 35 6
1984-85 23 4 1 1 24 5
1985-86 ブンデス2部 28 3 1 0 29 3
1986-87 13 3 1 0 14 3
1987-88 16 3 1 0 17 3
1988-89 ザンクトパウリ ブンデス1部 6 0 0 0 6 0
1989-90 ツゥル英語版 オーバー
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 三菱 26 JSL1部 6 1 0 0 2 3 8 4
1991-92 9 1 1 0
1992 浦和 - J - 4 1 2 0 6 1
1993 V川崎 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 日本 J 2 0 4 1 2 0 8 1
日本 JSL1部 78 20
西ドイツ ブンデス1部 62 9 3 2 65 11
西ドイツ ブンデス2部 57 9 3 0 60 9
西ドイツ オーバー
総通算

その他の公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 17試合 3得点(1981-1983)


日本代表 国際Aマッチ その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
1979 0 0 1 0 1 0
1980 0 0 1 0 1 0
1981 9 2 8 1 17 3
1982 7 1 13 7 20 8
1983 1 0 0 0 1 0
通算 17 3 23 8 40 11

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1981年9月8日 マレーシアクアラルンプール アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 3-2 勝利 ムルデカ大会
2 1981年9月14日 インドネシアの旗 インドネシア 2-0 勝利
3 1982年6月2日 日本広島市 シンガポールの旗 シンガポール 2-0 勝利 ジャパンカップ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]