1983年のJSL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1983年JSL(第19回日本サッカーリーグ1部および第12回日本サッカーリーグ2部)は、1部が1983年4月3日から11月6日まで、2部が1983年4月3日から12月10日まで行われた。

優勝は、1部が読売サッカークラブで2部が日本鋼管サッカー部であった。

JSL1部は11月27日等々力陸上競技場での最終節において読売クラブがフジタ工業を3-1で下し初優勝を達成した。読売は1969年に創設されて以来初のリーグ制覇、またクラブチームとして初制覇となり日本サッカー界に新たな時代の到来をもたらした。

JSL1部[編集]

シーズン 1983(第19回)
優勝 読売クラブ
試合数 90
ゴール数 193 (1試合平均2.14)
1試合平均
ゴール数
2.14[1]
得点王 ラモス
平均観客動員 2.765人[1]
1982
1984

大会概要[編集]

参加クラブ[編集]

成績[編集]

年間順位[編集]

[2]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1位 読売クラブ 27 12 3 3 27 13 +14
2位 日産 25 11 3 4 28 17 +11
3位 フジタ 21 7 7 4 18 15 +3
4位 ヤマハ 19 7 5 6 25 20 +5
5位 ヤンマー 19 6 7 5 19 21 -2
6位 三菱重工 16 6 4 8 17 16 +1
7位 古河電工 15 6 3 9 13 15 -2
8位 本田技研 14 4 6 8 17 23 -6
9位 日立 12 3 6 9 14 22 -8
10位 マツダ 12 5 2 11 15 31 -16
優勝
JSL2部との入替戦
自動降格

得点ランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ 得点数
1 ブラジルの旗 ラモス 読売クラブ 10
2 日本の旗 長谷川治久 ヤンマー 7
日本の旗 柱谷幸一 日産 7
日本の旗 三輪昌弘 ヤマハ 7
5 日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ 6
日本の旗 吉浦茂和 フジタ 6
7 日本の旗 草木克洋 ヤンマー 5
日本の旗 木村和司 日産 5
ブラジルの旗 マリーニョ 日産 5
ブラジルの旗 マルドニー 本田技研 5
ブラジルの旗 マラカジャ 本田技研 5
日本の旗 望月一仁 ヤマハ 5

アシストランキング[編集]

[2]

順位 選手名 所属クラブ アシスト数
1 ブラジルの旗 ジョージ与那城 読売クラブ 10
2 日本の旗 木村和司 日産 7
3 日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ 5
日本の旗 大友正人 読売クラブ 5
日本の旗 猿沢茂 マツダ 5
日本の旗 柱谷幸一 日産 5
日本の旗 伊藤直司 本田技研 5
8 日本の旗 辻谷浩幸 三菱重工 4
日本の旗 楚輪博 ヤンマー 4
日本の旗 今村博治 ヤンマー 4
日本の旗 後藤元昭 フジタ 4
日本の旗 久米一全 日立 4
日本の旗 瀬津慶治 日立 4
ブラジルの旗 ミゲル[要曖昧さ回避] 本田技研 4
ブラジルの旗 内山篤 ヤマハ 4

表彰[編集]

[3]

選手名 所属クラブ 受賞回数
得点王 ブラジルの旗 ラモス 読売クラブ 2
アシスト王 ブラジルの旗 ジョージ与那城 読売クラブ 3
得点王 ゴールデンボール賞 ブラジルの旗 ラモス 読売クラブ 2
アシスト王 シルバーボール賞 ブラジルの旗 ジョージ与那城 読売クラブ 2
新人王 日本の旗 柱谷幸一 日産 _
年間優秀11人賞 日本の旗 田口光久 三菱重工 8
日本の旗 松木安太郎 読売クラブ
日本の旗 越田剛史 ヤンマー
日本の旗 加藤久 読売クラブ 3
日本の旗 都並敏史 読売クラブ 2
ブラジルの旗 ジョージ与那城 読売クラブ 4
日本の旗 金田喜稔 日産
日本の旗 木村和司 日産
ブラジルの旗 ラモス 読売クラブ 2
日本の旗 戸塚哲也 読売クラブ 2
日本の旗 柱谷幸一 日産

JSL2部[編集]

JSL2部大会概要[編集]

JSL2部参加クラブ[編集]

JSL2部成績[編集]

JSL2部年間順位[編集]

[4]

順位 クラブ 勝点 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失差
1 日本鋼管 30 13 4 1 39 12 +27
2 住友金属 24 8 8 2 33 27 +6
3 東芝 20 8 4 6 38 23 +15
4 新日鐵 19 7 5 6 29 21 +8
5 トヨタ 19 7 5 6 23 30 -7
6 田辺製薬 18 7 4 7 29 29 ±0
7 富士通 15 6 4 8 26 26 ±0
8 甲府クラブ 14 4 6 8 29 40 -11
9 東邦チタニウム 12 5 2 11 21 42 -21
10 埼玉教員 9 4 1 13 14 28 -14
自動昇格
JSL1部との入替戦
JSL2部との入替戦
自動降格

JSL2部表彰[編集]

[5]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 松浦敏夫 日本鋼管 18得点
アシスト王 山本欣也 日本鋼管 6アシスト
松浦敏夫 日本鋼管 6アシスト

JSL1部・2部入替戦[編集]

参加クラブ

  • 日立製作所(JSL1部9位)
  • 住友金属(JSL2部準優勝)
JSL1部 第1戦 第2戦 JSL2部
日立 3-2 1-0 住友金属
  • 日立製作所はJSL1部残留。
  • マツダ(JSL1部10位)は自動降格。
  • 日本鋼管(JSL2部優勝)は自動昇格。

JSL2部・地域リーグ入替戦[編集]

[4] 参加クラブ

JSL 第1戦 第2戦 地域リーグ
東邦チタニウム 1-2 0-0 松下電器

出典[編集]

  1. ^ a b 「観客動員数/総得点数」『日本サッカーリーグ全史』 259頁。
  2. ^ a b c 「1983 第18回大会」『日本サッカーリーグ全史』 158-159頁。
  3. ^ 「歴代ベスト11」「歴代表彰選手」『日本サッカーリーグ全史』262-263頁。
  4. ^ a b 『日本サッカーリーグ全史』 219頁。
  5. ^ 『日本サッカーリーグ全史』 217頁。

参考文献[編集]

  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993

関連項目[編集]