ジョゼ・オスカー・ベルナルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オスカー Football pictogram.svg
名前
本名 ジョゼ・オスカー・ベルナルディ
José Oscar Bernardi
愛称 カピタン
ラテン文字 OSCAR
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1954-06-20) 1954年6月20日(64歳)
出身地 モンテシオンポルトガル語版
身長 185cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1972-1979 ブラジルの旗 AAポンチ・プレッタ 34 (13)
1979-1980 アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク・コスモス 3 (0)
1980-1987 ブラジルの旗 サンパウロFC 294 (6)
1987-1989 日本の旗 日産自動車 42 (5)
代表歴
1978-1986 ブラジルの旗 ブラジル 59 (2)
監督歴
1989-1991 日本の旗 日産自動車
1991 ブラジルの旗 サンパウロFC アシスタント
1992 ブラジルの旗 AAインテルナシオナル
1992 ブラジルの旗 グアラニFC
1993-1995 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
1995-1996 日本の旗 京都パープルサンガ
1997 サウジアラビアの旗 アル・ヒラル
1997 ブラジルの旗 クルゼイロEC
1998 サウジアラビアの旗 アル・シャバブ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼ・オスカー・ベルナルディ(José Oscar Bernardi、1954年6月20日 - )は、ブラジルミナスジェライス州出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはディフェンダー。元ブラジル代表オスカルオスカールと表記されることもある。

経歴[編集]

ブラジル代表として3度のワールドカップに出場し主将も務めた。

クラブでは1980年に移籍したサンパウロFCにおいてウルグアイ代表ダリオ・ペレイラと鉄壁のDFラインを形成し、1986年ブラジル全国選手権制覇に貢献した。そして1987年日産自動車サッカー部(現在の横浜F・マリノス)に移籍した。

タレントを揃えながらライバルの読売クラブの後塵を拝されていたクラブに守備面の修正とプロ意識を与え、1988-89シーズンには日本サッカーリーグ天皇杯JSLカップの三冠を達成した。

1989年に現役引退し、同クラブの監督に就任。当時の日本国内では珍しかったフィジカルコーチの招聘や、戦術面では3-5-2システムを採用するなど新しい試みを実践しながら翌年も三冠を達成した。その後、ブラジル国内のクラブ等を渡り歩き、1995年京都パープルサンガの監督に就任した。その年に京都をJ1昇格に導いたが1996年には開幕から17連敗を喫し、シーズン途中で解任された。

Jリーグ以前に世界トップクラスの現役選手が日本のクラブでプレーした初めてのケースであり、その意味で先駆者である。

ブラジル国内でサッカースクールを運営している。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1987-88 日産 JSL1部 22
1988-89 20
通算 JSL1部 カテゴリー 42 5
総通算 42 5

代表歴[編集]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯
1989-90 JSL1部 日産 優勝 22 47 14 5 3 優勝 優勝
1990-91 JSL1部 日産 2位 22 42 11 9 2 優勝 準優勝
1995 旧JFL 京都 2位 30 70 23 - 7 - 1回戦
1996 J 京都 - 15 0 0 - 15 - -

個人タイトル[編集]

関連項目[編集]