ジャパンフットボールリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャパンフットボールリーグ
加盟国 日本の旗 日本
大陸連盟 アジアサッカー連盟(AFC)
創立 1992年
開始年 1992年
最終年 1998年
参加クラブ 16
リーグレベル 第2部
上位リーグ Jリーグ(現・J1相当)
下位リーグ 地域リーグ
国内大会 天皇杯全日本サッカー選手権大会
(上記は第7回大会 (1998年)のデータ)

ジャパンフットボールリーグJapan Football League)は、かつて存在した日本のサッカーリーグであり、1992年から1998年まで開催された。

実態としては日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と地域リーグの間のカテゴリであったが、本来はアマチュア・プロを問わない日本のサッカー界の頂点に位置する全国リーグであった(Jリーグは独立した存在)。ジャパンフットボールリーグを継承した日本フットボールリーグも略称として「JFL」を採用したため、便宜上これと区別するために旧JFLと呼ばれることがある。

本稿では以後ジャパンフットボールリーグを「旧JFL」、日本フットボールリーグを「JFL」と略記する。

概要[編集]

1993年のJリーグ発足を受けて、Jリーグとともに従来の日本サッカーリーグ(JSL)を改組した形で始められたのが旧JFLである。Jリーグ開幕より1年早く1992年から始められた。この当時の日本サッカーのリーグ構成 (1種) で2部に相当した。

第1回大会 (1992年) の参加チームはJSL1部・2部合計28クラブのうち、Jリーグに参加しなかった18クラブに全国地域リーグ決勝大会を勝ち抜いた大阪ガスサッカー部西濃運輸サッカー部を合わせた20クラブであった。JSL2部の読売ジュニオールは同1部の読売サッカークラブ(現:東京ヴェルディ)に吸収され、また全国地域リーグ決勝大会2位の体大蹴鞠団(大阪体育大学のサッカー同好会。後に実業団・佐川急便大阪SC佐川急便SC/SAGAWA SHIGA FC)は参加を辞退した。

発足当初は、Jリーグ参加を目標に立てながらもハード・ソフト面での準備不足で、Jリーグ発足時の最初の10クラブから漏れたクラブや、Jリーグに参加しない社会人・地域クラブが混在していた。名目的にはアマチュアリーグであったJSLの後を受け継いだリーグであったが、旧JFLに参加したクラブにはJリーグへの参加意思を持ったクラブ(第2位までに入ったクラブにJリーグ加盟権利が与えられる準会員チームも)が多く、実質的にはJリーグにこうしたクラブを送り出す、Jリーグの下部リーグ(セミプロリーグ)としての性格を強く持っていた。

1999年Jリーグ ディビジョン2(J2)と日本フットボールリーグ(JFL)に改組され、1998年シーズンを持って終了した。 またそれまでは、JFL1部(2部に相当)を「J1」と呼び、JFL2部(3部に相当)を「J2」と呼んでおり、当時と2017年現在では「J1・J2」の呼び名が指すリーグはカテゴリー的に3段階ズレが生じる。

主催・主管[編集]

歴史[編集]

第1回 (1992年)および第2回大会 (1993年)は2部制(各10クラブ)で実施されたが、第3回大会 (1993年)から2部制を廃し、16クラブによる1部制になった。

Jリーグでは漸進的にクラブ数を増やし、最終的には16クラブにすることを予定していた。そこで1993年から旧JFLに参加しているクラブの中から、Jリーグが定める基準をクリアしたクラブに対してJリーグ準会員という資格を与えた。準会員チームにはJリーグカップサテライトリーグの出場資格が与えられていた(但しJリーグカップは1996年はリーグ戦のスケジュールがタイト → Jリーグの中断期である6-8月の開催であったため参加しなかった)。この準会員資格を持ったクラブが旧JFLで2位以上の成績を収めれば、Jリーグ参入が承認された。

なお、Jリーグの2部制導入について、旧JFL内でも消極的な声が挙がっていたが、最終的には旧JFL総務主事(Jリーグ理事と兼務)の木之本興三が賛成票を投じたことで1999年からのJ2移行が決定。木之本には、公益企業ゆえの手堅さを持つNTT関東サッカー部及び東京ガスサッカー部のJ2加盟がJリーグへの信頼向上につながるとの確信があったという[1]

Jリーグ参加のための登竜門としての側面が強くクローズアップされた旧JFLだが、実際には地域リーグ・都道府県リーグといったリーグ戦のピラミッド構造の頂点にあたるため、全国地域サッカーリーグ決勝大会を勝ち抜いた2クラブと旧JFL下位2クラブの入れ替えが行なわれる規定であった。しかしJリーグ参加クラブの存在と参加クラブの廃部・解散が相次いだため、1部制移行後に地域リーグへ降格したクラブは無かった。

所属チーム一覧[編集]

チーム名 地域(都道府県) 在籍年度 備考
フジタサッカークラブ 関東 (神奈川) 1992-1993 現:湘南ベルマーレ
ヤマハ発動機 東海 (静岡) 1992-1993 現:ジュビロ磐田
セレッソ大阪 関西 (大阪) 1992-1994 1993年までヤンマー
柏レイソル 関東 (千葉) 1992-1994 1993年まで日立製作所
福岡ブルックス 九州 (福岡) 1992-1995 現:アビスパ福岡。1994年まで中央防犯
京都パープルサンガ 関西 (京都) 1992-1995 現:京都サンガF.C.。1992年は京都紫光、1993年は教育研究社FC京都パープルサンガ
ヴィッセル神戸 関西 (兵庫) 1992-1996 1994年まで川崎製鉄
コンサドーレ札幌 北海道 (北海道) 1992-1997 現:北海道コンサドーレ札幌。1995年まで東芝
大宮アルディージャ 関東 (埼玉) 1992-1998 1997年までNTT関東
東京ガス 関東 (東京) 1992-1998 現:FC東京
川崎フロンターレ 関東 (神奈川) 1992-1998 1992年から1996年まで富士通、1997年は富士通川崎
ヴァンフォーレ甲府 関東 (山梨) 1992-1998 1994年まで甲府サッカークラブ
本田技研 東海 (静岡) 1992-1998 現・JFL所属
大塚製薬 四国 (徳島) 1992-1998 現:徳島ヴォルティス
NKK 関東 (神奈川) 1992-1993 1993年廃部
東邦チタニウム 関東 (神奈川) 1992-1993
西濃運輸 東海 (岐阜) 1992-1997 1997年廃部
コスモ石油四日市FC 東海 (三重) 1992-1996 1996年廃部
大阪ガス 関西 (大阪) 1992
田辺製薬 関西 (大阪) 1992
トヨタ自動車東富士FC 東海 (静岡) 1993 1993年廃部
鳥栖フューチャーズ 九州 (佐賀) 1993-1996 1994年まではPJMフューチャーズ、1997年解散、JFL参加資格はサガン鳥栖が継承
モンテディオ山形 東北 (山形) 1994-1998 1997年までNEC山形
ブランメル仙台 東北 (宮城) 1994-1998 現:ベガルタ仙台
福島FC 東北 (福島) 1995-1997 1997年解散
大分FC 東北 (福島) 1996-1997 現:大分トリニータ
日本電装 東海 (愛知) 1996-1998 現:FC刈谷
ジヤトコ 東海 (静岡) 1997-1998 2003年廃部
水戸ホーリーホック 関東 (茨城) 1997-1998
サガン鳥栖 九州 (佐賀) 1997-1998
アルビレックス新潟 北信越 (新潟) 1998
ソニー仙台FC 東北 (宮城) 1998 現・JFL所属
国士舘大学 関東 (東京) 1998

歴代リーグ戦結果[編集]

優勝 準優勝 Jリーグ昇格 JFLへの昇格・加入 JFLからの降格・脱退
第1回 (1992) 1部 ヤマハ 1部 日立製作所 - トヨタ東富士
PJMフューチャーズ
田辺製薬
大阪ガス
2部 中央防犯 2部 京都紫光
第2回 (1993) 1部 フジタ 1部 ヤマハ フジタ
ヤマハ
NEC山形 東邦チタニウム
NKK(解散)
トヨタ東富士(解散)
2部 本田技研 2部 PJMフューチャーズ
第3回 (1994) セレッソ大阪 柏レイソル セレッソ大阪
柏レイソル
ブランメル仙台
福島FC
-
第4回 (1995) 福岡ブルックス 京都パープルサンガ 福岡ブルックス
京都パープルサンガ
日本電装
大分FC
-
第5回 (1996) 本田技研 ヴィッセル神戸 ヴィッセル神戸 水戸ホーリーホック
ジヤトコ
鳥栖フューチャーズ(解散)
コスモ四日市(解散)
第6回 (1997) コンサドーレ札幌 東京ガス コンサドーレ札幌 アルビレックス新潟
ソニー仙台FC
サガン鳥栖
国士舘大学(大学推薦)
福島FC(解散)
西濃運輸(解散)
優勝 準優勝 J1参入決定戦出場 J2リーグ入会 日本フットボールリーグへの加入
第7回 (1998) 東京ガス 川崎フロンターレ 川崎フロンターレ 東京ガス
モンテディオ山形
ヴァンフォーレ甲府
大分FC
ブランメル仙台
サガン鳥栖
アルビレックス新潟
大宮アルディージャ
横河電機
横浜FC(準会員)

試合方式[編集]

  • 1992年のみ90分制。延長戦PK戦なし。勝ち点制(勝ち3、引き分け1、負け0)
  • 1993年度以後はJリーグの方式に倣って、延長・PK戦も行う。
    • 1993・1994年 勝ち点制廃止。単純に勝利順で順位決定
    • 1995・1996年 勝ち点制再開。延長・PKを含めあらゆる勝ち3、延長までの負け0、PK負け1
    • 1997・1998年 勝ち点制見直し。90分勝ち3、延長勝ち2、PK勝ち1、あらゆる負け0

JFLオールスターサッカー[編集]

1992年から1998年(但し1993年は開催せず)の毎年夏にオールスターサッカーが開かれた。

1992年(この年のみ1部、2部で分けて開催)、1994年は本拠地別の東西対抗戦、1995年1996年は前シーズンのリーグ戦順位を参考として奇数順位クラブによる「オッズ」と偶数順位クラブによる「イーブンス」で対戦。1997年は日本人チームvs外国人チームによる対抗戦。1998年に再び東西対抗戦に戻して行われた。

脚注[編集]

  1. ^ 木之本興三 『日本サッカーに捧げた両足 真実のJリーグ創世記』 ワニブックス2013年、270-271頁。ISBN 4847091655

関連項目[編集]

外部リンク[編集]