マリオ・フィゲイラ・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はフィゲイラ、第二姓(父方の姓)はフェルナンデスです。
マリオ・フェルナンデス Football pictogram.svg
Mário Fernandes 2018.jpg
ロシア代表でのフェルナンデス(2018年)
名前
本名 マリオ・フィゲイラ・フェルナンデス
Mário Figueira Fernandes
ラテン文字 Mário Fernandes
ロシア語 Марио Фигейра Фернандес
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1990-09-19) 1990年9月19日(32歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル サン・カエターノ・ド・スル
身長 189cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション DF (SB)
利き足 右足
ユース
2006-2009 ブラジルの旗 ADサンカエターノ
2009 ブラジルの旗 グレミオFBPA
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 ブラジルの旗 グレミオFBPA 54 (1)
2012-2022 ロシアの旗 CSKAモスクワ 238 (8)
代表歴2
2014 ブラジルの旗 ブラジル 1 (0)
2017-2021 ロシアの旗 ロシア 34 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年5月19日現在。
2. 2021年9月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マリオ・フィゲイラ・フェルナンデスMário Figueira Fernandes1990年9月19日 - )は、ブラジルサンパウロ州サン・カエターノ・ド・スル出身のサッカー選手ロシア代表ポジションディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

ADサンカエターノのユースチームでキャリアをスタートさせた。2009年3月にはグレミオに移籍をするも、その数日後にホームシックまたはうつ病により失踪した[1]サンタカタリーナ州フロリアノーポリスパラナ州ロンドリーナなどを転々とし最終的にサンパウロ州で発見された[1]。発見後は病院へ搬送され1か月間治療を受け退院[1]。退院後、母のマリーザは自宅のあるサン・カエターノ・ド・スウからマリオが住むグレミオ本拠地のポルト・アレグレへと引っ越した[1]

2009年6月28日、スポルチ・レシフェ戦でデビューした。その数か月後にはインテルナツィオナーレ・ミラノFCバルセロナレアル・マドリードマンチェスター・シティFCユヴェントスFCなど名立たるクラブから興味を示されたことがメディアで報じられた[2]

2010年はSCインテルナシオナルとのクラシコ (グレ・ナル) で右肩を負傷して手術した事からリーグ戦での出場は2試合に留まった。

本来はセンターバックのポジションを務めていたが、グレミオでは右サイドバックとして出場し、ルシオの後継者と目された[3]。2011年には右サイドバック部門でボーラ・ジ・プラッタを獲得。バイエルン・ミュンヘンレアル・マドリードACミラン、など各国リーグのビッグクラブから注目を集め[4]、2012年4月下旬、ロシアのCSKAモスクワに移籍金1500万ユーロで合意し、5月4日に5年契約にサインして移籍をした[5]

2022年5月18日、一身上の都合でCSKAモスクワとの契約を解消し、ブラジルに帰国することを表明した[6]

代表[編集]

2011年9月、アルゼンチン代表との間で行われるアメリカ・スーパークラシックでブラジル代表メンバーに選出されたが個人的な理由から参加を辞退した[7][8]

2014年10月14日にシンガポールで行われた日本代表との親善試合で代表初出場を果たした[9]。しかし、以降はブラジル代表に招集されることはなかった。

2016年7月13日、ロシア国籍を取得[10]。2017年4月よりロシア代表としてプレーすることが可能となり、10月7日の韓国戦でロシア代表初出場を果たした[11]

自国開催となった2018 FIFAワールドカップでは全5試合に出場し、チームの快進撃を支えた。4強入りを賭けた準々決勝のクロアチア戦では、延長戦で2-2の同点となる代表初ゴールを挙げた。試合はPK戦までもつれ、3番手として登場したがこれを失敗。最終的に3-4で敗れた。

2021年9月2日、W杯欧州予選のクロアチア戦で負傷し、続くキプロス戦、マルタ戦を欠場した。9月12日のクラブでのFCアルセナル・トゥーラ戦も欠場すると、翌日、クラブと代表の両立が難しいとして、代表引退を発表した。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

PFC CSKAモスクワ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ‘Não terei recaída’, diz Mário Fernandes”. globoesporte.globo.com. 2012年7月3日閲覧。
  2. ^ Man City in Gremio contact for defender Fernandes”. tribalfootball.com. 2012年7月3日閲覧。
  3. ^ R・マドリード、右サイドバック補強に向けグレミオDFフェルナンデス獲得に一歩前進wowow.co.jp、2012年7月3日閲覧。
  4. ^ マドリー、M・フェルナンデス獲得に本腰か”. Goal.com. 2012年7月3日閲覧。
  5. ^ Mario Fernandes joins PFC CSKA”. CSKAモスクワ公式サイト. 2012年7月3日閲覧。
  6. ^ CSKAモスクワのマリオ・フェルナンデスがキャリア一時中断を決断…故郷ブラジルで無期限の休養へ”. 超ワールドサッカー (2022年5月19日). 2022年5月19日閲覧。
  7. ^ 「居心地が悪いから」ブラジルの若手DFが代表帯同を拒否”. theworldmagazine.jp. 2012年7月3日閲覧。
  8. ^ 代表辞退のM・フェルナンデスに悩まされるメネゼス”. Goal.com. 2012年7月3日閲覧。
  9. ^ セレソンデビューを喜ぶフェルナンデスGoal、2012年10月15日。
  10. ^ President of Russia decree on citizenship” (Russian). President of Russia (2016年7月13日). 2016年7月13日閲覧。
  11. ^ Расширенный состав для подготовки к Чемпионату мира” (Russian). Russian Football Union (2018年5月11日). 2018年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]