カフー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はエバンジェリスタ第二姓(父方の)はデ・モラエスです。(Template:ポルトガル語圏の姓名)
カフー Football pictogram.svg
Cafu brazil.jpg
2010年のカフー
名前
本名 マルコス・エバンジェリスタ・デ・モラエス
Marcos Evangelista de Moraes
愛称 il Pendolino, 右サイドの支配者
ラテン文字 CAFU
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1970-06-07) 1970年6月7日(50歳)
出身地 サンパウロ
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
ポジション DF(RSB)
利き足 右足
ユース
1988-1990 ブラジルの旗 サンパウロ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1994 ブラジルの旗 サンパウロ 117 (7)
1994-1995 スペインの旗 サラゴサ 16 (0)
1995 ブラジルの旗 ジュヴェントゥージ 2 (0)
1995-1997 ブラジルの旗 パルメイラス 35 (0)
1997-2003 イタリアの旗 ローマ 163 (5)
2003-2008 イタリアの旗 ミラン 119 (4)
通算 452 (16)
代表歴
1990-2006[1] ブラジルの旗 ブラジル 142 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年6月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カフー(Cafu)ことマルコス・エバンジェリスタ・デ・モラエスMarcos Evangelista de Moraes1970年6月7日 - )は、ブラジルサンパウロ州サンパウロ出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー。元ブラジル代表。

「カフー」はニックネームで、1970年代に活躍したカフリンガ (Cafuringaという名前のサッカー選手に由来する。長らく活躍したイタリアでは特急列車を意味する「イル・ペンドリーノ(il Pendolino)」という異名で呼ばれたこともあった[2]史上最高の右サイドバックとも評され、2020年に右サイドバックの歴代1位としてバロンドール・ドリームチームに選出された[3]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

1988年、18歳の時に地元サンパウロサンパウロFCに入団した。入団後にサイドバックにコンバートされ、1992年トヨタカップではFCバルセロナを破り優勝、1993年のトヨタカップACミラン戦ではパリ―ニャの先制ゴールをアシストし[4]、大会連覇に貢献するなど活躍した。1994年、レアル・サラゴサに優勝への切り札と期待されて移籍するも[5]、攻撃を警戒され、対戦チームに厳しくマークされ[5]、加入後出場した数試合でチームは勝利出来ないなど[5]、レアル・サラゴサでは目立つ活躍が出来ず、1年で退団し、再び地元ブラジルに帰国し、SEパウメイラスに移籍することになる。

ASローマ[編集]

1997年、イタリアセリエAの強豪ASローマに移籍。ASローマの18年ぶりとなるスクデット制覇に貢献するなど主力として活躍、218試合に出場8ゴールを挙げた[2]

ACミラン[編集]

ACミラン時代

33歳となった2003年夏にはASローマを退団し、Jリーグ横浜F・マリノスへの入団合意が伝えられたが[6][7][8]、最終的には違約金を横浜FMに支払う形で、ACミランがカフーを獲得した[9]。ACミラン移籍後は右サイドバックのレギュラーとしていきなり2003-04シーズンのACミランのスクデットに貢献するなど、主力としての変わらぬ活躍を見せることになる。また、この年にペレの選んだ偉大なサッカー選手100人、「FIFA 100」に選ばれている。

2006年まで長くUEFAチャンピオンズリーグのタイトルは獲得できずにいたが、UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07で19年目にして初の栄冠に輝くなど、ベテランとなっても衰えぬ活躍を見せていたが、2007-08シーズンの終了後、ACミランとの契約満了に伴い退団と同時に現役引退。

引退後は、指導者には転身せず、夫人と共にスポーツ代理店を経営するなど実業家となった。

ブラジル代表[編集]

1990年9月12日のスペイン戦で代表デビューを果たした[10]。その後の1994年のワールドカップでは3試合に出場[10]、決勝のイタリア戦では、試合中のジョルジーニョの故障に伴い、途中交代で[11]、優勝に貢献した。以後、代表のレギュラーとしての地位を確立し、1998 FIFAワールドカップでは決勝でフランスに敗れ連覇を逃したが、出場停止になったオランダ戦以外の6試合に出場、グループリーグ第2戦のモロッコ戦ではリバウドのゴールをアシストした[10]

2002 FIFAワールドカップではキャプテンとして全試合に出場し、優勝に貢献した。

2006年のドイツ大会ではグループリーグ初戦のクロアチア戦でカカのゴールをアシスト[10]、ラウンド16のガーナ戦ではアドリアーノのゴールをアシストし[10]、準々決勝まで進むが、フランス戦で破れ、これ以後、年齢のこともあり、代表招集されることは無かった。

代表通算キャップ数は142を数えており、これはブラジル代表における歴代最多記録である。また、1994年、1998年、2002年、2006年の4度のFIFAワールドカップに出場しているが、このうち2006年を除く3回はいずれも決勝まで進んでおり(優勝2回、準優勝1回)、決勝戦の試合出場を3度経験した唯一の選手である。

エピソード[編集]

  • サッカー界きっての"ガム好き"を公言している[12]
  • セリエAにおいて、最も嬉しかったのは、ASローマ時代のスクデットだと答えている[13]
  • 2019年9月、友人や息子のダニーロとサッカーで遊んでいたところ、試合中にダニーロが昏倒。カフー自ら病院へ搬送したが、30歳という若さでそのまま帰らぬ人となった。ダニーロは元々、冠動脈硬化症を患っており、数日後に手術を受ける予定だった。

個人成績[編集]

所属クラブ シーズン 番号 リーグ戦
出場 得点
1990 サンパウロ 2 20 2
1991 20 1
1992 21 1
1993 18 1
1994 16 2
1994-95 サラゴサ 16 0
1995 パルメイラス 19 0
1996 16 0
1997 0 0
1997-98 ローマ 31 1
1998-99 20 1
1999-00 28 2
2000-01 31 1
2001-02 27 0
2002-03 26 0
2003-04 ミラン 28 1
2004-05 33 1
2005-06 19 1
2006-07 24 0
2007-08 15 1
通算 428 15

代表での成績[編集]

出典[1]


ブラジル代表国際Aマッチ
出場得点
1990 3 0
1991 9 0
1992 2 0
1993 12 0
1994 7 1
1995 5 0
1996 3 0
1997 20 0
1998 12 2
1999 12 0
2000 10 2
2001 6 0
2002 12 0
2003 7 0
2004 9 0
2005 8 0
2006 5 0
通算 142 5

獲得タイトル[編集]

代表[編集]

クラブ[編集]

サンパウロFC

ASローマ

ACミラン

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “Marcos Evangelista de Morais "CAFU" - Century of International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/cafu-intl.html 
  2. ^ a b “Cafu”. ASRoma. https://www.asroma.com/en/news/2020/5/history-makers-cafu 2021年3月12日閲覧。 
  3. ^ Ballon d'Or Dream Team : Découvrez les révélations de ce onze de légende ! France Football 2020年12月15日閲覧。
  4. ^ 週刊サッカーダイジェスト・メモリアルアーカイブ その3――1993年12月29日号”. soccerdigestweb.com. 2020年7月31日閲覧。
  5. ^ a b c 週刊サッカーダイジェスト 1995年3月15日 no.256号 p.182-185 日本スポーツ企画出版社
  6. ^ Calcio, procuratore Cafu: no a Giappone anche per Sars”. 2015年11月27日閲覧。
  7. ^ Calcio, Roma: Cafu dalla prossima stagione in Giappone”. 2015年11月27日閲覧。
  8. ^ Cafu, addio Roma per il difensore offerta dal Giappone”. 2015年11月27日閲覧。
  9. ^ カフーの横浜M入り消滅”. 47NEWS (2003年6月6日). 2012年8月19日閲覧。
  10. ^ a b c d e “Cafu National team”. www.transfermarkt. https://www.transfermarkt.co.uk/cafu/nationalmannschaft/spieler/5937 2020年4月17日閲覧。 
  11. ^ “Brazil-Italy Jul17 1994 Match sheet”. www.transfermarkt. https://www.transfermarkt.co.uk/spielbericht/index/spielbericht/936193 2020年4月17日閲覧。 
  12. ^ 欧州通信. “プレー中にガムを噛むのはあり?”. 2007年7月5日閲覧。
  13. ^ goal.com. “カフー:「セリエで最も嬉しかったのはローマでのスクデット」”. 2008年5月22日閲覧。