アントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・オリヴェイラ第二姓(父方の)はフィーリョです。
カレッカ Football pictogram.svg
Antonio de Oliveira Filho (Careca) 01.jpg
名前
本名 アントニオ・デ・オリヴェイラ・フィーリョ
Antonio de Oliveira Filho
愛称 カレカ
ラテン文字 Careca
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1960-10-05) 1960年10月5日(59歳)
出身地 サンパウロ州アララクアラ
身長 179cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右(利き手は左)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1978-1982 ブラジルの旗 グアラニ 77 (46)
1983-1987 ブラジルの旗 サンパウロ 67 (54)
1987-1993 イタリアの旗 ナポリ 164 (73)
1993-1996 日本の旗 柏レイソル 60 (31)
1997 ブラジルの旗 サントス 9 (2)
1998 ブラジルの旗 バルエリ 10 (6)
1999 ブラジルの旗 サン・ジョゼ 2 (0)
代表歴
1982-1993 ブラジルの旗 ブラジル 60 (30)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

カレッカ (Careca)ことアントニオ・デ・オリヴェイラ・フィーリョ (Antonio de Oliveira Filho1960年10月5日 - )は、ブラジルサッカー選手。日本では、カレカとも表記される。ちなみにカレカは禿げ頭の意味。禿げてもいない彼がこの名で呼ばれる理由は、彼がファンだったコメディアン、カレッキーニャに由来する[1]

クラブ経歴[編集]

グアラニでデビューを飾り、以降ポジションを掴み、4年間プレー、その後移籍したサンパウロでブラジルを代表するFWに成長した。1984年にはインテルが獲得に動いたが残留した[2]

ナポリ[編集]

ナポリ在籍時には、ディエゴ・マラドーナらと共にナポリの黄金時代を築き、マラドーナ、ジョルダーノ、カレカの頭文字を合わせてマジカトリオを形成した[3]。特にマラドーナとはいいコンビネーションを見せ[4][5]、その後も続く良好な関係を築いた[6]

1987-88シーズン、レアル・マドリードも獲得に動いたが[4]、ナポリに加入、デビュ―戦となった、コッパ・イタリアのグループリーグ初戦のモデナ戦でゴールを決めるデビューを飾り、以降デビューから同大会で4試合連続ゴールを決めた。セリエA初ゴールはデビュー2戦目、10月11日のペスカーラ[7]。1988-89シーズン、11月20日のユベントス戦ではハットトリックの活躍[8]UEFAカップでは大会最多の6ゴールで大会の優勝[9]、準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦第1戦では1ゴール、第2戦では2ゴールを決め、決勝のシュトゥットガルト戦第1戦でゴールを決め、第2戦では1ゴール1アシストを決めてチームに優勝をもたらした。この頃ACミランから好条件のオファーを受けたが、マラドーナとの良好な関係から、残留することを選択した[6][10]

1989-1990シーズン、優勝のかかるボローニャ戦では1ゴール1アシストを決めるなど、セリエA制覇に貢献。マラドーナ退団後もナポリに残り、1991-92シーズンは15ゴールを決め、ナポリもセリエAで4位につけるなど[9]、チームに貢献していた。1992-93シーズンは1993年4月4日ACミラン戦では1ゴール1アシストを記録した。契約期間終了によりナポリを退団、ブラジルへ帰国してのプレーを考えていた[11]

柏レイソル[編集]

1993年ゼ・セルジオ監督からの誘いを受けて[11]、来季のJ1加入が認められるか不明な中、Jリーグの昇格を目指していたレイソルに加入した[12]。しかし実際にチームに来てみると、プロとしての環境が整っていないこと、選手たちのプロとしての姿勢がなっていないこと、フロントがサッカーを理解していないことに愕然とし、ミニゲームであっても勝利にこだわる意識をチームに浸透させるなど、プロとしての姿勢を示すと共に、フロントに様々な要求をしていった[11]。Jリーグカップでの決勝トーナメント進出(ベスト4入り)すればJリーグ加盟承認されるという条件の中[11]、デビュー2戦目9月14日のサンフレッチェ広島戦で移籍後初ゴールを含む2ゴールを記録し、4-3での勝利に貢献[13][14]、10月9日の鹿島アントラーズ戦、最終節のジェフ市原戦でも決勝ゴールを決め勝利に貢献[15]、6試合で4ゴールを挙げたが[13]、チームは得失点差で決勝トーナメント進出を逃し[11]、Jリーグへの加盟は認められなかった[12]。これにより退団も取りざたされた[11]

1994年、JFLで19ゴールを決める活躍で、柏レイソルJリーグ昇格に貢献した[3]。5月8日の甲府クラブ戦、5月12日の富士通戦、5月15日のセレッソ大阪戦と3試合連続ゴールを奪い、6月9日のNEC山形戦ではハットトリックの活躍、9月18日昇格を争うライバル、藤枝ブルックス戦で決勝ゴールをアシスト、昇格をかけて厳しい戦いが続く中、10月5日のPJM戦で退場処分となり3試合の出場停止処分を受け、大切な時期に最終節まで出場出来なくなった。最終節、第30節のNTT関東との試合では決勝ゴールを決め勝利をもたらし、2位を確定させ、Jリーグに昇格した[12]。この試合のことを「ワールドカップの決勝で勝つよりも大事だと、一年間の全てを賭け、全身全霊をつぎ込んだ。」と後に話した[11]。同年8月7日、JFLオールスターゲームにEASTから出場、1ゴールを決めた[16]

1995年のサントリーシリーズ4月5日、第6節名古屋グランパス戦でJ1初ゴールをマークしたが[13]、その後は6月まで欠場、6月24日、第19節ガンバ大阪戦で復帰後初ゴールをマーク、7月22日、第26節清水エスパルス戦でもゴールを決めた。ニコスステージは8月26日、第5節のベルマーレ平塚戦から戦線に復帰し、同試合でゴールを決め、第6節の横浜マリノス戦でもゴールを決めたが11節以降は欠場、第17節横浜マリノス戦では2ゴールをマーク、第20節名古屋グランパス戦、第22節鹿島アントラーズ戦でもゴールを決め[17]、怪我に苦しみながらも年間10ゴールと、一定の活躍をした[18]。Jリーグカップでは準決勝まで進出したが、ヴェルディ川崎に1-2と破れ決勝進出はならなかった[19]

1996年も怪我で多くの試合を欠場、第25節のセレッソ大阪戦で戦列に復帰、第27節の清水エスパルス戦でゴールを決めたが、その後は欠場して[20]、1996年11月9日の第30節のベルマーレ平塚とのホーム最終試合でプレーしゴールを決め[21]、その試合を最後にレイソルを退団[18]。J1では35試合12ゴール、リーグカップでは13試合8ゴールの成績を残した[13]

在籍中は1995年[22]、1996年と2度Jリーグオールスターサッカーに選出された(1996年は怪我で出場はしていない。)。1998年にはラモス瑠偉の引退試合に、読売ラモスオールスターズの一員として出場した。

その後[編集]

その後サントスへ移籍[9]1999年に引退。2005年イングランドのノンリーグのクラブであるガーフォース・タウンと契約し、1試合だけ現役復帰した。

代表経歴[編集]

ブラジル代表デビューは西ドイツ戦。既にセレソンのエースストライカーであった1982年、スペインW杯直前にケガで離脱[1]

1986年メキシコ大会ではグループステージのアルジェリアとの試合で1点、北アイルランドとの試合で2ゴールを決め、決勝トーナメント1回戦ポーランドとの試合、準々決勝戦フランスとの試合でそれぞれ1ゴール、計5ゴールを決める活躍であったが、得点王には1点届かず、また準々決勝戦でフランスの前に敗れ、ブラジル代表は優勝を逃した[23]

1990年大会にも出場、初戦のスェーデン戦で2ゴールの活躍をしたが[9]、その後は無得点、チームも決勝トーナメント1回戦でアルゼンチンに敗れ早々に姿を消した[9]1993年のUSカップでは3試合で2ゴールを決め、1994 FIFAワールドカップ・南米予選にも出場したが、8月1日のベネズエラ戦に出場した後、本大会まで数ヶ月と迫る中、様々な理由から自ら代表でのキャリアに終止符を打った[24]。代表通算62試合30ゴール。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1976 グアラニ
1977 グアラニ
1978 グアラニ
1979 グアラニ
1980 グアラニ
1981 グアラニ
1982 グアラニ
1983 サンパウロ
1984 サンパウロ
1985 サンパウロ
1986 サンパウロ 31 25
1987 サンパウロ 1 0
イタリア リーグ戦 イタリア杯オープン杯 期間通算
1987-88 ナポリ 26 13
1988-89 ナポリ 30 19
1989-90 ナポリ 22 10
1990-91 ナポリ 29 9
1991-92 ナポリ 33 15
1992-93 ナポリ 24 7
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 旧JFL1部 - 6 4 1 1 7 5
1994 9 旧JFL 25 19 1 1 0 0 26 20
1995 - J 30 10 - 0 0 30 10
1996 - J 5 2 6 3 0 0 11 5
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1997 サントス 9 2
1998 カンピナス
1999 サンジョゼ
通算 ブラジル
イタリア
日本 J 35 12 6 3 0 0 41 15
日本 旧JFL1部 25 19 7 5 1 1 33 25
総通算

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The glory of Careca at Napoli-thefootballtimes 2017年11月15日
  2. ^ “大物カレッカがレイソルに来た理由 幻の日本人選手育成計画は挫折した ページ1”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/06/19/post_28/index.php 2020年6月20日閲覧。 
  3. ^ a b 元柏カレカ「1日でも早く立ち直って」-Nikkan 2011年4月11日
  4. ^ a b “カレッカが語るマラドーナの仰天 エピソード「レモンで100回リフティング」”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/06/19/100/?utm_content=uzou_1&utm_source=uzou 2020年6月20日閲覧。 
  5. ^ “カレッカが語るマラドーナの仰天 エピソード「レモンで100回リフティング」ページ3”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/06/19/100/index_3.php 2020年6月20日閲覧。 
  6. ^ a b “カレッカが語るマラドーナの仰天 エピソード「レモンで100回リフティング」ページ5”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/06/19/100/index_5.php 2020年6月20日閲覧。 
  7. ^ Careca 1987-88-Transfer market
  8. ^ 1988 6. giornata | dom, 20/nov/1988 Juventus x Napoli-Transermarket
  9. ^ a b c d e legend of calcio Careca 2015.11.05
  10. ^ “元柏のカレカ氏が振り返るミランを断った。それから日本に”. www.goal.com. https://www.goal.com/jp/ニュース/元柏のカレカ氏が振り返るマラドーナとの約束を守りミランを断ったそれから日本に/e0p5aarhh3af10et66egjv3ea 2020年6月20日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f g DECADE 柏レイソル10年史 文化工房 星雲社、2004年、p68-71 ISBN 4-434-04119-3
  12. ^ a b c “歴史年表 前身-1995”. www.reysol.co.jp. http://www.reysol.co.jp/club/history/chronology/1995.php 2020年4月17日閲覧。 
  13. ^ a b c d カレカ”. data.j-league. 2020年4月13日閲覧。
  14. ^ 14.9.1993 Sanfrecce x Reysol-Transfer Market
  15. ^ 10.16.1993 JEF x Reysol-Transfermarket
  16. ^ 週刊サッカーマガジン 1994年8月31日 no.469 p.40-41 ベースボールマガジン社
  17. ^ J.League data site データーの確認は1995年度のデーターを照会-J.League Data Site
  18. ^ a b 柏レイソル、歴代最強外国籍選手7人。マラドーナの元相棒から王国の魔術師、強烈アフリカンFWまで”. data.j-league. 2020年4月13日閲覧。
  19. ^ “96Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=2353 2020年4月17日閲覧。 
  20. ^ J.League data site データーの確認は1996年度のデーターを照会-J.League Data Site
  21. ^ 1996 Jリーグ 第30節”. data.j-league. 2020年4月13日閲覧。
  22. ^ “95JリーグKodakオールスターサッカー”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFMS02/?match_card_id=1559 2020年4月17日閲覧。 
  23. ^ 優勝はしなかったけれど、ブラジル・セレソンが教えてくれたこと
  24. ^ “大物カレッカがレイソルに来た理由 幻の日本人選手育成計画は挫折した ページ5”. sportiva.shueisha. https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/06/19/post_28/index_5.php 2020年6月20日閲覧。 

外部リンク[編集]