第3回ジャパンフットボールリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1994年のJFLから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャパンフットボールリーグ > 第3回ジャパンフットボールリーグ
第3回ジャパンフットボールリーグ
シーズン 1994
優勝 セレッソ大阪
昇格 セレッソ大阪
柏レイソル
得点王 ホルヘ・ルイス・デリー・バルデス (33得点)
1993
1995

第3回ジャパンフットボールリーグは1994年度に開催されたジャパンフットボールリーグ(JFL)のリーグ戦である。セレッソ大阪が優勝した。

概要[編集]

今シーズンから2部制を廃し16クラブによる一つのリーグ戦として開催される事になった。

今シーズンは柏レイソルの他にセレッソ大阪PJMフューチャーズ京都パープルサンガが準会員として新たに承認され、4クラブによる昇格争いに焦点が当たったが、最終的にC大阪と柏が日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)への昇格を果たした。

また今シーズンは1994 FIFAワールドカップ開催に伴い、6月の第15節終了後、2か月程度の休みが取られた。

大会概要[編集]

  • 16クラブで2回戦のリーグ戦で行われた。

参加クラブ[編集]

このうち本田技研PJMフューチャーズコスモ石油川崎製鉄西濃運輸甲府クラブ1993年度J2からリーグ再編による昇格、NEC山形が地域リーグからの昇格クラブである。3クラブが組織変更し、ヤンマーディーゼルサッカー部はセレッソ大阪に、中央防犯サッカー部は中央防犯FC藤枝ブルックスに、京都紫光サッカークラブは京都パープルサンガになった。

☆=1994年の開幕時においてJリーグ準会員に認定されていたクラブ
★=1994年のシーズン途中にJリーグ準会員に認定されたクラブ
呼称 正式名称 監督 主なホームゲーム会場 前年度成績 備考
東芝 東芝サッカー部   川崎市等々力陸上競技場 J1 3位
大塚製薬 大塚製薬サッカー部   徳島市球技場 J1 4位
☆柏レイソル 日立FC柏レイソル   日立柏サッカー場 J1 5位
富士通 富士通サッカー部   大和市営大和スポーツセンター競技場
厚木市荻野運動公園競技場
J1 6位
☆セレッソ大阪 セレッソ大阪   長居第2陸上競技場 J1 7位 ヤンマーディーゼルサッカー部改め
東京ガス 東京ガスサッカー部   国立西が丘サッカー場
江戸川区陸上競技場
J1 8位
藤枝ブルックス 中央防犯FC藤枝ブルックス   藤枝市民グラウンドサッカー場 J1 9位 中央防犯サッカー部改め
★京都パープルサンガ 京都パープルサンガ   京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 J1 10位 京都紫光サッカークラブ改め
本田技研 本田技研サッカー部   本田技研都田サッカー場 Arrowupgreen.pngJ2 1位 リーグ再編によるJFL(旧J1相当)昇格
★PJM PJMフューチャーズ   佐賀県総合運動場陸上競技場 Arrowupgreen.pngJ2 2位 本拠地を静岡県から佐賀県に移転
コスモ石油 コスモ石油サッカー部   四日市中央緑地陸上競技場
三重県営鈴鹿スポーツガーデンサッカーラグビー場
Arrowupgreen.pngJ2 4位
川崎製鉄 川崎製鉄サッカー部   岡山県総合グラウンド陸上競技場 Arrowupgreen.pngJ2 5位
NTT関東 NTT関東サッカー部   鴻巣市立陸上競技場
川越運動公園陸上競技場
Arrowupgreen.pngJ2 7位
西濃運輸 西濃運輸サッカー部   大垣市浅中公園陸上競技場
長良川球技メドウ
Arrowupgreen.pngJ2 8位
甲府クラブ 甲府サッカークラブ   山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場 Arrowupgreen.pngJ2 9位
NEC山形 NEC山形サッカー部   山形県総合運動公園陸上競技場
山形市陸上競技場
Arrowupgreen.png東北1部1位 全国地域リーグ決勝大会2位ののち、入れ替え戦の結果により昇格


年間順位[編集]

順位 チーム 勝利 敗戦 得点 失点 得失差
1位 セレッソ大阪 26 4 85 33 +52
2位 柏レイソル 25 5 82 29 +53
3位 中央防犯 24 6 61 32 +29
4位 PJM 22 8 70 47 +23
5位 京都パープルサンガ 18 12 63 47 +16
6位 大塚製薬 18 12 63 46 +17
7位 東京ガス 18 12 55 43 +12
8位 川崎製鉄 13 17 36 46 -10
9位 本田技研 12 18 49 62 -13
10位 富士通 11 19 39 52 -13
11位 東芝 11 19 56 71 -15
12位 NTT関東 10 20 37 46 -9
13位 NEC山形 10 20 30 57 -27
14位 甲府クラブ 9 21 36 74 -38
15位 コスモ石油 7 23 33 67 -34
16位 西濃運輸 4 26 29 72 -43
Jリーグ昇格

得点ランキング[編集]

順位 選手名 クラブ 得点数
1 ホルヘ・ルイス・デリー・バルデス 東芝 33
2 ネストール・オマール・ピッコリ 中央防犯 29
3 マルキーニョス セレッソ大阪 21
4 アントニオ・ワグネル・デ・モラエス 大塚製薬 20
アマラオ 東京ガス 20

表彰[編集]

選手名 所属クラブ 備考
得点王 バルデス 東芝 33得点
新人王 沢田謙太郎 柏レイソル
ベストGK賞 武田亘弘 セレッソ大阪

ベスト11[編集]

ポジション 選手名 所属クラブ
GK 武田亘弘 セレッソ大阪
DF 沢田謙太郎 柏レイソル
トニーニョ セレッソ大阪
神田勝夫
MF 森島寛晃
マルキーニョス
久高友雄
FW バルデス 東芝
カレカ 柏レイソル
ワグネル 大塚製薬
ピッコリ 中央防犯

関連項目[編集]