ネストール・オマール・ピッコリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピッコリ Football pictogram.svg
名前
本名 ネストール・オマール・ピッコリ
Néstor Omar Píccoli
ラテン文字 PÍCCOLI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1965-01-20) 1965年1月20日(52歳)
出身地 ブエノスアイレス
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ネストール・オマール・ピッコリ(Néstor Omar Píccoli, 1965年1月20日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

現役時代[編集]

1982年にアルゼンチンのCAリーベル・プレートでプロデビュー、1987年日本サッカーリーグ全日空サッカークラブ(後の横浜フリューゲルス)に入団、一旦アルゼンチンに戻ったが1991年に全日空に復帰し、1992年には中央防犯サッカー部に入団した。クラブが福岡に移転した1995年にはJリーグ昇格に貢献、この年限りで現役引退した。

指導者転身後[編集]

日本時代[編集]

1996年以降もアビスパ福岡とチーム名が変わったクラブに残り育成担当に就任、1998年からU-18監督となった。さらに1999年はトップチームのアシスタントコーチも兼務、2000年から監督に就任した。

就任後はチームに闘争心を植え付け、激しいサッカーを目指し2000年のセカンドステージではシーズン終盤まで優勝争いに絡むなど周囲の評価を覆す躍進を見せた。しかし翌2001年は成績は伸び悩み、所属選手の不祥事による動揺もあってJ2降格となり解任された。

2000年4月12日ナビスコカップ湘南ベルマーレ戦ではスタメン、ベンチ入りメンバーの大半を入れ替え、実質上サテライトチームの編成で試合に臨み「最強のメンバーをもって試合に臨む」とのリーグ規約に抵触するのではと物議を醸した(後述)。

2003年末には日本フットボールリーグ昇格を目指す静岡FCに監督として招かれ、全国地域リーグ決勝大会で指揮を執ったが、昇格はならず、大会後に辞任した。

アルゼンチン帰国後[編集]

2004年には、日本サッカー協会S級コーチライセンス獲得のためにリーベル・プレートでコーチ研修を行った都並敏史を現地で迎え、通訳兼コーディネーターとして支援したとされる。都並は1996年から1年余り福岡に在籍し、ピッコリとは面識があった。

現在はボカ・ジュニアーズでアシスタント・コーチを務めている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

日本国内成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1987 全日空 JSL2部
1988-89 JSL1部 6 2
1989-90 9 1 0 0 0
1991-92 17 12 5 -
1992 中央防犯 旧J2 -
1993 旧J1 -
1994 旧JFL -
1995 福岡B 旧JFL -
通算 日本 JSL1部 19 8
日本 JSL2部
日本 旧JFL
日本 旧JFL2部
総通算

ピッコリ事件[編集]

2000年4月10日、アビスパの練習場だった雁ノ巣での練習後ピッコリは「12日のナビスコカップ開幕戦湘南ベルマーレは控え組で臨む」と発言。当時の福岡の戦力を考えれば妥当な戦略であり、ピッコリ自身は「技術のある選手がベストメンバーではない。90分質の高いプレーをするのが選手がベストだ。選手を使い続けて疲れさせていいのか?」と主張した。

しかしJリーグ側は発言が新聞に掲載された事で事態を問題視。Jリーグ側はカップ戦の権威が落ちる事に対するスポンサーへの配慮もあってアビスパ側を問い質ししつづけた。この時はいわゆるJリーグバブルが終わり日本経済も冷え込みを続けた時期でスポンサー離れ等危機感が大きくJリーグ側が問題視したと考えられる。

これがきっかけで、Jリーグ規約第42条の「最強のチームによる試合参加(ベストメンバー)を」定めた項目に補足基準

次の試合(J1・J2・ナビスコカップ)における先発メンバー11人は、当該試合直前のリーグ試合5試合のうち、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならない(但し、負傷・出場停止等の例外規定もあり)」

という規則改正にまで発展した。

福岡サポーターの一部は当時を振返り「サポーターはピッコリ支持で一つに固まっていた。文句を言う人間はだれも居ない」と語っている。ちなみにこの時の相手湘南とは4月12日に平塚競技場で3-2で福岡が勝利。4月19日はホーム博多の森で0-0の引き分け2回戦に進出した。

なお、同年の同大会でジェフユナイテッド市原も福岡と同じようなケースでその前の公式戦のメンバーから先発9人を交換し試合に臨んだが(4月12日開催)、市原側は先発交換に関して態度を軟化させたこともありJリーグからお咎めは無かった(参考文献『エル・ゴラッソ2007年3月21日発行分。なお、同紙ではこの事件に因み、ナビスコカップにおける先発メンバーの変更率を「ピッコリ度」と呼んで指標としている)。

※ピッコリが「控え組で臨む」と言った背景には、問題となった4月の月間試合数(8試合)が過密日程だったことも考慮する点があったのではないかと思われる。

問題となったときの試合日程[編集]

試合日 リーグ・カップ 対戦相手 試合会場 試合間隔
1 2000年 4月1日 J1 1stステージ 第4節 名古屋グランパスエイト 瑞穂公園陸上競技場
2 4月5日 第5節 ヴェルディ川崎 博多の森球技場 中3日
3 4月8日 第6節 ジュビロ磐田 ジュビロ磐田スタジアム 中2日
4 4月12日 ヤマザキナビスコカップ 1回戦 湘南ベルマーレ 平塚競技場 中3日
5 4月15日 J1 1stステージ 第7節 柏レイソル 博多の森球技場 中2日
6 4月19日 ヤマザキナビスコカップ 1回戦 湘南ベルマーレ 博多の森球技場 中3日
7 4月22日 J1 1stステージ 第8節 ガンバ大阪 万博記念競技場 中2日
8 4月29日 第9節 サンフレッチェ広島 博多の森球技場 中6日

問題となったときの試合メンバー[編集]

リーグ戦メンバー - カップ戦メンバー
GK 30 小島伸幸 GK 1 塚本秀樹
DF 39 平島崇 DF 39 平島崇
DF 2 河口真一 DF 3 水筑優文
DF 4 小島光顕 DF 28 三好拓児
DF 12 藤崎義孝 DF 15 橋口勝
MF 5 三浦泰年 MF 24 久永辰徳
MF 7 野田知 MF 6 篠田善之
MF 8 石丸清隆 MF 20 鈴木勝大
MF 11 バデア MF 13 牛鼻健
FW 14 山下芳輝 FW 27 松永一慶
FW 9 モントージャ FW 18 江口倫司
GK 1 塚本秀樹 GK 21 田草川貴
MF 6 篠田善之 MF 19 新田大介
MF 13 牛鼻健 MF 24 小森田友明
MF 24 久永辰徳 FW 25 深川大樹
FW 18 江口倫司 FW 29 柿本倫明
  • リーグ戦 2000年4月8日 ジュビロ磐田戦
  • カップ戦 2000年4月12日 湘南ベルマーレ戦

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 勝利 引分 敗戦 ナビスコ杯 天皇杯
2000 J1 福岡 12位 30 37 13 2 15 2回戦 4回戦
2001 J1 福岡 15位 30 27 9 2 19 2回戦 3回戦
2003 東海 静岡FC - - -

参考文献[編集]