三重県営鈴鹿スポーツガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三重県営鈴鹿スポーツガーデン
Suzuka Sports Garden
三重県営鈴鹿スポーツガーデン
三重県営鈴鹿スポーツガーデンの位置(三重県内)
三重県営鈴鹿スポーツガーデン
分類 運動公園
所在地
三重県鈴鹿市御薗町1669
座標 北緯34度50分3.91秒 東経136度30分57.47秒 / 北緯34.8344194度 東経136.5159639度 / 34.8344194; 136.5159639座標: 北緯34度50分3.91秒 東経136度30分57.47秒 / 北緯34.8344194度 東経136.5159639度 / 34.8344194; 136.5159639
開園 1992年平成4年)
運営者 三重県体育協会グループ
設備・遊具 水泳場
庭球場
サッカー・ラグビー場
体育館
クライミングウォール
多目的広場
事務所 三重県営鈴鹿スポーツガーデン管理事務所
事務所所在地 三重県鈴鹿市御薗町1669
公式サイト 三重県営鈴鹿スポーツガーデン 公式サイト

三重県営鈴鹿スポーツガーデン(みえけんえいすずかスポーツガーデン)は、三重県鈴鹿市にある総合スポーツ施設1992年から段階を追ってオープンし、球技場、プール、テニスコート、体育館等を設けている。指定管理者三重県体育協会グループ[1]

2014年(平成26年)10月1日より命名権(ネーミングライツ)導入により、「三重交通G スポーツの杜 鈴鹿」となる[2]

主要施設[編集]

水泳場[編集]

  • 50m競泳プール - 10コース、水球兼用、シンクロナイズドスイミング対応
  • 25m競泳プール - 7コース
  • 飛込プール - シンクロナイズドスイミング兼用
    • 高飛込台:5m・7.5m・10m、飛板飛込台:1m・3m

庭球場[編集]

  • センターコート - 砂入り人工芝、照明設備
    • 観客席1648席
  • 屋内コート - ハードコート4面、照明設備
  • 屋外コート - 砂入り人工芝16面、照明設備

サッカー・ラグビー場[編集]

メイングラウンドを含めた計5面のグラウンドは全て天然芝であったが、グラウンドコンディション維持の為に利用可能な時間は限られていた。この解消のために第3グラウンドは総事業費は約1億900万円を掛けて2009年4月に人工芝に張り替えられた。この事業は日本サッカー協会の「都道府県フットボールセンター整備助成事業」として4500万円の助成金が交付された。

ジャパンラグビートップリーグに所属するホンダヒート日本女子サッカーリーグに所属する伊賀フットボールクラブくノ一が公式戦を開催するほか、サッカーの東海社会人リーグに所属する鈴鹿アンリミテッドFCがホームスタジアムとして使用している。また、ヴィアティン三重日本フットボールリーグに昇格した2017年シーズンからホームゲームの一部を開催する予定としている。

設備[編集]

  • メイングラウンド
  • 第1グラウンド - 天然芝(ティフトン)
  • 第2グラウンド - 天然芝(高麗芝)
  • 第3グラウンド - 人工芝、照明設備(250ルクス)
  • 第4グラウンド - 天然芝(ティフトン)、照明設備(250ルクス)
  • 多目的グラウンド - アーチェリー、フットサル(3面)、グラウンドゴルフ等の利用が可能

体育館[編集]

クライミングウォール[編集]

  • 高さ12m

交通[編集]

距離は伊勢鉄道徳田駅が最も近いが、近鉄白子駅からバスに乗車して行くのが主流である。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第3回三重県営総合競技場等指定管理者選定委員会の開催結果” (2013年10月24日). 2014年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
  2. ^ 相馬敬「県営2施設 初の命名権 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿、伊勢」中日新聞2014年8月12日付朝刊、三重総合19ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]