石巻フットボール場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石巻市総合運動公園 > 石巻フットボール場
石巻フットボール場
石巻フットボール場
石巻フットボール場の位置(宮城県内)
石巻フットボール場
施設情報
所在地 宮城県石巻市南境字新小堤18番地
位置 北緯38度27分27.9秒
東経141度18分33.5秒
座標: 北緯38度27分27.9秒 東経141度18分33.5秒
所有者 石巻市
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 174m× 84m (サッカー場のピッチサイズは105m×68m)
照明 なし
大型映像装置 なし
使用チーム、大会
新世紀・みやぎ国体(2001年)
ソニー仙台FCJFL
宮城県社会人リーグ
収容能力
 5,650人(ベンチ:メイン700人、バックスタンド500人、正面芝スタンド:1,680人、外野芝スタンド:2,770人)
アクセス
三陸自動車道石巻河南ICより車で15分

石巻フットボール場(いしのまきフットボールじょう)は、宮城県石巻市南境の石巻市総合運動公園内にあるサッカーラグビー専用競技場。サッカー場のピッチサイズは105m×68m。

2001年新世紀・みやぎ国体ラグビー(少年男子)種目の会場だった。また、日本プロサッカーリーグベガルタ仙台ミニキャンプ地として利用されている他、現在でもベガルタのサテライトリーグ戦の会場として年間数試合利用されている。その他サッカー、ラグビーの各種公式大会にも使用されている。2009年はJFLソニー仙台FCの公式戦ホームゲームが初めて開催された。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で自衛隊の活動拠点になった影響で使用出来なくなった。

2012年に利用再開を見込んでいたが、完全に復旧していなかったため、フットボール場で開催を予定していたベガルタ仙台レディースなでしこチャレンジリーグの試合は「ふれあいグラウンド」に変更となった。

2013年6月2日に改修が完了し、それを記念して早稲田大学ラグビー蹴球部慶應義塾體育會蹴球部の試合が行われた。

2017年6月、東側芝席に500席のベンチ席が増設され、計1,200席となった。[1]

施設概要[編集]

  • 収容人数:5,650人(うちベンチ1,200席)
  • フィールド:長辺 174m x 短辺 84m
  • スコアボード:電光掲示板(フルカラーLED式、映像表示可能)
  • 照明設備:無し

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]