柏の葉公園総合競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千葉県立柏の葉公園総合競技場

Kashiwanoha200701021.JPG

柏の葉公園総合競技場の位置(千葉県内)
柏の葉公園総合競技場
施設情報
所在地 千葉県柏市柏の葉四丁目1番地
位置 北緯35度53分51.99秒 東経139度56分10.32秒 / 北緯35.8977750度 東経139.9362000度 / 35.8977750; 139.9362000
起工 1996年
開場 1999年
所有者 千葉県
運用者 千葉県まちづくり公社
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105m x 68m
照明 1,500ルクス
設計者 アーバンデザインコンサルタント[1]
使用チーム、大会
NECグリーンロケッツ東葛JAPAN RUGBY LEAGUE ONE
柏レイソルJリーグ・1999年 - 2008年) 
ブリオベッカ浦安JFL・2016年 - 2017年)
収容人員
20,000人
アクセス
つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅より路線バスで東大前、または柏の葉公園北のいずれかのバス停下車

千葉県立柏の葉公園総合競技場 (ちばけんりつ かしわのはこうえん そうごうきょうぎじょう) は、千葉県柏市柏の葉公園内にある県営の陸上競技場。球技場としても使用される。施設は千葉県が所有し、財団法人千葉県まちづくり公社が指定管理者として管理運営を行っている。

概要[編集]

柏市西部、流山市との市境付近に位置していたアメリカ軍柏通信所大日本帝国陸軍柏飛行場をアメリカ軍が接収)が1979年に日本に返還後、跡地のうち千葉県と柏市の所有分に整備された柏の葉公園の中心となる施設である。

Jリーグ柏レイソルがホームスタジアムとして使用することを前提に20,000人収容の規模で建設されたが、実際には日立柏サッカー場に対するサブホームスタジアムという形で運用され、リーグ戦では年間3-5試合の使用にとどまり、リーグ戦では2007年限りで、カップ戦では2008年限りで開催されなくなった(詳細後述)。

JAPAN RUGBY LEAGUE ONEに所属するNECグリーンロケッツ東葛がホームスタジアムとして使用している[2]。また、隔年で全国高等学校サッカー選手権大会の会場として使用されている。

施設概要[編集]

日本陸上競技連盟公認第2種陸上競技場で、アーチ状の片持ち梁による屋根を有するメインスタンドと、全面屋根で覆われたサイド・バックスタンドがトラックを囲む。収容人員は20,000人(座席13,000席、両ゴール裏は立見席)。

夜間照明はメインスタンド屋根先端とバックスタンド側に2基の照明塔を有し、1,500ルクスの照度を確保する。

バックスタンド中央上部に球技専用の得点掲示板がある(市原臨海競技場とほぼモデルが同じ)。

アクセス[編集]

主な使用大会[編集]

柏レイソルのホームスタジアム問題[編集]

柏市と千葉県は当初、レイソルのメインホームスタジアムとする計画で柏の葉公園総合競技場を建設したが、2009年以降はホームゲームが開催されていない。

柏の葉公園総合競技場での開催に賛成しない理由は以下の2つが挙げられる。

  • 柏駅から徒歩20分の日立柏サッカー場に比べて交通の便が悪い
地域の中心地となる柏駅から徒歩20分の日立柏サッカー場に比べ、アクセス環境は極めて悪かった。当時は鉄道アクセスが、スタジアムから徒歩30分の東武野田線江戸川台駅に限定されていた。2005年(平成17年)8月24日つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅が開業したことにより、最寄り駅までは徒歩25分程度に改善されている。
  • サッカー専用競技場の日立柏サッカー場に比べて臨場感に乏しい
日立柏サッカー場はスタンドとピッチが非常に近いことに対して、柏の葉公園総合競技場ではその間に9レーンの陸上競技トラックが横たわっている。臨場感や、ピッチ上の選手とサポーターとの間の一体感が希薄になることが反対理由に挙げられた。これに加えてスタンドの傾斜がかなり緩やかなため、悪印象をより強めている。スタンドの傾斜についてはレイソル側からも改善要求が出ていた。

経営面での問題[編集]

柏レイソルも柏の葉公園総合競技場への移転には躊躇する理由がある。日立柏サッカー場はクラブが所有する施設(2011年春までは日立製作所の福利厚生施設)であるのに対して、柏の葉公園総合競技場は千葉県が所有する運動競技場であるため、柏レイソルが柏の葉公園総合競技場で試合をする場合に所有者である千葉県に対して使用料・賃貸料等を支払う必要がある。日立柏サッカー場ならば、これらはほぼ掛からない事になるので、日立柏サッカー場より多くの入場者を記録したとしても利益が少ない場合がありうる。

経緯[編集]

レイソルのホームスタジアムとしてはジャパンフットボールリーグ時代の1992年から日立柏サッカー場が使用されてきたが、日立柏サッカー場はあくまでも暫定的なスタジアムと位置付けられており、応急処置的にJリーグの規格を満たすよう手が加えられ、本当のホームスタジアムを探る動きはJリーグ参加当初から続けられていた。

柏市が着目したのは柏の葉四丁目に整備が進められている柏の葉公園に計画されていた陸上競技場であった。これに20,000人が収容できるスタンドと照明設備を付属させ、更に千葉県では初となる全席屋根付きの物とした上で、レイソルのホームスタジアムとする方針が柏市と千葉県によって決定され、1995年から整備が開始された。又、この時点では将来的にレイソルのホームスタジアムは柏の葉に移転する事が想定されていた。

スタジアムは千葉県が建設し、1999年3月に完成。4月25日の対浦和レッズ戦から使用が開始された。但しサポーターの中で、このスタジアムを好意的に受け止めた者は少なく、スタジアムの建設段階から反対の声が上がり、「柏レイソルのホームスタジアムはあくまでも日立柏サッカー場であり柏の葉はホームスタジアムとして認めない」という主張が主流を占めるようになっていた。この開幕戦でも柏の葉公園総合競技場をホームスタジアムと認めない一部のサポーターが開幕セレモニー中に発炎筒を投げ入れる、抗議の横断幕(「史上最低のスタジアム」「本拠地移転を認めない!!」等)を掲げる等の事件が起こった。

その後2002年シーズンまでは、観客動員が見込める試合数試合を柏の葉公園総合競技場で行い、日立柏サッカー場をメインスタジアムとして扱う事で、柏の葉公園総合競技場への移転反対派のサポーターとの妥協が成立していた。2002年途中まで2003年シーズンから柏の葉公園総合競技場にメインスタジアムを移行し、日立柏サッカー場の規模を縮小する計画を立てていたが、サポーターの同意を得ることが出来なかった事と、サポーターの意見を合わせて千葉県に対して提出した改善計画(バックスタンドのかさ上げや、看板の常設など)を千葉県に却下されたため、計画は撤回され現在に至るまで柏の葉公園総合競技場はサブホームの扱いを受けている。

2008年シーズンは、柏の葉公園総合競技場でのリーグ戦開催は消滅したが、その代わりナビスコカップのホームゲームは全て柏の葉公園総合競技場での開催となっている。このうちの1試合・千葉ダービージェフユナイテッド千葉との試合)は柏の葉公園総合競技場で初めて開催された。

2009年シーズン以後はリーグ戦、ナビスコ杯共に1試合も開催されておらず(柏の葉公園総合競技場でJリーグの試合が組まれなかったのは完成以後では2009年が初めてとなる)、事実上柏の葉公園総合競技場からは撤退となっている。 しかし、天皇杯全日本サッカー選手権大会では2009年度より、レイソルが登場する最初のカードで柏の葉公園総合競技場が使用されている。(2010年の同大会でも当初は柏の葉開催が予定されていたが、芝生のコンディションの問題により直前で日立柏サッカー場に変更になった。)

2011年ちばぎんカップで、大会史上初めて柏の葉公園総合競技場が使用された。

しかし近年、観客動員が見込める試合でも、関東圏を本拠地とするチーム(特に浦和レッズとの対戦など)との対戦では、東京の国立霞ヶ丘競技場陸上競技場で開催されることが多く、また日立柏サッカー場の増築・改修(ホーム・アウェーのサポーター自由席を入れ替えた上でホーム側メインスタンド並びにゴール裏2階席の増設)が完了したこともあり、この競技場での開催頻度は減少傾向にある。さらにメインスタンドの座席の経年劣化や鳥糞による汚れが目立つようになり、観客動員の見込める全国高校サッカー選手権や競技場から1㎞圏内の流通経済大学付属柏高等学校サッカー部の出場することが多い高校サッカー選手権千葉県予選での使用もなくなってきている。そのため、近年はブリオベッカ浦安や千葉県サッカーリーグでの使用が増えており、2016年度からはブリオベッカがJFLに昇格するにあたり、本来使用すべき浦安市運動公園陸上競技場が人工芝でJFL・Jリーグでは使用が認められていないことから、暫定的に柏の葉に本拠地を移して行うことになった。なお、ブリオベッカは2017年度のJFLにて年間15位となり、翌2018年度より栃木ウーヴァ(2017年度の年間16位)と共に関東社会人リーグへ降格となったため、今後JFLで当競技場が使用されるかは未定。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]