横河電機サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横河武蔵野FCから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
横河電機サッカー部
原語表記 横河電機サッカー部(1939 - 1982)
横河北辰電機サッカー部(1983 - 1986)
横河電機サッカー部(1986 - 2002)
横河武蔵野フットボールクラブ(2003 - 2015)
呼称 横河電機(1939 - 2002)
横河武蔵野FC(2003 - 2015)
クラブカラー     青、   
創設年 1939年
解散年 2015年
ホームタウン 東京都武蔵野市
ホームスタジアム 武蔵野市立武蔵野陸上競技場
運営法人 -
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

横河電機サッカー部(よこがわでんきサッカーぶ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。横河電機のサッカー部として1939年に創部した。東京武蔵野シティFCの前身となったクラブである。

概要[編集]

創設[編集]

文献から確認できる最初の公式戦(1941年2月、三菱倶楽部戦)の開催会場となった東京帝国大学

1939年に横河電機製作所の社内のサッカー同好会として創設され[1]、横河電機製作所が本社工場を置く東京府北多摩郡武蔵野町吉祥寺(現在の東京都武蔵野市)を拠点として活動を始めた[2]

1941年、関東蹴球協会主催の第10回関東実業団蹴球大会に出場して1回戦(2月2日)で三菱倶楽部(現:三菱養和)に0-1で敗北したが、この試合が文献から確認できる最初の公式戦である[3]

1941年4月16日に関東実業団蹴球連盟(現:関東サッカー協会)への加盟が承認され、関東実業団蹴球の6部(他に三菱倶楽部や東京海上など)に所属することが決定した[4]

太平洋戦争後の活動についてははっきりしないが、全日本実業団サッカー選手権大会全国都市対抗サッカー選手権大会の出場経験は無い。

1970年代[編集]

1976年に東京都社会人サッカーリーグ1部へ昇格し、初優勝も果たした。翌1977年は都リーグ1部で2年連続優勝。また、関東社会人サッカー大会で優勝した。

1978年、関東サッカーリーグに昇格。関東リーグは優勝した東邦チタニウムと勝点11差の勝点44(11勝(3PK勝)7敗(3PK負))で3位の成績。

1979年、関東リーグは優勝した埼玉教員と勝点6差の勝点47(12勝(1PK勝)6敗(1PK負))で3位の成績ながら、2年連続で上位2チームに認められていた全国地域サッカーリーグ決勝大会への出場はならなかった。

1980年代[編集]

1980年、関東リーグは5勝2分11敗の勝点12で9位に終わり、翌年度からの都リーグ1部への降格が決まった。また、全国社会人サッカー選手権大会に初めて出場。初戦(1回戦)で三菱重工神戸を破り、全社初勝利を記録した。2回戦はマルヤス工業に敗れた。

1983年、合併により商号が変更したことに伴って横河北辰電機サッカー部へ名称を変更した。

1984年、都リーグ1部の優勝は成らなかった(東京ガスが優勝)が、関東社会人大会で7年ぶりに優勝した。

1985年、関東リーグに5年ぶりに昇格(復帰)したが、リーグ戦は2勝4分12敗の成績で最下位に終わり、1年での都リーグ1部への降格が決まった。5年ぶりに出場した全社は1回戦で三菱自工京都に敗れた。

1986年、商号変更に伴って横河電機サッカー部へ名称を変更した。

1988年、3年ぶりに全社へ出場したが1回戦で京都府警に敗れた。

1990年代[編集]

1991年、横河電機副社長(当時)の美川英二の肝煎りでチームの強化が始まり、ブラジル人のマルコス・ボカットが監督に就任し、またブラジル人選手3人と契約した[5][6]

1992年、都リーグ1部は3位の成績であったが関東社会人大会で準優勝した。4年ぶりに全社に出場したが1回戦で京セラ川内に敗れた。

1993年、関東リーグに3度目の昇格(復帰)。リーグ戦は9勝3分6敗の成績で優勝チームと勝ち点9差の3位の成績。2年連続で出場した全社は1回戦でNTT九州(現在のロアッソ熊本の母体)、準決勝で東北電力(現:ベガルタ仙台)などを破り、決勝でYKK(現在のカターレ富山の母体)に勝利して同大会で初めて優勝した。

1994年、会社としてジャパンフットボールリーグへの昇格を目指す意向を表明した[7]。関東リーグは10勝6分2敗の成績で2位に勝ち点4差をつけて初優勝。全社は準々決勝で北陸電力(現在のカターレ富山の母体)に敗れた。初めて出場した全国地域サッカーリーグ決勝大会(地決)は1次ラウンドを2戦2勝の首位で通過、決勝ラウンドは1勝2敗で4チーム中3位の成績でジャパンフットボールリーグへの昇格は成らなかった。

1995年、関東リーグは9勝4分5敗の成績で優勝したプリマハムFC土浦(現:水戸ホーリーホック)に勝ち点14差の2位。全社は1回戦で日立清水に敗退。地決は1次ラウンドを2戦2勝(1PK勝)の首位で通過、大分FC(現:大分トリニータ)やYKKなどと同組となった決勝ラウンドは1勝2敗(1PK負)で4チーム中3位の成績で2年連続の敗退。

1996年、関東リーグは8勝2分8敗の成績で優勝したホンダルミノッソ狭山に勝ち点17差の4位に終わり、3年連続の地決出場は成らなかった。全社は1回戦で同大会で優勝した教育研究社FCに敗れた。

1997年、元湘南ベルマーレエジソン・アパレシード・デ・ソウザが加入。関東リーグは14勝4分(無敗)の成績で2位に勝ち点10差を付けて3年ぶり2度目の優勝。全社は佐川急便SCなどを破って決勝に進出。決勝はホンダルミノッソ狭山に勝ち4年ぶりに優勝した(2度目)。地決は1次ラウンドを2戦2勝の首位で通過、ソニー仙台FCアルビレックス新潟などと同組となった決勝ラウンドは1勝2敗(1PK負)で4チーム中3位の成績で敗退した。

1998年、関東リーグは15勝1分2敗の成績で2位に勝ち点9差を付けて2年連続3度目の優勝。地決は1次ラウンドを2戦2勝の首位で通過、愛媛FCやNTT九州などと同組となった決勝ラウンドは3戦3勝(1PK勝)の成績で優勝した。また、1999年度より創設される日本フットボールリーグ(JFL)参加を2月までに申請し[8])、10月に日本サッカー協会によってJFLへの参加が承認された[9] (第7回JFLも参照)。

1999年、森井申一が監督に就任。第35回全国社会人サッカー選手権大会に出場して栃木SC水戸ホーリーホックなどを破ってベスト4に入った(準決勝でソニー仙台FCに敗北)。

2000年代[編集]

2000年、藤原義三が監督に就任。この年の東京都サッカートーナメント決勝で早稲田大学を破り大会初優勝。天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場したが、1回戦で阪南大学に敗れた。

2003年、社内組織から離れるとともにチーム名称を横河武蔵野フットボールクラブ(呼称:横河武蔵野FC)へ改称[10]。また、古矢武士が監督に就任した。

2007年2月に特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブが設立され、トップチームの運営を同法人へ移管した(ユース及びスクール事業は#アカデミーを参照)[1][11]。また、同年より依田博樹が監督に就任した。

2009年、JFLリーグ戦で17勝9分8敗の成績を収めて過去最高の2位に入った(優勝したSAGAWA SHIGA FCに勝点6差)。また、金守貴紀および太田康介がベストイレブンに選出された。なお、第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会に出場し、初戦(2回戦)で大分トリニータにPK戦で敗退。

2010年代[編集]

2012年、第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦でJ1のFC東京に勝利し[10]、ベスト16に入った。2013年より吉田康弘が監督に就任した。

2015年11月26日、Jリーグ加盟を目指す方針を表明した。「Jリーグ入会の条件が緩和されたこと」、「主力選手がJリーグ入会を目指すチームに相次いで移籍したこと」を理由として挙げている[1]。2016年1月1日付で、チーム名を「東京武蔵野シティフットボールクラブ」(呼称は「東京武蔵野シティFC」)に変更した[12]。以降については東京武蔵野シティFCの項目を参照のこと。

年度別成績・歴代監督[編集]

横河電機サッカー部[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
1975 東京都2部 地区予選
敗退
1976 東京都1部 優勝
1977 優勝
1978 関東 3位 41 18 11
(PK3)
- 7
(PK3)
41 20 +21
1979 3位 47 18 12
(PK1)
- 6
(PK1)
44 20 +24
1980 9位 12 18 5 2 11 27 43 -16
1981 東京都1部
1982
1983
1984
1985 関東 10位 8 18 2 4 12 20 64 -44
1986 東京都
1987
1988
1989
1990
1991 ブラジルの旗 マルコス・ボカット
1992 東京都1部 3位
1993 関東 3位 21 18 9 3 6 32 29 +3
1994 優勝 26 18 10 6 2 41 19 +22
1995 2位 31 18 9 4 5 31 21 +10
1996 4位 26 18 8 2 8 31 24 +7 都予選敗退
1997 優勝 46 18 14 4 0 37 8 +29
1998 優勝 46 18 15 1 2 49 12 +37 日本の旗 山崎正晴
1999 JFL 8位 20 24 7 0 17 26 43 -17 日本の旗 森井申一
2000 12位 9 22 2 3 17 21 41 -20 1回戦敗退 日本の旗 藤原義三
2001 7位 41 30 12 5 13 37 54 -17 都予選敗退 日本の旗 山崎正晴
2002 7位 28 17 8 4 5 21 26 -5 日本の旗 三富健大

横河武蔵野FC[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
2003 JFL 13位 29 30 9 2 19 32 65 -33 都予選敗退 日本の旗 古矢武士
2004 13位 32 30 8 8 14 41 51 -10
2005 9位 48 30 14 6 10 37 29 +8
2006 6位 60 34 17 9 8 58 38 +20
2007 7位 54 34 16 6 12 50 44 +6 日本の旗 依田博樹
2008 7位 54 34 15 9 10 43 34 +9
2009 2位 60 34 17 9 8 48 34 +14 3回戦敗退
2010 12位 44 34 12 8 14 34 38 -4 都予選敗退
2011 15位 36 33 9 9 15 33 37 -4
2012 10位 41 32 11 8 13 35 50 -15 ベスト16
2013 10位 49 34 13 10 11 36 36 0 2回戦敗退 日本の旗 吉田康弘
2014 6位 35 26 9 8 9 31 31 0 都予選敗退
2015 12位 30 30 8 6 16 31 40 -9
  • 出典
関東サッカーリーグ・過去の記録(2016年2月2日閲覧)
東京武蔵野シティFC・沿革(2016年2月2日閲覧)

主な結果・タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

カップ戦[編集]

その他[編集]

  • 日本フットボールリーグ
    • 2002年 - 努力賞
    • 2013年 - フェアプレー賞
    • 2014年 - 特別賞

個人[編集]

スタジアム・練習場[編集]

スタジアム[編集]

練習場[編集]

  • 練習場:横河電機グラウンド[10]

年度別入場者数[編集]

略記について
年度 所属 合計
入場者数
最多入場者数 最少入場者数 平均
入場者数
試合数 ホームゲーム
開催スタジアム
入場者数 相手 会場 入場者数 相手 会場
1999 JFL 7,194 1,556 横浜FC 駒沢 268 本田技研 駒沢 599 12 駒沢3、西が丘3、多摩2、武蔵野1、夢の島1、町田1、川越1
2000 7,736 2,744 横浜FC 武蔵野 265 デンソー 西が丘 703 11 西が丘5、武蔵野4、夢の島1、多摩1
2001 7,334 1,198 静産大 東京ス 240 ジヤトコ 富士北麓 489 15 西が丘5、武蔵野2、多摩2、駒沢2、東京ス1、江戸川1、夢の島1、富士北麓1
2002 4,770 1,057 佐川大阪 252 アローズ 夢の島 530 9 武蔵野4、西が丘2、夢の島2、東京ス1
2003 6,610 777 愛媛FC アミノV 215 佐川印刷 441 15 武蔵野5、西が丘2、アミノV2、多摩2、味スタ1、夢の島1、江戸川1、駒沢1
2004 8,645 988 SC鳥取 味スタ 350 大塚製薬 アミノV 576 15 武蔵野9、アミノV2、西が丘2、味スタ1、夢の島1
2005 10,201 1,123 ホリコシ 武蔵野 448 佐川印刷 西が丘 680 15 武蔵野10、江戸川2、西が丘2、駒沢1、味スタ1、多摩1
2006 11,697 1,194 Honda 403 流経大 688 17 武蔵野10、西が丘3、味スタ1、駒沢1、江戸川1、夢の島1
2007 11,437 1,405 栃木SC 317 ソニー 西が丘 673 17 武蔵野7、西が丘4、駒沢3、味スタ1、夢の島1、江戸川1
2008 17,087 4,101 A高崎 国立 384 FC刈谷 多摩 1,005 17 武蔵野12、西が丘2、国立1、多摩1、夢の島1
2009 12,950 1,326 町田 武蔵野 281 SAGAWA 武蔵野 762 17 武蔵野13、駒沢2、西が丘1、上柚木1、夢の島1
2010 13,196 1,212 鳥取 西が丘 440 SAGAWA 776 17 武蔵野11、西が丘6
2011 12,179 1,648 松本 229 秋田 西が丘 716 17 武蔵野8、西が丘5、夢の島2、江戸川1、駒沢1
2012 11,445 1,312 長野 武蔵野 316 佐川印刷 夢の島 715 16 武蔵野9、夢の島3、味フィ西2、駒沢1、味スタ西1
2013 13,085 2,257 町田 298 金沢 味フィ西 770 17 武蔵野10、夢の島3、味フィ西3、江戸川1
2014 9,613 1,227 鹿児島 335 岡山N 739 13 武蔵野9、味フィ西3、夢の島1
2015 12,255 2,305 マルヤス 438 FC大阪 武蔵野 817 15 武蔵野13、味フィ西2

アカデミー[編集]

トップチームは2007年2月に設立された特定非営利活動法人武蔵野スポーツクラブが運営していたが、ユース・ジュニアユースやスクール事業については横河パイオニックス株式会社が手掛けていた[11]

2014年11月には横河武蔵野FCジュニアがダノンネーションズカップで優勝した[13]

ユニフォーム[編集]

チームカラー[編集]

  •     青、   

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
2006 横河パイオニックス - 東京車人 ナカノフドー建設 UMBRO
2007
2008 YOKOGAWA
2009
2010 ING
2011
2012
2013 ナカノフドー建設 -
2014
2015

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「横河武蔵野、J目指す 都内4番目、「17年にJ3」」、朝日新聞むさしの版、2015年11月26日
  2. ^ YOKOGAWA HISTORY”. 横河電機. 2016年2月1日閲覧。
  3. ^ 「関東実業団蹴球第1日」朝日新聞東京、1941年2月3日、2016年2月16日閲覧
  4. ^ 「実業団蹴球の加盟チーム」朝日新聞東京、1941年4月18日、2016年2月16日閲覧
  5. ^ 「横河電機サッカーチーム監督のM・ボカットさん」、朝日新聞、1993年12月06日
  6. ^ 「Jリーグ加盟、視野に 外国選手迎え強化 横河電機サッカー部」、毎日新聞、1994年1月12日
  7. ^ 「横河電機のJFL入り、美川社長が正式表明」毎日新聞、1994年1月25日、2015年2月16日閲覧
  8. ^ 朝日新聞、1998年2月13日
  9. ^ 朝日新聞、1998年10月10日
  10. ^ a b c d 「横河武蔵野FC、奮闘中 サッカー天皇杯、王者FC東京破る大金星」、朝日新聞むさしの版、2012年9月22日
  11. ^ a b サッカースクール”. 横河パイオニックス. 2016年2月1日閲覧。
  12. ^ 新年のご挨拶”. 東京武蔵野シティFC (2016年1月1日). 2016年2月1日閲覧。
  13. ^ “横河武蔵野FCジュニアがジュニアサッカーの世界大会「ダノンネーションズカップ2014」で優勝” (プレスリリース), 横河パイオニックス, (2014年11月18日), http://www.yokogawa.co.jp/cp/topics/2014/pr-topics-2014-1118-ja.htm 2016年2月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]