横河武蔵野アトラスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横河武蔵野アトラスターズ
原語表記 横河武蔵野アトラスターズ
クラブカラー     
愛称 武蔵野アトラスターズ
創設年 1946年
代表者 岡部正俊(部長)
監督 山崎豪
所属リーグ イーストリーグDiv.1
チームカラー
公式サイト
http://www.yokogawa-rugby.com/
テンプレートを表示

横河武蔵野アトラスターズ(よこがわむさしのアトラスターズ、アルファベット表記:Yokogawa Musashino Atlastars)は、東京都武蔵野市を本拠地とする社会人ラグビーチームである。イーストリーグDiv.1所属。母体は横河電機

ホームグラウンドは、横河電機武蔵野グラウンドである。[1]

概要[編集]

  • チーム名の「アトラスターズ(Atlastars)」は、「Atlas」と「Stars」からなる造語であり、最後に勝ち残るという思いを込めて「At last」も掛けている。
  • トップリーグ昇格時に現名称となったが、クラブチーム化し後にNPO法人を立ち上げたサッカー部とは違い、現在も本社のラグビー部としての位置づけにある。

チームスローガン[編集]

  • 2014年度:「覚悟

歴史[編集]

1946年(昭和21年)創設。全国社会人大会でベスト4を4度記録した社会人ラグビーにおける古豪のひとつとして知られる。1988年から1990年まで東日本社会人リーグに所属していた。

しかし、その後暗黒時代に突入し、2003-04シーズンはトップイースト10チーム中9位に沈んだ。

だが、2004年(平成16年)に元日本代表吉田義人がコーチに就任すると、チームの成績はみるみる上昇。そして2008年(平成20年)、トップリーグ初昇格を決めた。そのトップリーグでは、2008-09シーズンで最下位となり、自動降格。

2011年(平成23年)9月25日、試合中にスクラムの組み方を巡ってもめた際、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市を拠点とする釜石シーウェイブスの選手に対し、横河の選手が「お前ら、震災で頭おかしくなったんちゃうか」と暴言を吐き[2][3]、試合翌日から30日間の対外試合出場停止処分を受けた。その後の半月間も活動自粛したため、都合4試合を欠場することとなった。[4]その後もトップリーグ入替戦で敗れるなど苦しい戦いを強いられている。

主な成績[編集]

  • 1996-1997シーズン 関東社会人リーグ1部 0勝7敗 8位
  • 1997-1998シーズン 関東社会人リーグ1部 1勝6敗 8位
  • 1998-1999シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 3勝4敗 4位
  • 1999-2000シーズン 関東社会人リーグ1部Aグループ 1勝6敗 7位
  • 2000-2001シーズン 関東社会人リーグ1部Bグループ 5勝2敗 4位
  • 2001-2002シーズン 関東社会人リーグ1部Bグループ 4勝3敗 勝点23 5位
  • 2002-2003シーズン 関東社会人リーグ1部Bグループ 4勝3敗 勝点23 4位 トップイースト10へ昇格
  • 2003-2004シーズン トップイースト10 1勝8敗 勝点7 9位
  • 2004-2005シーズン トップイースト10 2勝6敗1分 勝点13 8位
  • 2005-2006シーズン トップイースト10 3勝6敗 勝点17 6位
  • 2006-2007シーズン トップイースト11 7勝3敗 勝点34 4位
  • 2007-2008シーズン トップイースト11 10勝 勝点49 優勝 トップリーグへ昇格
  • 2008-2009シーズン ジャパンラグビートップリーグ 1勝12敗 勝点8 12位 トップイーストリーグへ降格
  • 2009-2010シーズン トップイーストリーグ 10勝1敗 勝点48 準優勝 トップチャレンジに出場
  • 2010-2011シーズン トップイーストリーグ 6勝5敗 勝点31 6位
  • 2011-2012シーズン トップイーストリーグDiv.1 1勝8敗 勝点5 9位
  • 2012-2013シーズン トップイーストリーグDiv.1 3勝6敗 勝点18 7位
  • 2013-2014シーズン トップイーストリーグDiv.1 8勝1敗 勝点37 準優勝 トップチャレンジに出場
  • 2014-2015シーズン トップイーストリーグDiv.1 4勝5敗 勝点21 6位
  • 2015-2016シーズン トップイーストリーグDiv.1 2勝7敗 勝点11 8位

所属選手(2015-16)[編集]

ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
PR 糠盛俊介 帝京大
鈴木雅博 國學院大
須藤涼太 大東文化大
伊東正樹 秋田工業高
川嶋雄亮 明治大
高田和輝 帝京大
渡辺正寛 専修大
古澤陸 明治学院大
HO 久野隆 奈良工業高
LO 海老沼航 法政大
吉住仁志 明治大
小笠原和徳 中央大
栗林宜正 法政大
延権祐 高麗大 ?
韓国
FL 安藤達也 男鹿工業高
福岡員正 筑波大
清登明 早稲田大
金澤省太郎 甲南大
No.8 竹中淳 法政大
ポジション 選手名 出身校 代表
キャップ
SH 森重樹 東海大
SO 長尾健太郎 法政大
趙顯哲 同志社大
高島大地 慶應義塾大
川村航 東京学芸大
WTB 笠原誠 明治大
西真 専修大
菅生健人 東海大
CTB 田沼崇 法政大
阿多弘英 帝京大
菊地悠介 早稲田大
近間洋介 法政大
大森陽平 成蹊大
西橋誠人 明治大
FB 佐藤慎之介 法政大
坂野歩 立命館大
高橋大輔 帝京大

歴代所属選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]