こはな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こはな
対象
分類 サッカークラブのマスコットキャラクター
モチーフ アジアゾウ
デザイン 森チャック
性別
関連グッズ タオルハンカチ、あんぱん[1]
テンプレートを表示

こはなは、JFL東京武蔵野シティFCのマスコットキャラクター。本名は、心花・リンカネート・ブロッサム。

概要[編集]

モチーフは、武蔵野市民より心から愛されていたが、2016年5月にこの世を去った、井の頭自然文化園のアジアゾウ「はな子」。

頭には、クラブエンブレムに入っているむらさき草とサッカーボールのフェロニエール(額飾り)をあしらい、鼻のハートは武蔵野とチームへの愛、そして命を表現。勝利の女神となったことから、耳は翼に変化。頭にあった天使の輪は、サッカーでは使わない手に着けている。

沿革[編集]

2017年3月にデザインを発表。デザインは、武蔵野市在住のキャラクターデザイナーである森チャックによるもの。制作期間は約半年。数多くのJクラブのマスコットがいる中、個性が埋没してしまわないよう、差別化の意味も含め、クラブの紅一点のマネージャーのような元気をくれるチアガール、翼を有する勝利の女神、その全てを兼ね備える存在をイメージしながら制作。武蔵野には、日本を代表するファッションタウン吉祥寺、三鷹・武蔵境等の有名エリアがあるため、マスコットがそのエリアにも馴染むよう、チームカラーやエンブレムの要素を踏まえたテイストにしている[2]

名称は、一般公募によって決定。武蔵野の地に残し、市民の心に咲く花のような存在になるように、Jリーグ昇格という大輪の花を咲かせる「武蔵野シティFC」が市民の花になりますように、という願いから「こはな」と名付けられた。5月27日(土)第19回日本フットボールリーグ1stステージ第11節、ヴィアティン三重戦のハーフタイムで発表した[3][4]

立体化は2018年を予定。チームの活動を見守りながら、ゆくゆくは武蔵野市近郊で開催されるお祭りなどに参加し、地域の活動も積極的に盛り上げていく[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]