関東社会人サッカー大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
関東社会人サッカー大会
開始年 1967年
主催 #主催・主管参照
参加チーム数 16
最多優勝 韮崎アストロス (3回)
テンプレートを表示

関東社会人サッカー大会(かんとうしゃかいじんサッカーたいかい)は、関東各都県サッカーリーグにおいて所定の成績を収めたチームによって行われるトーナメント大会である。

概要[編集]

毎年11月に行われ、各都県で持ち回りのトーナメント方式で行われる。

各都県リーグ上位チーム15チームに開催県に1枠を付与し、計16チームによるトーナメント戦方式によって争われ、決勝進出した2チームが関東サッカーリーグ2部に昇格する。

それぞれの都県チームの出場枠は以下の通り[1]


  • 開催県 1

主催・主管[編集]

  • 主催:関東サッカー協会[1]、関東社会人サッカー連盟[1]
  • 主管:開催都県のサッカー協会および社会人サッカー連盟[1]

試合方式[編集]

全ての試合は前後半45分(ハーフタイム15分)、計90分行われ、決着がつかない場合は15分ハーフの延長戦を行い、それでも決着がつかない場合はPK戦を行い、勝敗を決する。尚、延長戦はゴールデンゴール及びシルバーゴール方式は適用されない。

歴代大会結果[編集]

  • 枠枠表記は、関東リーグ下位チームとの入れ替え戦(1967~70、72~75、83、93年実施)の結果、未昇格となったチーム。
年度 優勝 スコア 準優勝 開催地 開催期間
1 1967 児玉クラブ(埼玉県) 3-1 御殿下クラブ(東京都) 埼玉県 11月23、25、26日[2]
2 1968 湘南サーフライダース(神奈川県) 東京ガス(東京都1位) 山梨県
3 1969 藤和不動産(栃木県1位) 日立水戸勝田(茨城県) 茨城県
4 1970 読売クラブ(東京都1位) 東京ガス(東京都) 群馬県
5 1971 FC青山(東京都) 東芝本社(神奈川県) 千葉県
6 1972 古河電工千葉(千葉県) 東邦チタニウム(神奈川県) 栃木県
7 1973 埼玉教員(埼玉県) 電電関東(埼玉県2位) 山梨県
8 1974 神戸製鋼(神奈川県) 日産自動車(神奈川県1位) 神奈川県
9 1975 日産自動車(神奈川県1位) 東邦チタニウム(神奈川県) 埼玉県
10 1976 東芝堀川町(神奈川県3位) 東京ガス(東京都) 茨城県
11 1977 横河電機(東京都1位) 山武ハネウェル(神奈川県) 群馬県
12 1978 神奈川県教員SC(神奈川県1位) 神戸製鋼(神奈川県) 千葉県
13 1979 電電関東(埼玉県2位) 茨城教員(茨城県) 神奈川県
14 1980 日立栃木(栃木県1位) 3-2 千葉教員(千葉県1位) 山梨県 11月15-18日
15 1981 横浜トライスター(神奈川県1位) 2-0 栃木教員(栃木県1位) 栃木県 11月14-17日
16 1982 三菱養和(神奈川県1位) 3-0 パイオニア川越(埼玉県2位) 埼玉県 11月13-16日
17 1983 東京三洋電機(群馬県1位) 茨城日立(茨城県) 茨城県
18 1984 横河北辰電機(東京都) 3-1 栃木教員(栃木県1位) 群馬県 11月10-13日
19 1985 東京ガス(東京都1位) 神奈川県教員SC(神奈川県) 千葉県
20 1986 東京教員(東京都) 横浜トライスター(神奈川県) 神奈川県
21 1987 韮葉クラブ(山梨県) 読売クラブジュニア(東京都) 山梨県
22 1988 栃木教員(栃木県1位) 2-2 aet
(PK 8 - 7)
関東自動車工業(神奈川県) 埼玉県 11月3-6日
23 1989 日産FCファーム(神奈川県) 1-1 aet
(PK 6 - 5)
茨城教員(茨城県1位) 栃木県 11月3-6日
24 1990 本田技研工業狭山(埼玉県1位) 5-1 FC旭(神奈川県2位) 茨城県 11月23-26日
25 1991 韮葉クラブ(山梨県1位) 東京三洋電機(開催地・群馬県2位) 群馬県
26 1992 図南SC(群馬県1位) 横河電機(東京都3位) 千葉県
27 1993 青梅FC(東京都2位) 1-1 aet
(PK 5 - 3)
プリマハムFC土浦(茨城県1位) 神奈川県 12月4-7日
28 1994 エリースFC(東京都1位) 東京海上火災保険(東京都) 山梨県
29 1995 青梅FC(東京都1位) 九曜FC(東京都2位) 栃木県 11月25-28日
30 1996 原研東海(茨城県1位) 2-1 動燃東海(茨城県2位) 埼玉県 12月7-10日
31 1997 韮崎アストロスFC(山梨県1位) 4-2 茨城教員葵FC(茨城県2位) 茨城県 11月22-25日
32 1998 栃木SC(栃木県1位) 1-0 矢板SC(栃木県2位) 群馬県 11月14-17日
33 1999 佐川急便東京フリエ(東京都1位) 4-1 東邦チタニウム (神奈川県1位) 千葉県 11月20-23日
34 2000 海自厚木マーカス(神奈川県1位) 1-1 aet
(PK 5 - 3)
図南SC(群馬県1位) 神奈川県 11月18-21日
35 2001 群馬FCホリコシ(群馬県1位) 2-1 aet
VG
矢板SC(栃木県1位) 山梨県 11月17-20日
36 2002 日立ビルシステム(東京都3位)[3] 1-0 ザスパ草津(群馬県1位) 東京都 11月23-26日
37 2003 神奈川県教員SC(神奈川県1位) 4-1 古河電工千葉(千葉県1位) 栃木県 11月22-25日
38 2004 東芝府中(東京都1位) 3-0 飯能ブルーダー(埼玉県1位) 埼玉県 11月20-23日
39 2005 FC町田ゼルビア(東京都1位) 4-0 全神栖SC(開催地・茨城県2位) 茨城県 11月19-22日
40 2006 クラブ・ドラゴンズ(茨城県1位) 6-0 与野蹴魂会(埼玉県2位) 群馬県 11月18-21日
41 2007 エリースFC東京(東京都2位) 5-2 FC KOREA(東京都1位) 千葉県 11月10-11、17-18日
42 2008 tonan前橋(群馬県1位) 2-0 日立ビルシステム(東京都1位) 神奈川県 11月8-9、15-16日
43 2009 佐川コンピューター・システム(東京都3位) 4-1 東京海上日動火災保険(東京都2位) 山梨県 11月7-8、14-15日
44 2010 横浜猛蹴(神奈川県2位) 2-2 aet
(PK 6 - 5)
SC相模原(神奈川県1位) 東京都 11月6-7、13-14日
45 2011[4] 浦安JSC(千葉県1位) 3-0 パイオニア川越(埼玉県2位) 栃木県 11月12-13、26-27日
46 2012 VONDS市原(千葉県1位) 3-2 坂戸シティFC(埼玉県1位) 埼玉県 11月10-11、24-25日
47 2013 ジョイフル本田つくばFC(茨城県2位) 3-1 tonan前橋サテライト(群馬県1位) 茨城県 11月16-17、30-12月1日
48 2014 早稲田ユナイテッド(東京都2位) 4-2 FC TIU(埼玉県2位) 群馬県 11月15-16、29-30日
49 2015 LB-BRB TOKYO(東京都2位) 5-1 エスペランサSC(神奈川県2位) 千葉県 11月13-15、28-29日
50 2016 TUY(神奈川県1位) 3-2 横浜GSFCコブラ(神奈川県2位) 神奈川県 11月5-6、19-20日
51 2017 () - () 山梨県 11月4-5、18-19日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 大会要項 (PDF)”. 山梨県社会人サッカー連盟. 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ 1回戦のみ開催日不明。
  3. ^ この年は関東サッカーリーグ2部制改編の為、各都県1部リーグ1位のチームが自動昇格した。優勝の日立ビルシステムは昇格せず、東京都1位の九曜FCが昇格となった。
  4. ^ この年は、翌年から関東サッカーリーグが1部・2部ともに10チームに再編される関係により、準決勝まで進出した4チームが2部自動昇格となった(3位・三菱養和SC(東京都3位)、4位・日本工学院F・マリノス(神奈川県2位)。さらに、1部優勝のY.S.C.C.が翌年からJFLに昇格した関係より昇格枠が1枠増加したため、2回戦で敗退した4チーム間で、2012年1月14日・15日にトーナメント戦(関東サッカーリーグ昇格決定戦)を行った。結果、東京23FC(東京都1位)が優勝し、2部昇格を決めた。

外部リンク[編集]