マルヤス工業フットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルヤス工業フットボールクラブ
原語表記 マルヤス工業株式会社フットボールクラブ
呼称 FCマルヤス岡崎
クラブカラー  
創設年 1968年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 愛知県岡崎市
ホームスタジアム Okazaki-City-Ryuhoku-Sogo-Undojo-4.jpgマルヤス岡崎龍北スタジアム
収容人数 5,000
代表者 山田泰一郎
監督 井幡博康
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

マルヤス工業フットボールクラブ(マルヤスこうぎょうフットボールクラブ)は、日本愛知県岡崎市を本拠地とする社会人サッカークラブ。呼称は「FCマルヤス岡崎」である。旧クラブ名称は「マルヤス工業株式会社サッカー部」。

歴史[編集]

1968年に自動車部品会社のマルヤス工業のサッカー部として創部し、愛知県サッカー協会に加盟した。1973年には愛知県サッカー選手権大会で初優勝し、1975年まで3連覇。1974年に愛知県社会人サッカーリーグへ昇格。1975年に愛知県リーグで優勝して、プレーオフにも勝利して東海社会人サッカーリーグへ昇格した。また、1976年に全国社会人サッカー選手権大会に初出場した。

2003年、天皇杯全日本サッカー選手権大会に初出場し、2回戦でアビスパ福岡に0-3で敗れた。

2003年より東海リーグが2部制となり、2部に所属。2004年に東海リーグ2部で優勝し、2005年より東海リーグ1部に昇格した。1部に昇格してからは3位から6位の間で推移。2011年は2部への降格圏内の7位となったが、shizuoka.藤枝MYFCがJFLへ昇格したために降格が1チームのみとなり、1部残留が決まった。

2013年に東海リーグで初優勝。第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会はBグループに入ったが、3戦3敗(1PK負)でグループ最下位となり1次ラウンドで敗退した。2013年12月4日、日本フットボールリーグ(JFL)の理事会で、入会希望申請チーム枠の1つとして、2014年度からのJFL入会が承認された[1]

2014年1月20日、JFL昇格に伴って、企業チームのまま岡崎市の地域密着型のサッカークラブを目指すことをめざし、登録チーム名を「マルヤス工業フットボールクラブ」、呼称を「FCマルヤス岡崎」に改称した[2]


JFL順位表

チーム 昇格または降格
1 FC大阪 18 9 6 3 28 19 +9 33 優勝
2 Honda FC 17 9 5 3 26 12 +14 32 J3加盟
3 奈良クラブ 17 8 7 2 21 11 +10 31
4 ヴィアティン三重 18 7 7 4 26 18 +8 28
5 ヴェルスパ大分 17 8 4 5 21 17 +4 28
6 ラインメール青森 18 7 6 5 22 16 +6 27
7 東京武蔵野ユナイテッドFC 18 8 3 7 24 19 +5 27
8 FCマルヤス岡崎 17 8 3 6 22 17 +5 27
9 高知ユナイテッドSC 18 6 6 6 19 19 0 24
10 鈴鹿ポイントゲッターズ 17 7 3 7 18 23 −5 24
11 FCティアモ枚方 17 5 4 8 23 25 −2 19
12 ソニー仙台FC 17 4 7 6 16 23 −7 19
13 FC神楽しまね 18 5 4 9 13 23 −10 19
14 ホンダロックSC 17 5 3 9 20 20 0 18
15 MIOびわこ滋賀 18 4 3 11 12 34 −22 15 地域リーグ降格
16 クリアソン新宿 18 3 3 12 19 34 −15 12
最終更新は2022年8月13日の試合終了時. 出典: 第24回日本フットボールリーグ順位表
順位の決定基準: 1) 勝点、2) 得失点差、3) 総得点、4)直接対決の勝点、5) 直接対決の得失点差、6) 直接対決の得点数、7) 反則ポイント、8)抽選

ホームスタジアム[編集]

2021年より岡崎市内に岡崎市龍北総合運動場陸上競技場(龍北スタジアム)が完成し、ホームゲームを開催している。それ以前は同市内にJFLを開催するための必要なスタジアムが整備されていなかったため、名古屋市港サッカー場名古屋市)をメインとして、豊田市運動公園陸上競技場、豊橋市民球技場などに分散して開催していた。ただし、岡崎市内に龍北スタジアムが出来て以降も市外のスタジアムでの開催は継続している。

2022年より岡崎市龍北総合運動場陸上競技場の愛称がマルヤス岡崎龍北スタジアムと命名された[3]

年度・競技場別の試合数[編集]

※2014年のJFLリーグ加盟以後。[4]
年度 マルヤス龍北 名古屋港 豊田陸 豊田球 豊橋 その他
2014 13 (改修中のため使用なし) 6 3 2 0 豊田ス1、口論義1
2015 15 9 1 1 1 瑞穂陸→パロ瑞穂2、口論義1
2016 15 9 3 0 3 -
2017 15 10 3 0 1 パロ瑞穂1
2018 15 10 1 1 2 パロ瑞穂1
2019 15 8 4 1 2 -
2020 7 5 1 1 0 -
2021 16 10 2 2 1 1 -
2022 15 9 2 0 1 1 会場未定2
※マルヤス龍北=マルヤス龍北スタジアム(2021年度のみ「岡崎市龍北総合運動場陸上競技場」 2022年、命名権による改名)
※口論義=愛知県口論義運動公園サッカー場(日進市
※パロ瑞穂=パロマ瑞穂スタジアム(2015年4月、命名権による改名)

歴代成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 天皇杯
1968 愛知県実業団6部 優勝
1969 愛知県実業団5部 優勝
1970 愛知県実業団4部 優勝
1971 愛知県実業団3部 優勝
1972 愛知県実業団2部 優勝
1973 愛知県実業団1部 2位
1974 愛知社会人 優勝
1975 愛知県1部 優勝
1976 東海 3位 17 13 8 1 4 35 19 +16
1977 6位 13 13 5 3 5 26 28 -2
1978 3位 13 13 5 3 5 27 26 +1
1979 6位 13 13 4 5 4 22 18 +4
1980 3位 17 13 8 1 4 45 17 +28
1981 3位 16 13 8 0 5 33 17 +16
1982 6位 19 13 9 1 5 36 27 +9
1983 2位 17 13 7 3 3 28 19 +9
1984 5位 9 13 4 1 8 17 36 -19
1985 5位 15 16 6 3 7 26 31 -5
1986 4位 17 16 8 1 7 31 24 +7
1987 4位 15 16 6 3 7 30 29 +1
1988 4位 16 17 8 0 9 25 23 +2
1989 10位 16 18 5 6 7 31 35 -4
1990 9位 15 16 5 5 6 23 25 -2
1991 6位 10 16 3 4 9 23 31 -8
1992 10位 11 16 4 3 9 19 27 -8
1993 8位 14 16 5 4 7 21 30 -9
1994 8位 15 16 5 5 6 24 24 0
1995 4位 20 19 8 4 7 33 29 +4
1996 5位 19 15 8 3 4 36 23 +13
1997 4位 22 15 9 4 2 34 18 +16
1998 7位 17 15 7 3 5 30 23 +7
1999 7位 21 15 6 3 6 19 20 -1
2000 11位 15 15 4 3 8 19 28 -9
2001 6位 22 15 7 1 7 27 24 +3
2002 東海1部 7位 17 16 4 5 7 22 28 -6
2003 東海2部 3位 31 16 9 4 3 40 19 +21 2回戦敗退
2004 優勝 32 14 10 2 2 28 15 +13 県予選敗退
2005 東海1部 5位 18 14 5 3 6 25 23 +2
2006 5位 18 14 5 3 6 21 25 -4
2007 6位 14 14 4 2 8 18 35 -17
2008 6位 15 14 4 3 7 15 24 -9
2009 6位 17 14 5 2 7 20 28 -8
2010 3位 28 16 9 1 6 29 22 +7
2011 7位 11 14 3 2 9 22 26 -4
2012 3位 23 14 7 2 5 33 25 +8
2013 優勝 28 14 9 1 4 26 15 +11
2014 JFL 14位 16 26 3 7 16 23 58 -35
2015 13位 21 30 6 3 21 27 61 -34 1回戦敗退
2016 14位 30 30 7 9 14 23 38 -15 県予選敗退
2017 9位 34 30 9 7 14 35 46 -11 2回戦敗退
2018 13位 31 30 7 8 15 33 46 -13 県予選敗退
2019 11位 38 30 9 11 10 30 30 0 県予選敗退
2020 16位 15 15 4 3 8 14 22 -8 3回戦敗退
2021 14位 33 32 8 9 15 27 46 -19 県予選敗退

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 赤×青
FP(2nd) 白×グレー
GK(1st) 黄×青
GK(2nd) 青×赤
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
マルヤス工業 MARUYASU -
鎖骨 なし - -
背中上部 株式会社ユタカ ユタカ -
背中下部 株式会社マスティック マスティック -
岡崎市 岡崎市 -
パンツ   NITTO -

ユニフォームサプライヤー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “お知らせ「第16回日本フットボールリーグ新入会チーム決定!」”. 日本フットボールリーグ. (2013年12月4日). http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=672 2013年12月4日閲覧。 
  2. ^ “マルヤス工業サッカー部からのお知らせ” (プレスリリース), マルヤス工業フットボールクラブ, (2014年1月20日), http://www.maruyasu.co.jp/fc/news/20140120162454.html 2014年1月27日閲覧。 
  3. ^ “岡崎市龍北総合運動場陸上競技場の新愛称決定のお知らせ” (プレスリリース), マルヤス工業フットボールクラブ, (2022年2月1日), http://fc-maruyasu.jp/topics_detail1/id=1215 2022年2月6日閲覧。 
  4. ^ 2014年JFL公式戦日程決定のお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]