日本電信電話公社熊本サッカー部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本電信電話公社熊本サッカー部
原語表記 日本電信電話公社熊本サッカー部
呼称 電電熊本、NTT熊本、NTT九州、NTT西日本熊本、アルエット熊本
クラブカラー     
創設年 1996年
解散年 2004年
ホームタウン 熊本県熊本市
ホームスタジアム 熊本市水前寺競技場
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

日本電信電話公社熊本サッカー部(にほんでんしんでんわこうしゃくまもとサッカーぶ)は、かつて存在した日本サッカークラブ。日本電信電話公社熊本電話局管内の同好会として1969年に創部した。その後、親会社の組織変遷などに合わせて名称もたびたび変更になった(経緯は下記を参照のこと)。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するロアッソ熊本の母体となったクラブである。

略歴[編集]

熊本県リーグ[編集]

九州リーグ[編集]

アルエット熊本[編集]

2001年(JFL)
1999年のNTTの持株分社化で、熊本県が西日本電信電話の管轄エリアに入ったことから、NTT西日本熊本フットボールクラブ(呼称はNTT西日本熊本)に改称。1月18日に日本フットボールリーグ(JFL)へ入会を申請し[1]、1月25日に入会が決定した[2]。3月にアルエット(Alouette、フランス語ヒバリ熊本県の県鳥)の意味)を愛称とすると発表された[3]。リーグ戦は16チーム中で8位。
2002年(JFL)
クラブチームに移行して、2月にアルエット熊本フットボールクラブ(呼称はアルエット熊本(Alouette Kumamoto))にチーム名が変更された[4]。成績は18チーム中17位となり、最下位のプロフェソール宮崎FCとともに九州リーグに自動降格。
2003年(九州リーグ)
2003年、JFLへの再昇格を目指したが、沖縄かりゆしフットボールクラブヴォルカ鹿児島の後塵を拝し、リーグ戦は5位。
2004年(九州リーグ)
「熊本にJリーグチームを」というスローガンを掲げ、熊本県サッカー協会を中心にそれまであまり関心のなかった地元自治体の協力の下、「熊本にJリーグチームを」県民推進運動本部が発足される。なお、当時、実は地元自治体に対してJリーグ参入に向けた協力を依頼したが、内容等に折り合いが付かなかったようで結局断念した、という経緯があった。
その際に立ち上げられるJリーグ参入に向けての新チームの母体として、県内のチームで最も上位リーグに所属していたアルエット熊本が選ばれた。ちなみにアルエット熊本のままでの強化案も出ていたが、“面白みがない”、“新鮮味がない”という理由で却下され、前述の通り「作り直し」を前提とした形での新チーム案が採択された。
県民に関心を持ってもらおうと、地元紙熊本日日新聞の朝刊や夕刊の広告面に大々的に告知され、また、新聞に掲載されたものと同じ内容のポスターが熊本市のアーケード街を中心に貼られていく。これらの宣伝と同時に、同本部のホームページも立ち上げられた。この年、アルエット熊本は着実に力を盛り返し、九州サッカーリーグを4位で終了。全国社会人選手権への参加をもってアルエット熊本としての活動を終えた。
その後、アルエット熊本の選手も含めた新チームのメンバー選考が2度行われ、熊本県出身の選手は選ばれたものの、アルエット熊本の選手は誰一人選ばれなかった。なお、当時選ばれた、アルエット熊本では無い別クラブから移籍してきた選手の中で、過去にアルエット熊本に所属していた経歴を持つ選手は数名ほどいた。
大半の選手は鶴屋百貨店サッカー部などの県内のチームに移籍した。また、唯一採用が検討されていた藤田俊一は練習生として帯同していたが、その間に正式にオファーを出したヴォルカ鹿児島に移籍した。

アスリートクラブ熊本の発足[編集]

2004年12月、プロサッカークラブの運営法人として株式会社アスリートクラブ熊本(AC熊本)が設立され、熊本県内の企業数十社から支援を受けた。チーム名は「熊本にJリーグチームを」県民推進運動本部による一般公募によってロッソ熊本に決定した(2008年よりロアッソ熊本へ名称変更)。なお、チーム名称を含めチームカラー・エンブレム・所属選手などが全て変わるなど、アルエット熊本からのチーム名変更は形式上のことであり、実際にはチームを丸ごと入れ替わった。また、元々の親会社であったNTT西日本熊本支店は、プロクラブ化以降は一スポンサーの立場となった。

AC熊本が運営するロアッソの創設年は2005年で、アルエット熊本とは別のチームとして見なされている。但し、アルエット熊本が九州サッカーリーグに参加していなければ、ロアッソが同リーグから参加することは規定上不可能(九州サッカーリーグ#九州サッカーリーグ昇格・県リーグ降格条件)であったため、形式上はアルエット熊本の後継クラブとして発足することとなった。なお、天皇杯全日本サッカー選手権大会のロアッソの出場回数はアルエット熊本時代からの通算である。

年度別成績[編集]

年度 所属 試合 勝点 勝利 引分 敗北 得点 失点 得失 順位 天皇杯 監督
1982 熊本県1部 優勝 地区予選敗退
1983 九州 9 11 5 1 3 11 10 +1 5位
1984 9 6 2 5 5 10 17 -7 8位
1985 9 7 3 1 5 11 17 -6 7位
1986 9 10 4 2 3 8 11 -3 5位
1987 9 7 2 3 4 15 15 0 8位
1988 9 6 2 2 5 7 14 -7 9位
1989 9 14 6 2 1 21 9 +12 2位
1990 9 6 3 0 6 13 16 -3 6位
1991 20 50 16 2 2 54 14 +40 優勝
1992 18 40 12 4 2 53 14 +39 2位
1993 18 38 12 2 4 43 14 +29 3位
1994 18 47 15 2 1 51 13 +38 優勝
1995 18 30 9 1,1 7 34 22 +12 4位
1996 16 37 12 0,1 3 35 10 +25 優勝 県予選敗退
1997 18 44 13 1,3 1 60 12 +48 優勝
1998 18 30 8 2,2 6 35 25 +10 4位
1999 18 40 12 1,2 3 52 17 +35 優勝
2000 18 39 11 3,0 4 47 18 +29 優勝 1回戦敗退 河野忍
2001 JFL 30 37 10 7 13 55 62 -7 8位 2回戦敗退
2002 17 11 2 5 10 13 31 -18 17位 2回戦敗退
2003 九州 22 41 11 3,2 6 47 35 +12 5位 1回戦敗退
2004 18 31 10 0,1 7 63 38 +25 4位 3回戦敗退 中尾太三郎
  • ※注:引分項目内の数字で (x,y) 表示されているものはPK戦での勝敗数(x=PK勝、y=PK負)。その際の勝利敗戦はともに90分間での勝敗数。

タイトル・主な成績[編集]

リーグ戦[編集]

  • 九州サッカーリーグ
    • 優勝(6回):1991年(第19回)、1994年(第22回)、1996年(第24回)、1997年(第25回)、1999年(第27回)、2000年(第28回)
    • 2位(2回):1989年(第17回)、1992年(第20回)
    • 3位(1回):1993年(第21回)
  • 熊本県サッカーリーグ1部
    • 優勝(1回):1982年

その他の大会[編集]

年度別入場者数[編集]

年度 所属 合計
入場者数
最多入場者数 最少入場者数 平均
入場者数
試合数 ホームゲーム
開催スタジアム
入場者数 相手 会場 入場者数 相手 会場
2001 JFL 10,394 1,378 静産大 水前寺 324 SC鳥取 大津 693 15 水前寺10、大津3、八代1、熊本県民1
2002 6,049 863 FC京都 八代 412 愛媛FC 水前寺 673 9 水前寺7、大津1、八代1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日新聞 (2001年1月19日) 2017年10月24日閲覧
  2. ^ 朝日新聞 (2001年1月26日) 2017年10月24日閲覧
  3. ^ 朝日新聞 (2001年3月14日) 2017年10月24日閲覧
  4. ^ 朝日新聞 (2002年2月16日) 2017年10月24日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]