エネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社エネット
ENNET Corporation
Ennet logo.gif
芝公園フロントタワー.jpg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0011
東京都港区芝公園二丁目6番3号
芝公園フロントタワー
設立 2000年7月7日
業種 電気・ガス業
法人番号 9010401041641 ウィキデータを編集
事業内容 小売電気事業
代表者 代表取締役社長 谷口 直行
資本金 106億8400万円
売上高 2570億7800万円
(2022年03月31日時点)[1]
営業利益 36億3500万円
(2022年03月31日時点)[1]
経常利益 36億円
(2022年03月31日時点)[1]
純利益 6億1600万円
(2022年03月31日時点)[1]
純資産 38億4100万円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 618億7800万円
(2022年03月31日時点)[1]
従業員数 95名
決算期 3月31日
主要株主 NTTアノードエナジー株式会社 51%
東京ガス株式会社 24.5%
大阪ガス株式会社 24.5%(2019年10月1日時点)
外部リンク http://www.ennet.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エネット: ENNET Corporation)は、日本小売電気事業者[2]

概要[編集]

電力自由化元年の2000年、NTTファシリティーズ東京ガス大阪ガスの共同出資[3]によって設立された小売電気事業者電力会社)。2019年、第三者割当増資によりNTTグループの連結子会社となる。

設立当初は新電力の特定規模電気事業者として契約電力が50kW以上の需要家に対して電力を供給する事業者であったが、2016年の電力の小売り全面自由化(電力自由化)により、新電力・小売電気事業者となった。電気の購入・販売に加え、企業の利用する脱炭素化を支援する各種サービスを提供している。

社名のエネットとは、英単語の energynetwork とを合成させた造語である。

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)7月7日 - 株式会社エネット設立
  • 2016年(平成28年)4月以降 - 低圧契約の法人に対しても電力の供給を開始
  • 2019年(令和元年)5月10日 - 日本電信電話株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施、これによりNTTグループの子会社となった[4]
  • 2019年10月1日 NTTグループ内の再編によりNTTアノードエナジーの子会社となった[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 株式会社エネット 第22期決算公告
  2. ^ 企業情報 | 新電力のリーディングカンパニー - エネット(2021年5月2日閲覧)
  3. ^ 3社出資額の割合は、NTTファシリティーズ 4:東京ガス 3:大阪ガス 3であった[1]
  4. ^ 日本電信電話株式会社を引受先とする第三者割当増資について2019年5月10日
  5. ^ 当社の株主構成変更について - エネット(2019年5月10日配信、2021年5月2日閲覧)
  6. ^ “京阪電鉄、関電から新電力に切り替え 関西の大手私鉄で初”. 産経新聞. (2017年5月10日). http://www.sankei.com/smp/west/news/170510/wst1705100072-s1.html 2017年5月14日閲覧。 
  7. ^ “京阪が新電力に切り替え 関西の大手私鉄で初”. 京都新聞. (2017年5月10日). http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170510000087 2017年5月14日閲覧。 

外部リンク[編集]