電源開発送変電ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
電源開発送変電ネットワーク株式会社
J-POWER Transmission Network Co., Ltd.
当社の本社(電源開発株式会社本店)
当社の本社(電源開発株式会社本店)
種類 株式会社
略称 J-POWER送変電
本社所在地 日本の旗 日本
東京都中央区銀座6丁目15番1号
設立 2019年(平成31年)4月1日
業種 電気・ガス業
法人番号 8010001199765 ウィキデータを編集
事業内容 送電事業
代表者 鈴木亮(代表取締役社長
資本金 160億円
営業利益 ▲7万円(2020年03月31日時点)[1]
経常利益 ▲6万円(2020年03月31日時点)[1]
純利益 ▲6万円(2020年03月31日時点)[1]
純資産 993万円(2020年03月31日時点)[1]
総資産 2071億9800万円(2020年03月31日時点)[1]
決算期 3月31日
主要株主 電源開発(100%)
外部リンク https://www.jpower.co.jp/tn/
テンプレートを表示

電源開発送変電ネットワーク株式会社(でんげんかいはつそうへんでんネットワーク)は、電源開発(J-POWER)グループの送電事業者。電源開発の100%子会社。公式の略称は、J-POWER送変電[2]

概要[編集]

電源開発は、従来、発電事業、送電事業などを手掛けてきたが、改正電気事業法の規定により、送電事業者が発電事業を兼営することが原則、禁止される。このため、電源開発は、2019年(平成31年)4月に100%子会社として当社を設立し[3]、2020年(令和2年)4月に送電事業を当社に移管した[4]

当社は、日本国内に有する送電設備、変電設備を使用して、一般送配電事業者のために電気を送る事業を営む。

設備[編集]

電源開発送変電ネットワークは、日本国内に約2,400 kmの送電線を有する。

電源開発送変電ネットワークの主な送電線
名称 ルート 亘長(km) 電圧(kV)
十勝幹線 電源開発 足寄発電所北海道足寄郡足寄町)~北海道電力ネットワーク 南札幌変電所(北海道札幌市豊平区 214.4 187
北本直流幹線 電源開発送変電ネットワーク 函館変換所(北海道函館市)~同 上北交直変換所(青森県上北郡東北町 167.4 直流±250
只見幹線 電源開発 田子倉発電所福島県南会津郡只見町)~電源開発送変電ネットワーク 西東京変電所(東京都町田市神奈川県川崎市麻生区 216.2 500/275
佐久間東幹線 電源開発 佐久間発電所静岡県浜松市天竜区)~電源開発送変電ネットワーク 西東京変電所(東京都町田市・神奈川県川崎市麻生区) 197.2 275
佐久間西幹線 電源開発 佐久間発電所(静岡県浜松市天竜区)~電源開発送変電ネットワーク 名古屋変電所(愛知県春日井市 107.7 275
御母衣幹線 電源開発 御母衣発電所岐阜県大野郡白川村)~電源開発送変電ネットワーク 名古屋変電所(愛知県春日井市) 108.6 275
奈半利幹線 電源開発 魚梁瀬発電所高知県安芸郡北川村)~電源開発送変電ネットワーク 伊予開閉所(愛媛県西条市 119.9 187
本四連系線 四国電力送配電 讃岐変電所(香川県綾歌郡綾川町)~中国電力ネットワーク 東岡山変電所(岡山県赤磐市 127.0 500
阿南紀北直流幹線 四国電力送配電 阿南変換所(徳島県阿南市)~関西電力送配電 紀北変換所(和歌山県伊都郡かつらぎ町 99.8 直流±250
関門連系線 九州電力送配電 北九州変電所(福岡県北九州市小倉南区)~中国電力ネットワーク 新山口変電所(山口県美祢市 64.2 500

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 電源開発送変電ネットワーク株式会社 第1期決算公告
  2. ^ 電源開発株式会社 (2019年12月11日). “電源開発送変電ネットワーク株式会社のロゴマークおよびコミュニケーションネームについて”. 電源開発株式会社. 2019年12月20日閲覧。
  3. ^ 電源開発株式会社 (2019年3月29日). “送変電部門の分社化準備に伴う子会社の設立に関するお知らせ”. 電源開発株式会社. 2019年10月19日閲覧。
  4. ^ 電源開発株式会社 (2019年4月26日). “送変電部門の分社化に伴う吸収分割契約締結に関するお知らせ”. 電源開発株式会社. 2019年10月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]