日本卸電力取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本卸電力取引所(にっぽんおろしでんりょくとりひきしょ、英語: Japan Electric Power Exchange、略称: JEPX)は、電力の現物取引および、先渡取引などを仲介する社団法人である。

沿革[編集]

2003年の電気事業分科会による卸電力市場の創設についての報告[1][2]を受け、同年11月に有限責任中間法人として設立された。2004年より取引会員を募り、2005年4月1日より電気の現物取引がスタートした。その後、グリーン電力卸取引(2008年11月)、先渡市場取引(2009年4月)、時間前市場取引(2009年5月)、分散型・グリーン売電市場取引(2012年6月)も開始[3]している。2009年には公益法人制度改革に伴い、一般社団法人に改組した。

2016年4月には電気事業法に基づく国の指定法人に指定され[3]、その後、経済産業省総合資源エネルギー調査会に設置された委員会報告[4]を受け、非化石価値取引市場(2018年5月)[5]・間接送電権市場(2019年4月)[6]ベースロード市場(2019年8月)[7]を開設している。

主な会員企業[編集]

取引を行うには会員企業となることが必要で、会員企業は127社(2017年10月時点)[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]