電気工事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電気工事(でんき こうじ)とは、建設業の中で送電線配電盤電灯電力機器などの設備の工事を行う専門工事のこと。

日本においては、電気工事士法で「一般用電気工作物又は自家用電気工作物を設置し、又は変更する工事をいう」とされ、この工事に従事するには、原則として電気工事士の資格が必要。

自家用電気工作物に係わる工事の場合、当該電気工作物において選任される電気主任技術者が保安に関する監督を行う。

建設業法には28の建設業許可業種があるが、そのうちの一つ。略称「電」。指定建設業の一つである。電気工事業については、電気工事業の業務の適正化に関する法律等による規制を受ける。

電気工事の内容[編集]

送電設備、配電設備、および電気利用設備を設置し、修繕する工事。

電気工事の内容の例示[編集]

電気工事に関する資格[編集]

関連項目[編集]