単相2線式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
単相2線式配電線
一般的な家庭用100Vコンセント(JIS C 8303 2極コンセント 15A 125V)平行型

単相2線式(たんそうにせんしき)とは、単相交流電力電圧線1本・接地された無電圧の線1本、計2本の電線・ケーブルを用いて供給する低圧配電方式である。「単二」「単2」と通称される。

日本の場合、供給電圧は100Vまたは200V[1]。海外では120V・180V・200V・230V・240Vなども存在する。

単相3線式に比べ、同じ電力を送るために必要な電線質量が多くなるので、ごく小容量の構内配線・引込み線のみに使用される。

日本では1980年代までの一般家庭ではこの方式で引き込みされている事が多かったが、30Aまでしか引き込めない為、90年代以降の家庭では単相3線式で引き込みされていることが多い。

  1. ^ 電気温水器などの単独契約の場合。単相3線式から中性線を省いたものに相当し、各相とも接地されておらず対地電圧は各々100Vである

関連項目[編集]