がいし引き工事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

がいし引き工事(がいしびきこうじ)とは、電気工事の施工方法の一種である。 造営材に取り付けたがいし(碍子)で電線を支持し配線する工法で、この工事による配線をがいし引き配線ともいう。

概要[編集]

日本においては、電気設備技術基準により、設置は露出場所または点検できる隠ぺい場所に限られ、配線が直接見えることとなる。日本では20世紀中ごろまでは盛んに行われていたが、現在は新設のものはほとんど見られず、「レトロ」感覚の飲食店等にほぼ限られている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 京町家での採用例 “あかりの再生 その3 碍子引き配線”. 堀 宏道. 作事組コラム. 京町家net. 2010年9月11日閲覧。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]