東京電力パワーグリッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京電力パワーグリッド株式会社
TEPCO Power Grid, Incorporated
TEPCO Power Grid symbol.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 東電PG
本社所在地 日本の旗 日本
100-8560
東京都千代田区内幸町1丁目1番3号
北緯35度40分8秒 東経139度45分31秒 / 北緯35.66889度 東経139.75861度 / 35.66889; 139.75861
設立 2015年平成27年)4月1日
業種 電気・ガス業
法人番号 3010001166927
事業内容 一般送配電事業
不動産賃貸事業
離島における発電事業
代表者 金子禎則(代表取締役社長
資本金 800億円
決算期 3月31日
主要株主 東京電力ホールディングス(100%)
外部リンク http://www.tepco.co.jp/pg/index-j.html
テンプレートを表示

東京電力パワーグリッド株式会社(とうきょうでんりょくパワーグリッド)は、関東地方静岡県東部を供給区域とする一般送配電事業者である。東京電力ホールディングスの100%子会社。であり、2016年平成28年)4月1日、東京電力の持株会社への移行により、実質的に発足した(会社設立は2015年(平成27年)4月1日)。

概要[編集]

東京電力パワーグリッドは、送電用・配電用の設備を維持・運用し、小売電気事業者のような事業者を相手に、送配電のサービスを提供する会社である。

持株会社への移行前の東京電力が、発電・送配電・小売供給の全てを行っていたのとは異なり、東京電力パワーグリッドは、大規模な発電所を持たず、通常の電力小売供給は行わない。ただし、東京都の離島である伊豆諸島小笠原諸島では、例外的に発電所を所有し、発電・送配電・小売供給の全てを行っている。

コーポレート・アイデンティティについて、東京電力の持株会社体制発足に伴い、持株会社と他2社の事業会社は「TEPCO」をベースとしたロゴマークが制定されたが、東京電力パワーグリッドは、送配電事業の中立性を担保するため、他の持株会社や2つの事業会社とは異なる独自商標を制定した。

常に電気を送り続けることを象徴する「エタニティーマーク」を、安定感がある直線図形で表現。がっちりとした握手にも見える形状は、顧客や事業パートナーの信頼を「絶対に裏切らない」という意思を表している。

沿革[編集]

  • 2013年(平成25年)
    • 4月1日 - 東電の社内組織として「パワーグリッド・カンパニー」発足[1]
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日 - 東電、「東京電力送配電事業分割準備株式会社」を設立。
    • 5月1日 - 東電と準備会社、吸収分割契約を締結。
    • 6月25日 - 東電の株主総会で、吸収分割契約、承認される。
  • 2016年(平成28年)

出典[編集]

  1. ^ 社内カンパニー制の導入について(東京電力プレスリリース、2013年3月19日)
  2. ^ 石田雅也 (2016年3月4日). “東京電力が大失態、スマートメーターの設置に大幅な遅れ (1/2)”. スマートジャパン (ITMedia). http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1603/04/news090.html 2017年1月23日閲覧。 
  3. ^ 石田雅也 (2016年7月4日). “いつまで続く東京電力のシステム不具合、根本的な解決策が見えず (1/3)”. スマートジャパン (ITMedia). http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1607/04/news075.html 2017年1月24日閲覧。 
  4. ^ 大規模停電に至った状況について(10月12日東京都心部停電) 東京電力ホールディングス(2016年11月8日)
  5. ^ 大規模停電、東電社長が陳謝 経産相は点検要請 日本経済新聞電子版(日本経済新聞社、2016年10月13日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]